« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

私も行きました

東京ディズニーランドのシンデレラ城ミステリーツアーが終了するそうだ。

20年前と言うと、私が中学校の修学旅行でTDLに行ったときには既にオープンしていたんだな。
あの時はいかにも田舎の学校らしく、「赤いジャージ」で園内をうろうろしたものだ。

ジャージはないよな、ジャージは。
せめて制服にしようよ。

で、シンデレラ城。

確か彼女と行ったかなー?
なんか最後に剣を持って何かを差したような記憶がある。
全然覚えてませんね。

あ、思い出した。
ツアコン?のお姉さんが、舌足らずでかわいかったのを覚えている。

萌え属性=舌足らず。

でもだんだんイライラしてくるんだろうな・・・。


シンデレラ城とは何も関係無くなりましたが、まぁそれだけ思い出されるものがなくなるということで。

名刺

これに参加して来たとき、配った名刺は最新の自作。
プリンターでせっせと100枚程作成したが、20枚くらいしか配れなかった・・・。

ちょっと時間がなかったよなぁ、と言い訳は置いといて、名刺交換をさせて頂いた皆さん、今後ともよろしくお願いいたします。

といっても、このブログのアドレスは書いてないんだけどね。

「携帯電話の全てを知る男」
なんて大層キャッチーなフレーズを書いちゃったから、このブログを見たらコケるんだろうな。

ま、名刺はインパクトが大事なんで、それもまた楽しいところ。

次の名刺はどんなのにしようかなぁ。

異空間

アップルストア銀座に行って来たんだけど、やっぱりあそこは異空間だ。

まず、銀座の中の外国って感じで、外国人の比率が非常に高い。
Macに興味がある人は皆友達って感じで、ぼーっとしていた私にも声をかけてくる。

銀座留学という感じ。

それから、お金の価値が分からなくなる。

ワゴンセールのように整備済製品が積まれ(そんなに多いのか?)、人がわらわらと群がり、レジにPowerBookやらMacminiやらiMacやらを持った人たちが並んでいる。

ユニクロ等でレジを待つ風景と変わりないのだが、そこで売れているのはえらい高額商品だということ。

なんだか恐ろしい世界である。

私はというとiLife'06を買って帰りました。
何か買わなくちゃいけない気にさせる所です。

審査員

今日はこれから、関東挑戦者祭へ出かけてくる。

私のビジネスプラン
ああ、そんなのもありましたね(...( = =) トオイメ)。

いや、書類は出しましたよ。でも落ちただけ。
わっはっはっは。
・・・
なので一審査員として、名刺を手裏剣のように飛ばしてこようかと思ってます。

会場がテレビ東京のそばなので、時間があったら「ケロログッズ」でも見てくるかな。

職業柄

ソフト屋さん職業病というと、目、肩、腰というところだろうか?

私も実際には視力が低下したし、肩もこる。
腰はまだ大丈夫だが、医者通いをしている同僚もぼちぼち。

最近は肩から腕にかけてが痛い。

マウスを操作する腕に負担がかかっているのか、なんだか筋が痛いのだ。

片方の手でもう片方の腕を探りながらマウス操作をすると、確かに痛みがある場所が働いてる。

今やすっかり入力装置の王様となったマウスだが、体への負担も大きいので注意していただきたい。

車への興味

自分が20歳の頃は、いわゆる「デートカー」がはやりで(?)、クーペタイプの車が人気を博していた。

シルビアとかプレリュードとか。かっこインテグラもそうか。
・・・すごいおじさんになった気分だ・・・。

で、私も彼女がいたりして、見栄を張りたい年頃ということもあり、相当無理して車を購入した。

月々3万円のローン+任意保険も月3万円。それに駐車場代も加算すると、住宅ローン並みだ。

会社の寮に住んでいたから出来たこと。
一歩間違えば大変なことになるきわどい生活。いまでいうと「オン・ザ・エッジ」ってやつですか?

