« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

インテルロゴ消える?

ああ、大晦日だ。
こんなふうに、普通にブログを書いてちゃいけないな(笑)。

そんな大晦日の朝に、インテルが新ブランド戦略発表、ロゴやキャッチフレーズ変更へとの記事。

詳しくはリンク先を読んでいただくとして、「IntelInside」のキャッチは使われなくなるらしい。

ということは、インテルMacにあのシールは貼られないということか?

うーん、なんてタイミングなんだ。
Macにあのシールを貼るのだけはやめてくれと思っていたが、向こうから路線変更とは・・・。

おそるべき影響力だな。アップル。
(違うの?)

今日は何をしようかな?

ようやく年賀状も出し終わり、あとはのんびりするだけ。

ようやく買った「ドラクエVIII」でもやりこむかなってところ。

あーー、ぐうたらぐうたら。

今年の収支は?

今年も間もなく終わりを告げるが、資産運用的にはどんな年だったのだろうか?

株式運用については、25%ほどの利益を確定することが出来た。
日経平均の上げ幅よりちょっと少ないかなといったところ。

ギャンブル的な要素がある、ジャスダックやマザーズなどの株に手をだして、喜んだり悲しんだりしていたので、こんなもんだろうという感じ。

それでも日本経済の雰囲気を感じて、投資額を増やしたのは、我ながら先を見る目があったなと自画自賛。

外貨預金に関しては、急激な円安のおかげで差益が出たが、もともと金利目当てに入れているので、ちょっとは嬉しいが一喜一憂はしない。

いずれにせよ、普通に銀行預金するよりは、動きがあって楽しい一年だった。
これも生活資金とは別に運用しているからだろう。

資産運用で出来たあぶく銭。何に使おうかな?

変えられてもなぁ

私が毎日使う最寄りの駅の、発車音楽?が変わった。

以前もメロディ的なものが流れていたが、今は「夕焼け小焼け」である。

しかしこれが個人的には困り者。

電車の発車時刻が迫っている緊張感がないのもそうだが、今まで各ホーム(なんとか線)によって違っていた発車音が、その駅全てで統一されてしまったのだ。

かろうじて音の大小で判断するしかないが、そいつのボリュームがやたら多くて、レールを挟んだ隣の音がよく聞こえるため、一瞬判断に迷う。

ホントにお客のこと考えてやっているのだろうか?

なんだかJRの発想は、ポイントがずれているような気がするなぁ。

やめませんか?歩きタバコ

もういい加減にしてほしいな。歩きタバコ。
どうしたらやめてくれるんだろう?

結局のところ、法律で禁止するしか方法はないのだろうか?
情けない。

政府もタバコ税を上げるよりは、歩きタバコ禁止の法律を作って、罰金をバリバリ集めるようにすれば、愛煙家もまあしょうがないと納得するのではないだろうか?

ついでに、飲み過ぎ防止の為に「道ばたでゲロゲロ禁止」条例も作ると、町が奇麗になるかもしれない。
あ、そんな泥酔者に「罰金!」と言っても伝わらないので無理か・・・。

タバコの吸い方にもいろいろあるだろうけど、フィルターを通さない煙を吸うのは、吸っている本人以外なわけで、喫煙者が全て煙を吸ってくれるのなら問題ない。
焼き肉屋の無煙ロースターみたいなのを、タバコに付ければ良いのかな?

