« その後の調子 | トップページ | ミドルウェアが流行るけど »

PDAよ再び

日本からほぼ撤退してしまったPalmだが、突然ACCESSに買収ということを知り、えらく驚いた。
まあ、昔からPalmInc.は色々ドラマがあり、それを知るだけでも凄く面白いのだが、さて今回の買収劇、どちらも幸福になれるのだろうか?

私はCLIEを持っているPalmユーザであるが、その洗練されたUIに旧MacOSを見ているようで、とても感覚的に使いやすかった。もともとMacOSをベースにしているところもあり、協調型マルチタスクが、いかにユーザに優しいかを改めて知った。

CLIEはハイレゾ画面を持っており、320x320ドットの表示が可能のなので、漢字もそれなりに読めるが、通常は160x160ドットしかないため、文字の判別にも苦労した。それでも驚異的なフォントのおかげで、それなりに読めたりするから面白い。

「Graffiti」と呼ばれる入力方式も秀逸で、すぐマスターできた。もっとも、通常にアルファベットを書くときにも「A」の真ん中の棒を書き忘れたりして困ったが(知る人はうなずくはず)。
片手でPalmを持ち、片手てスタイラスを操作する、という形は、かなりかっこ良かったと思う。
(自分はどうだったか知らないが)

最近は電池の持ちが悪くなり、使う機会が少なくなったのだが、もう少し機能を追加しても、安定して動作してくれるデバイスが出れば、PDAも評価されるのではないかな。

« その後の調子 | トップページ | ミドルウェアが流行るけど »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/5905326

この記事へのトラックバック一覧です: PDAよ再び:

« その後の調子 | トップページ | ミドルウェアが流行るけど »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