私の他には、AE86なんかを乗り回しているヤツと、シビックやCR-Xの小型FF軍団で、激しいバトル(?)なんかもしていたようだが、ナンパな私は彼女がいるにも関わらず、ナンパに出かけていたりした。

乗っている車によって人気が全然違うから、男どもは女の子受けの良い車を選びたがる。
なので車選びは慎重になるし、自動車メーカーも必死になる。

一歩間違えれば、プレリュードのようにあっという間に没落してしまうからだ。

最近は車への興味は薄れて来たが、どうやら歳のせいではなく、世の中全体がそうらしい。

うーーん。ミニバンばっかじゃそうなるのも仕方ないと思うんだけどねぇ。

ポッドキャスト

最近通勤時間に聞いているものといえば、「読売ニュース ポッドキャスト」だ。

しっかりとしたニュース等、20分強のコンテンツが提供されており、なかなか面白い。

で、その他の時間は英会話のポッドキャストで埋めている。

このポッドキャスト。当然個人でも配信可能であるが、はて何を配信すれば良いのだろうと考えてしまう。
そもそも自分の声が配信されることに、拒否感を持つ人は多いだろう。

でも考えてみれば、ブログだって始めは「何を配信するの?」てなものだったし、「音声」を配信するので新たな可能性も開ける。

語学を学んでいる人は、学びたての言葉で喋りかけていれば、現地の人からコメントが付くかも知れないし、ミュージシャンはサビの部分を流してみても良い。

一日中ディスプレイを見て目が疲れている人たちにとっては、耳から情報が入るというのは、なかなか新鮮で快適なものだとと気がつくはずだ。

ラジオをチューニングするように、もっと手軽にポッドキャストが入手できれば、爆発的に広まるんじゃないかな?
日本にはケータイもあるし。

う・そ・つ・き

ネット上に限らず、公にされている物が全て真実とは限らないのが世の中。
当然このブログだって、何が真実で何がウソなのか、読んでいる方には分かるまい。

というわけで、「うそつき」である。(強引)

もう有名であると思うけど、「トリビアの泉」で、いろんなシチュエーションで「うそつき」とおっしゃられている「緒川たまき」さん。
私もこのコーナー好きです。

で、初めてこの番組で彼女を見たときに、「へー、広末涼子がでてるんだー」、と思ったのは私だけでしょうか?

と思ったので、「緒川たまき 広末涼子」って検索したらそれなりにヒットしたので、「水野美紀と加藤あい」よりは世間の賛同を得られそうである。

だからどうしたと言われれば、それまでであるが。

アップデート

あ、willcomのファームウェアアップデートって、PC経由でやるんだ。

突然ファームウェアアップデートをやろうと思ったのは、アップデータがあったからという理由はあるのだが、それ以外に昨日の写真を取ろうとしてカメラ起動しようとしたら、「カメラ起動中」画面のままフリーズしてしまったからだ。

フリーズ後30秒くらい?経過したら、電源再起動。

一定期間特定タスクの応答が無い場合に、再起動をかける仕組みがこれにも搭載されているようだ。

というわけで、そのバグが修正されているのではないかと思ってね。

それにしても、カメラ起動しただけでフリーズとは・・・。
一抹の不安が残る端末だな。

あ、ちなみにアップデート用のPCソフトですが、ちゃんとMac版もあります。
リンクはこちら
動作環境が、
>MacOS X:v10.1.5〜v10.4.1
>MacOS 9:v9.2〜v9.2.2
>※v10.4.2 以降では非対応となります。
とありますが、自分の所のMacOS X:v10.4.4では大丈夫でした。

Macとの親和性が高いって言うだけで、ものすごくいい会社のように思えるから不思議だ。

モブログテスト

関東では大雪の今日。
家の中から撮ったヤツをモブログでアップします。sa410009.jpg
sa410007.jpg

-----------

Macから追記。

うわっ。でかっ!!!

買ったばかりのWX310SAからアップしたんだけど、VGAってでかいなー。

でも、カメラ性能がなかなか良いので満足。
2枚合わせ110KBくらいのサイズで、送信時間は30秒くらいかな?

結構使えるもんですね。

速いらしい

こっそりとお勉強させてもらっている「HMDT」さんの所に、Intel iMacが来たそうだ。

それによるとコンパイルが速いらしい。
なんと2倍以上の速さだそうだ。

しかも、
>2 つファイルを同時にコンパイルしている様子が目に見える
と。

見てぇーーー。おれも見たいよ。それ。

gcc使ってWinとMacでコンパイルかけると、明らかにMacの方が激遅なんだもの。

そうかー。コンパイルが速いのかー。ムフムフ(なんだこの含み笑いは?)。

んーー、もしかしたら「萌え属性」が「コンパイル」(ぷよぷよではない)なのかもしれない。
コンパイルが進み、流れて行く画面を見るのが好きだもんな。

あ、ちなみに「iWeb」は、いまいちらしい。
ちょっとがっかり。

メモリ保護機能は必要か?