って、こんなこと喫煙者が考える話だよな。

飲んだ

昨夜はわが家で友人と忘年会。
だらだら飲んでいるうちに雑魚寝になり、それなりに目が覚めたら日が傾いていた。

寂しいもんですね。目が覚めたら夕日って。

というわけで本日は思考能力0。

あぁそういえば、飲んだ翌日って水分が欲しいけど、私の場合コーラが飲みたくなるんですけど、なんででしょうね。
コーラとカップそばが、飲んだ翌日のゴールデンコンビである。

差があまり無いぞ

W-ZERO3が人気だ。
なにしろ抽選販売なのだから。

みんなPDAを欲しがっていたとは思えないのだが、初期の製造台数が少ないのか、私の考えが間違っていて、欲しがっている人が多いのか。

確かに新規加入で40000円という値段は、ハードのスペックから考えると安いのかもしれない。

私もWX310SAが欲しいなぁと考えているが、機種変で28000円は躊躇する値段だ。
これだったらもうちょっと頑張ってW-ZERO3にしちゃおうかなぁという気が起きる。

でもWindowsだしな・・・。

しかし値段が・・・。

そうこうしているうちに、年が明けそうである。

車載Macmini

米Apple が、Macminiの色々な使い方をしているサイトを紹介する、「Mac mini. Big ideas.」を公開している。

アメリカ人はすげーなーと思っていたら、そのうちのリンクの一つが日本の会社だったのでびっくり。
全然知りませんでした。すみません。

これを見ると、1din?に収まるMac miniは改めて素晴らしいなぁと思う。
そして、車載で動くOSX。

映画「メン・イン・ブラック」の世界が現実になり感激!(見ていない方はどうぞ)。

車載ということで熱の問題が心配だが、これをもっともっと色々なアイデアで進めて行けば、面白いことがたくさん出来そうで、わくわくする。

これも消費電力が少ないからこそ出来る技?

ドライブでお困りのことはMac miniで解決!。なんてことになるかも知れない。

体験版でお茶を濁す

ウイルスバスターがxeon非対応という衝撃の事実が判明し、緊急に対応を考えなくてはならない。

ウイルスバスターのxeon対応が全く予定されていないわけではないが、いつになるか分からない状態なので、対応が難しい。
別の製品を購入するのも良いが、ウイルスバスターが無駄になる。

色々考えた末、「マカフィーの90日間体験版」をインストールすることにした。

90日間の間にウイルスバスターがxeon対応してくれることを期待して。

それにしても、ウイルス対策を行わなければ怖くて使えない製品を売るってのは、どうなんだろうね。
インターネットは砂上の楼閣だよな。

ウイルス対策不能?

サーバ自体は無事稼働し始めたのだが、ウイルス対策をどうするか?

そのお客さんは、「ウイルスバスターのライセンスを増やしたからそれを入れる」と言っているが、サーバマシン用には別なライセンスが必要なはずだ。
ま、そのあたりは私は感知しないので、とりあえずインストールしましょうということに。

インストールウイザードが起動され、次へ次へ進んで行くが、いざインストールという場面で、
「IA32かIA64コンピュータにのみインストールできます」
という警告が。

??なんすか?IA32、IA64って?

「プロセッサの種類ですよ。」とサーバ屋さん。
詳しい説明は「IA-32とは?」を参照して頂くとして、「xeon非対応なんだ・・・。」とちょっと緊張する彼。

どうやら、ウイルスバスターはxeonは非対応らしい・・・って、なんでウイルス対策ソフトがプロセッサの種類に依存するの??
OSの意味はなんですか?

いやぁ、世の中分からないことだらけですね、と感心している場合ではなく、対策を考えねば。

ウイルス対策

WindowsPCには無くてはならないウイルス対策ソフトであるが、なくてはならないにも関わらず、マイクロソフトは標準サポートをする気配がない。

まあ、標準のウイルス対策ソフトなんて、怖くて使えないのだが。

話は飛ぶが、私のマックにはウイルス対策ソフトを入れてない。

必要ないから。

と、いうかマック用のウイルス対策ソフトって、どんなのがあるの?
ノートンとかあるけどレスポンスは遅いし、前は.MacおまけのMcAfeeだった。

ひと月に一回のウイルスパターン更新のために、料金を払い続けるのもなんだかなぁという感じだし、いくらバックグラウンドで動いているとはいえ、なんとなく遅くなるし。

他のマックユーザの方々はどのようにしておられるのだろうか?

