« みのもんた | トップページ | 出勤でーす »

よくわからないこと

ろくに調べもしないうちに書いてしまうが、CDってなぜ音が聞こえるんだろう?

CDに限らず、データ圧縮されている音楽全てが対象だが、最終的に人の耳にはアナログな波形として届くのは分かる。けど、連続的な波形にならないと、プツプツ音が途切れてしまいそうだ。

音をサンプリングして特定の単位に分解し、圧縮をかけたものを登録しておく媒体がCD。
それを解凍し連続的な波形にしているのはだれだ?
CPUだと、音楽処理全てに力を注げる訳もなく、かならずタスクディスパッチが発生する。それを加味して解凍したデータをバッファリングしているエリアがあるのだろう。

だが、音としてスピーカを鳴らすのは誰だ?
CPUモニタを見ても、音楽再生中はさしてパワーを消費していない。
代わりに誰か連続で動いているヤツがいるのか?
アナログASICってヤツがそうなのかなぁ?

うーん分からないなぁ。

よくソフトが音楽再生中に暴走すると、ブーーーーーーって同じ音が鳴り続けているから(ファミコンなんかでもカセットの接触不良でそんなこと無かった?)、データが変更されない限り同じ音が出力されるんだろうな。

というわけで、そのうち調べてみようかなと思います。

« みのもんた | トップページ | 出勤でーす »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/7193218

この記事へのトラックバック一覧です: よくわからないこと:

» いまさら聞けないデジタル疑問箱 [トラックバック野郎]
 パソコン、デジタルカメラ、DVD、iPod など、今はデジタルグッズが溢れて [続きを読む]

« みのもんた | トップページ | 出勤でーす »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