たまにはソフト屋さんっぽいことを書いてみる。

「メモリ保護機能」という言葉をご存知だろうか?
ソフトをやっている方ならご存知だろうが、要は「あるプログラムが全然関係無いメモリに書き込むことを防ぐ」という機能だ(こちらに詳しく説明がある)。

ま、プログラムにバグがあってもOSごとクラッシュしないように、ということだが、いろんなエンジニアと話をしていると、「メモリ保護があって安心」という意見を良く聞く。

雑誌でも「メモリ保護機能がある先端OS」など、あおる記事を多く見かけるが、結局バグがあることに変わりないので、その後の動作は保証できない。

WindowsでもMacOSXでも、OSを巻き込んでクラッシュすることは少なくなったが、アプリケーションがクラッシュすることは変わらない。

みんなメモリ保護で何を安心しているのだろうか?

ちゃんと作っていればメモリ保護なんていらないだろうと思うのだが、そうではないのかな?

流れに乗って

「ライブドアショック」の波にきちんとのってしまった私の株式運用。
投資額の振り出しに戻って「あ〜あ」という感じ。

それでも信用取り引き等行っていない為、比較的のんびりしたもの。
そりゃ下がるのは面白くないけど、こんな状況じゃ仕方が無い。

それにしてもほりえもん一人(ではないけど)に、振り回されるのもどうかと思う。
「国民は馬鹿だから」と、それを言っちゃおしまいよという人間に信者が集まるというのも、どこかでみたような光景だ。

ま、トップに立つ人間(人が集まる)は、なにかしら宗教がかっているところがあるからね。

ともあれ、これでコツコツ物作りをしている所が見直されるんじゃないかな?
ソフトでもハードでもね。

不器用な生き方しか出来ないソフト屋さんには、ちょうどいいのかも知れない(自分で言うな)。

今日の話題と言えば・・・

何事も無ければ阪神・淡路大震災から11年ということで、TVなどもそれなりに特集を報道するはずだっただろう。
それともヒューザーの小嶋社長の証人喚問か。

それを吹き飛ばすニュースがライブドアだ。

話としては、政治家が証人喚問から世間の目をそらすために、この日にしたのだという声も聞かれるが、日経平均にもインパクトを与える話である。

それにしても第一報はNHKだったか?
世紀の大誤報かとも思われたが、確固たる証拠があっての報道だったのだろう。結果的にスクープをモノにしたことになる。

朝のニュースで堀江氏のインタビューを見たが、疲れもあるのだろうけどなんだか穏やかな顔になっていた。
あきらめとも違う穏やかな顔。

能面のような表情の彼であるが、少しだけホッとしたのかもしれない。

フロッピーでは無理がある

むかーしむかし。
「X68000」という「パーソナルワークステーション」がありました。

私も九十九電機の24回ローンで購入したのですが、社会人なりたてのころですから、ローンとはいえハイエンド機は買えません。
当時珍しかったハードディスク内蔵モデルではなく、付いていない方を購入しました。

それなりにグラディウスIIなどを楽しんでいましたが(高いゲーム機だな)、ふと気がつくと付属ソフトとして「SX-window」なるものが・・・。

そのソフトを起動してみましたが、モノクロの画面にウインドウが色々表示され、何かをやろうとするとすぐにフロッピーの入れ替えを要求される・・・。
「なんじゃこりゃ?」

そしてそのマシンはまたゲーム機に戻りましたとさ。

・・・フロッピーでウインドウシステムを動かすのは、現実的ではないと知ったのは、Macを購入した後の話です。
ハードディスクって偉大だな。
あの時点でウィンドウシステムに目覚めていれば今頃・・・。マニアへの道一直線だったかな?

機種変更

買っちゃいましたよ。「WX310SA」。

27000円は高い!が、その分だけ使い倒して見ようという気合いがあります。

まだ軽く触っているだけですが、第一印象はいい感じ。
動作も軽快だし結構使いやすい。

色々試してみて、またレポートします。

niftyかよー

以前、「Bフレッツ(ハイパーファミリー)で1Mしか出ない」記事をアップしたことがあったが、その後も接続不安定が続いたため、正月休みを利用して徹底的に原因を追及することにしてみた。

なにしろ休みに入ってからというもの平均10M程度しか速度が出ず、リクエスト->レスポンスが非常に悪くストレスが溜まる。パケットロスも多いような感じ。

フレッツスクエアの接続は平均60Mくらい出ているので、おそらくプロバイダの問題だろうと思っているのだが、家庭内の機器に問題があるのであれば、対応しなければならないし、なにより気持ちが悪い。