なぜこんな話をしだしたかというと、「昨日の話」で色々あったからだ。

ということで、その話はまた次回。(しょーもないなー)

サーバ導入

某事業所でサーバリプレースのお手伝い。
ソフト屋さんなのに、力仕事のヘルプにかり出される。

サーバラックを組み立てたり、OAフロアをはがして配線したり。
このOAフロアいじるという感覚が、「チクタクバンバン」的で私は結構好きだったりする。

チクタクバンバン・・・。分かる人はもう若くないという証拠だ(苦笑)。

で、導入されたサーバであるが、Xserve・・・ではなくWindows2003serverである。
またコイツがうるさいのなんのって。

ただデスクトップを表示してるだけなのに、ファンがやかましくまわっているのには閉口する。
電力も細かく調整できるわけでもなく、いやいや大変なマシンだ。

そのマシン。プロセッサは「xeon」を使っているのだが、「ふーん」て感じ。
ちゃんと働いてもらえれば別に何でも良いわけで、喋りだしたら止まらないサーバ屋さん(このプロセッサはあーたらこーたらが長い)を制して、作業を続けた。

しかしこの、「xeon」が後でとんでもない(?)ことになるとは・・・。

祝・グーグルマップ掲載

我が家の建造から2年くらい経過するが、「マピオン」や「map-fan」などの地図には一向に掲載されない。

私の弟が「map-fan」関係につとめているので、「なんとかしてよ」と言っているのだが、そんな話が通じる訳も無く、我が家(のまわり)は空白地帯となっていた。

そんなところに「グーグルマップ」。

来たよ来たよ、オレんち。

住所入れて検索し、最大倍率にすると見えるちっちゃいちっちゃいオレんち。
ちなみにサテライトデータは無いらしい・・・。

老舗の地図情報サービス会社さん。やばいんじゃないの?

締め切りが・・・

やばい!
DREAM GATE GRANDPRIXの参加締め切りが明日だ!。
うまくまとまらねぇ〜。

本来こういった提出物は、一度書き上げて2、3日置いてからまた見直すのが有効なのだろうけど、時間がないな・・・。

ま、出さないと始まらないので、ぎりぎりまで頭悩まして考えるか。

あ、明日は妻との約束があったんだっけ!

締め切り間際にならないと頭が回り始めないのは、なにやっても同じだな〜。
「神」が降りてこないかしら・・・。

P.S
「Google」で「ハイデフ」を検索すると、1ページ目に表示されてびっくり。
こんなブログですみません・・・。

熱い!

むちゃくちゃ寒いやんけ!。この冬は!。

と怒っても仕方がないのだが、家の周りの最低気温はー5度。
さみーよ。

で、そんなに寒くなると暖かい飲み物が欲しくなる(強引)。

この間、自販機でコーヒーを買ったのだが、いやもう今時珍しくアツアツなのだ。
それは手に持てなくて、タオルを巻いて持つくらいに。

昔はそんなのばかりだったが、今はやけどの心配があるからだろうか?。ぬるいのが主流だ。
あっついコーヒを出していたら、訴えられた某ファーストフード店のお話もあるくらいだから、無難に無難にというところか?

「ぬるい!」というのでは訴えられたりしないのだろうか?

あっつい物はあっつく頂きたいところだぞ。おじさんとしてはな。

コマンドプロンプト

開発の現場では、未だにコマンド(DOS)プロンプトが使われている。
コンパイル等で必要なのだ。

これを若い衆に教えるのが一苦労。
なにしろ、ほとんどがWindows95以前を知らないのだから。

私自身コマンドが大嫌いで、それが必要の無いマックに逃げたはずなのに、開発の現場で必須と知って、がっくり来た記憶がある。

ま、今でも必要最低限のことしか知らないけどね。

本来はコマンドの上にGUIが乗っかっているのだが(大味な説明ではある)、若い衆はどうしてもそれが理解できないようなので(そんなんで組込みが勤まる時代です)、教える時はコマンドプロンプトというアプリでWindowsを操作する、と説明している。

そうやって、基礎が出来ていないエンジニアを育てているのは私です。
いけないことと知りつつ、生活が成り立たないためやってます(某発言より)。

・・・・世の中そんなもんですか。

住所録

今年も年賀状の季節がやって来た。
ノズルの詰まったプリンターの復活作戦など、そろそろ始めないといけない。

とりあえず住所録のメンテでも、と思って年に一回しか使わない「宛名職人」を起動した。
ところが、住所録を開こうと思っても、それが見当たらない。

さてどこに保存していたっけ?

てなずけたSpotlightで「住所」を検索したが、出てくるのは関係無い書類ばかり。

・・・まてよ。

春先にハードディスクがクラッシュして修理に出したことがあったが、そのときにサルベージできていなかったか?
どうもその可能性が高い。

んーー、ちょっとまずいなぁ。
メールアドレスは結構保存してあるけど、住所はあまりバックアップしていない。なによりイチから打ち込むのは面倒だ。

とはいえ無い物はしょうがない。
もう少し探してなかったら、ちまちま打ち込むか・・・。

手帳

今年は早くに来年の手帳を購入した。

今年に引き続いて、「能率手帳ネクサス バーチカル」である。

私がこの手帳を選ぶ理由は、まず時間軸がベースとなっていること。スケジュールや作業内容が一目で分かる。
さらには時間軸が縦のため、メモの記入が容易である。日付が縦、時間軸が横、という手帳が多いが、記入する際に縦書きにしなければならないところが気に入らない。
カタカナを頻繁に使うからね。

次に土、日の欄が小さい。土日仕事の方は使えない手帳であるが、そうでない方は、土日にきっちりスケジュールを記入することは少ないのではないだろうか?

この手帳を使っていると、Palmを思い出す。
以前はCLIEユーザだったが(今でもあるけど)、Palmの使いやすさは絶品だ。

その記憶があったので、似たような手帳を選んだのだろう。

この時期、本屋さんや文房具屋さんにはたくさんの手帳が並んでる。
自分の将来を思い描きながら、どれが自分にぴったり来るか、探してみるのも楽しいかと思う。

消費電力

PC電源容量もついにKW時代に突入したそうで、1000ワット言えば100ワットの白熱球10個分である(あたりまえ)。

ピークパワーなので、通常使用では当然もっと低いのだろうけど、出来の悪いアプリなんか使っていると、CPUをぶん回していることもあるので、油断は出来ない。

どんどんアプリが巨大化し、ハードウェアスペックも上がっている昨今。PCの消費電力がバカにならない所まで来ているんじゃないかと思う。
家庭用エアコンだって、通常運転時は200ワット程度だ(家のエアコンの取説より)。

これが会社で何十台も稼働している思うとゾッとするね。
これを考えると、ソフトウェアの効率化は環境にも優しいんだな。

ビジネスのネタになりそうだ。

ハイデフ?

昨日「xbox360」が発売されたが、早速のハードウェアバラシレポートなんかを見ると、マイクロソフトらしい無骨な設計が見て取れる。

なんだかPCを組み立てられる方なら、自作できそうな雰囲気だ。
第一、家庭用ゲーム機のお持ち帰り用パッケージが6.2kgもあるなんて、何を考えているんだと叫びたい。

消費電力も200W程度ということで、macminiの10倍だ(ま、単純比較は出来ないけど)。

あぁ、知れば知るほど欲しくなくなる機械だが、プレステ3もこんなんだろうか?

で、「ハイデフ」である。

xbox360の宣伝で目にする「ハイデフ」という言葉。
こちらによると、”HD”=HI-DEFINITIONの略を”ハイデフ”と呼ぶらしい。

ふーむ。素直に”エッチディー”じゃだめなんですね。「ハイビジョン対応」の方が分かりやすいと思うけど。

ケータイで節約?