で、風呂の天井を開けて、ルータを外し終端装置へMacを直繋ぎし、それで速度を計測してみると、やはり10M。

やはり家庭内に問題はなさそうだ。

そこで、もう一つ加入しているプロバイダのso-netを使ってみることにする。
現在so-netへは一番安いコースで加入している為、そのままではフレッツへは繋がらない。負担は痛いが月1000円程プラスしてコース変更を行う。

早速接続先をso-netにして繋いでみると・・・。

・・・50M。

なんだよー、やっぱりniftyが原因かよー。

それにしても接続先を変えただけでこんなに違うとは!

もうブラウジングなんかサクサク出来ちゃって、すごい快適。
そうそう、これが光だよなーなんて、ここ数ヶ月のストレスはなんだったのか?
なによりリクエストに対するレスポンスが、速く確実に来るようになったのが嬉しい(当たり前)。

しばらくこのまま平行で使ってみて、niftyが改善されないようであれば、文句を言うか。
ベストエフォートって言っても限度があるよ

そういうことか!

先日入浴中に、「よっこいしょ」と浴槽のふちに手をかけて立とうとしたら、手をすべらせてふちに脇腹を打った。
・・・・・・・。
しばし絶句。

幸い骨折をしているわけではないようだったが、なるほど老人が入浴中に骨折する理由が分かった気がする。

って老人か、俺?

それから数日経ったが、ぶつけた所を見ると真っ黒になっていた。
骨が強くて良かったよ。

似てるんだよ

最近ずーっと思っていたことがある。

それは、「水野美紀」と「加藤あい」は似てるってことだ。

特に、「英会話のイーオン」のポスターを見るたびに、また一方ではドコモダケと戯れている姿をみるたびに、そう思っていた。

で、最新の「英会話のイーオン」のポスターを見たときに、「ますます似て来たなぁー」との思いを強め、「ブログのネタにしよう」と考えていた。

ので今日こうしてアップしているのだが、実は本当に加藤あいになっていたことを今知りました。

いやあびっくり。

なぜ加藤あいなんだろう?

きっと似ていたからだな。

・・・似てるよね?

Google Earth

矢継ぎ早に1日に2度目のアップ。
Google Earth、Macに対応

いやー。海外に引っ越した友人からエアメールが来ていたんだけど、これでヤツの住んでいる所が見れるな。

どーしよーかなー

色々と発表されたMacworld Conference&Expo。
個人的には「MacBook pro」が気になるところだ。

まあ単純に、今使っているPowerBook1Ghzが満身創痍なだけに、買い替えにはちょうど良いかなと思っているだけだが。

それと「iLife '06」。
これも「iWeb」を使ってみたいというところ。

今回は外見上大きなサプライズは無いが、そもそもインテル搭載というところがサプライズなわけで、よくこの時期に製品が出荷できたなと思う(MacBook Proは2月だけれど)。

ある意味MacOSXの移植性の高さを証明したと言えるのかな?
MacOSXプラットフォームの今後が楽しみである。

笑い事ではないけれど

人の不幸を笑うのは本意ではないが、「たき火に投げ込んだネズミ、駆け戻って家全焼」には笑いました。

だめだよ。ネズミを火に入れちゃ。

話は変わるが、子供の頃は命の重さなんか理解できないから、残酷なことを平気でやる。
自分もまあ色々やったほうだな。自然がいっぱいのところに住んでいたから。

今では無益な殺生は行わない主義になったが、ゴキちゃんだけは瞬殺だ。

北国にはゴキちゃんが生息していない(数が少ないだけ?)ので、実家にいる時は見たこと無かった。
都会に出て来て初めてヤツを見た時の感想は、
「気持ちわる!」
だ。

初めて見た時から気持ち悪いと感じてしまうゴキちゃん。
考えれば不思議な話である。

困ったちゃん

どこにでも困った人はいるが、それが仕事上の付き合いだと避けられないので大変だ。

先日も、自分の担当する機能でリセットが発生するというバグ報告があり、毎回発生するわけではなく、何回か同じ操作を繰り返すと発生するという報告を受けた。

分かる人はこの時点で分かると思うが、ログをみるとやはりヒープメモリリークがあり、最後にはメモリがなくなってリセットしているようだった。

軽く調べてリークしている担当さんへ振り分けて一安心していたら、バグ報告が戻って来た。
「メモリリークはありません。リセットしている機能が問題です」
・・・。だからメモリリークしているからリセットするんだろう!!!!!!!!!