なんだかんだ言っても、PCよりはるかに普及している携帯電話。
定価で買えば7〜8万円はするような機種が、ちょっと古くなると1円で売られていたりする。

そのかわり、月々の基本料は取られるわけで、通信事業者としては始めに身を切ってでも、という思惑はあるだろう。
もし携帯電話が定価で売られていたら、ここまでは普及しなかっただろうし。

とはいえ、ただ持っているだけで月々料金を払わなくてはないないのも困りもの。
パケット定額とはいえ、パケ代だった高額だ。

もしそんな携帯電話が、日常の節約ツールになるなら・・・。

そんなプランをちょっと考えています。

キーチェーンっぽい?

これとかこれとか、ずいぶん前にスリープに関するトラブルを書いた。

結局はっきりとした原因は分からないまま、相変わらずスリープが解除される現象が出続けた。

そんなある日。とあることから、キーチェーンを捨てる必要が出て来た。
毎回パスワード聞かれるようになったし、動きも怪しくなり、よく分からないから捨てちゃおうということで、確かuser/Library/Keychainsから、設定ファイルをデスクトップに移動し、せっせとパスワードを再入力。結果的にキーチェーンの掃除が出来た。

で、それから一ヶ月。
時々発生していたスリープの問題が、ぱったりと起きなくなった。

はて?

偶然かも知れないけどキーチェーンが原因なのかなぁ?
世の中よく分からないことが多いですね。

サラリーマンの起業

某ほりえもん氏は、若いうちにどんどん起業すれば良い、と言っている。失敗しても0になるだけだ、と。
確かに何も無い若い頃は、とりあえず起業して色々チャレンジしてみるのもいいだろう。引き際をきちんと把握しておけば、十分やり直しもきく。

ところがある程度歳を取って、家族が出来て住宅ローンなんかも組んじゃったりすると、そんな簡単な話ではない。
なにしろ失敗すればマイナスになってしまうし、やり直しも難しい。

なので、ほりえもん理論は世のサラリーマンには通用しない暴論となる。
まあ、こういった発言はサラリーマンに向けて行っている訳ではないからね。第一彼はサラリーマンを経験していないから。

では、サラリーマンの起業はどういったプロセスになるか?
ちょっと考えていることがあるので、この件についてはまた後日。
(と言いつつ対した話ではないのだが)

オイルヒーター

我が家の暖房器具のひとつに、デロンギのオイルヒータがある。
やわらかい暖かさと、空気を汚さないのが評判であるが、コイツがまた電気食いだ。

何も考えずに使っていると、月の電気代が+2万円。いくらなんでもこれはキツイ。

結局我が家では、普通に石油ヒータ又はエアコン&ホットカーペットで過ごしており、あまりオイルヒータの出番はなくなってしまった。

もったいないな。

世のデロンギユーザの方々は、どうやって節約されているのだろうか?

師走名物?

年の瀬は何かと物騒だ。
いや、近頃は年中物騒か?

最近ご近所に空き巣が侵入したらしい。
らしいというのは直接そのお宅の方と話した訳ではないため、井戸端会議からの情報である。
ま、警察も来ていたようなので正しい情報ではあると思うが。

で、その情報筋(家の奥さん)の話によると、警察が言うには、近所に限らずかなり空き巣被害が出ているというのだ。
その手際も良く、プロの犯行だろうということで、調査中らしい。

考えればきりがないのだが、用心にこしたことはない。
早速センサーライトを買って来て取り付けてみたが、効果はいかほどか?
かえって空き巣を刺激することにならなければ良いが・・・、と堂々巡り。

鍵なんか掛けなかった田舎の生活が懐かしかったりして。

また組み込みでーす

自分の経験の話だから簡単に書けるのでまた書く。

組み込みシステムは、レスポンスが大事である。
ハードからの信号を速攻で処理しなければ制御が間に合わないから。

エンジンの点火タイミングなんか遅れたら、回らないでしょ?

それからスタートアップ時間も大事。
民生用の機器は特にそうだけど、電源を入れてから使えるようになるまで早ければ早い方が良い。

携帯を例にとると、電源キーを長く押していると電源が入るよね。これは一発目の電源キー入力をトリガーとして、ドライバの初期化とOSまで起動させちゃう。ブートシーケンスが走るって寸法。で長押し確定でアプリ開始。
つまり1秒くらいの間に OSが起動してるってことだ。

ま、OSと言ってもタスク切り替え位しか仕事が無いのだが、ユーザを待たせないってことが大事だから、その分の苦労はエンジニアが被るべきだし、それが仕事だ。

けど、ブート部をきちんと書ける人が少なくなった。
だから組み込みLinux等流行るんだけど、ブートが遅くてね・・・。

ユーザに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あー、ブートシーケンス組みたいなぁ。

組込みのお話

組み込みと言っても、普通の方にはまったく分からない世界だろう。
「ファームウェア」と言い直しても難易度は変わらない。
現に私の仕事の内容を説明する時も、少々苦労する。

例えば携帯電話の場合、「"1"というキーを押されたら、画面に"1"を出すようなことをしています。」と説明する物の、今ひとつピンと来ないようで、話が盛り上がらない。

ま、理解してもらおうとは思ってないので、あまり突っ込んだ内容を話さないだが、ごくまれに非常に興味を持って下さる方がいたりして、そういった時は俄然しゃべりまくる。
それが女性だったりすると、もうLOVE!って感じで親近感がアップ。調子のって仲良くなりかけると、突然全く関係無い商品の勧誘をされたして、がっくりくる。

そんな話はどうでも良くって、それだけ一般的ではない組み込みの世界。エンジニアにとっても一般的ではないようで、PCと同じ感覚で物を作ってくる。
そりゃ仕方が無いよね、それしか世界を知らないんだから。

平気でメモリを10M位使う設計をして、レビューで突っ込まれて唖然としているヤツとか、スタックの使い過ぎで途中からめちゃくちゃな動きになってしまい、原因不明で泣きついてくるヤツとか。

一応組み込みの先輩として注意点は先に教えてるけど、実際にやってみないと分からないよね。

ホントに組み込みの世界は奥が深いですよ。

Pentium PowerBook

来年早々のMacworldで、Pentium PowerBookが発表されるというがあるが、果たして本当だろうか?

本当だとすればかなりインパクトのある話であり、アップルとしては相当前から準備していたことになる。
一番進化が遅れているPowerBookを、一気にアップルのフラッグシップ的な存在に持ち上げることになろう。

一番intelへの移行が大変そうなPowerBookが順調に立ち上がれば、他のモデルも早急にリプレースされる。
ま、初期モデルは怖くて買えないが、メシの種になるなら人身御供になってもいいだろう。

しっかし忙しくてマック用のアプリが作れない。
仕事をセーブしているつもりだけど、周りが頼りないから自分が引き受けちゃうんだよなぁ・・・。

気がついたら

ああ、もう12月だ。歳を取るとホントに月日が流れるのが早くなる。
残りひと月がんばりましょうといったところ。

で、当然11月が終わったということだが、今から10年前は当然1995年。そう、windows95が発売された年である。
日本での発売は確か11月。当時MacPowerに連載中の川崎和男氏が、「阿呆行列」と称した大騒ぎから10年。

区切りの10周年であるが、いろんな意味で革命的な製品の区切りなのに、全く騒がれなかった。
みんな気がついてないのかな?
というかマイクロソフトもなにもしなかった(と思う)ので、どーでもいいことのなのかな?

大事な「記念日」はそれなりに祝うものだと思うけど。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