そいつに直接話をつけに行ったら、
「きちんとテストしたから問題ない」
「コードは汚いかもしれないが、漏れはない」
「言わせてもらえば・・・」
うんぬん。

久しぶりに体が震えるほど怒った私は、そいつのコードをしらべて分岐を確認。
リークするケースをまとめて報告した。

結局、しばらくしてそいつの上司付きで「すみませんでした」と謝りに来たのだが、
「フザケルナ」
だ。

はっきり言ってダメなヤツほど分かってない。
そんなヤツも1人月に含まれるのだから、そんなソフトの品質は想像する通り。

やばいぜ、ニッポン。

改良済み

昨日の記事で、アダプタ断線の写真をアップしたが、家で使っているPowerBookG4-1.33の方は大丈夫だろうかと思い、見てみた。

ADP003
こうなってました。

おわっ!
改良されてる!

教えてくれ、アップルよ。

炎上寸前

2006年も仕事始め。
今年も頑張ろうと仕事場に行き、家から持って来たPowerBookG4を開く。

電源をいれデスクトップが表示される。

ふと見ると、電源アダプタ接続部のランプ(緑とかオレンジとか光る所)が消えている。
メニューバーのバッテリインジケータもバッテリで稼動していることを示している。

「おかしいな」

電源アダプタを見ればタップにはきちんとささっているし、電源も供給されているようだ。

「んーーー?」
と思い、電源アダプタに手を触れた瞬間、異様にアダプタが熱い。
「わわわっ」
慌てて電源アダプタを引っこ抜くと嫌なにおいが。


adp01
ココログ初写真がこんなことに・・・


adp02


コード部をぐるぐる巻いて持ち運んだ4年弱・・・。
炎上しなくて良かった。

このままでは仕事にならない。 バッテリも寿命がきていて、20分ほどしか稼動しない満身創痍のPowerBokkG4-1Ghz。

近所のヨドバシへ電話したらアダプタの在庫があるということなので、仕事中に抜け出して買いに走った。

「純正とサードパーティー製 。どちらにしますか?」
「えーとお値段は?」
「純正は9000円。サードパーティー製 は5000円です」
サードパーティー製 で」

すまん、アップルよ。その値段は高すぎだ。

生産中止で困るもの

生産中止・・・。
それは全ての商品が生まれた時から、避けられない運命である。

消費者にとって生産中止になると困るものは多々あると思うが、しかしそれも無ければなんとかなる、程度の物ではないだろうか?

「あの味が忘れられない」「あの音が好きだった」などなど・・・。

私はそんな感じで思っていたのだが、生産中止が死活問題に場合が身近に。

ネコ飼っているお宅が嘆いていた。
「お気に入りの猫缶が、生産中止になってしまう」

聞けばそのお宅のネコちゃんは、その猫缶しか食べないそうで、他のネコ用フードをあげても食べないそうなのだ。
これは死活問題だなぁ。

我が家にもネコがいて、やはり特定のフードしか食べない傾向があるので、人ごとではない。
トイレ砂なんかもお気に入りがあるので、いつも同じ物を買っている。

ペット業界の方。
新商品を考えるのも良いですが、それを長い間作り続けてくださいね。

やっぱり奇麗だ

ということで視聴可能になった地上デジタル。
やはり断然奇麗である。

これなら今までの互換性を捨ててまで、切り替える気持ちも分からないでもない。

便利だなと思ったのが、データ放送。
天気予報が見たいときに見れるのは便利。
ニュースも流れているから、それも良い。

ただ、UIがあまりよくなくて操作が分かりづらい。
そういった物が苦手な人には、使いこなせないかもしれない。

まあ画像、音声は奇麗なので、普通に番組を見ているだけも良いだろう。
映画なんかはDVDを見ているようだしね。

うつるじゃん

元旦の記事で、何の脈絡もなしに地上デジタルネタを出したが、室内アンテナでも買おうかとネットで色々調べているうちに、わが家で加入しているJCOMでも、パススルーを始めたという情報が。

さっそくホームページで調べてみると、
>また、関東・関西地区では、2005年12月1日より地上デジタル対応テレビ、
>または対応チューナーで受信が可能な信号をJ:COMから伝送開始させてい
>ただきます。
とのこと。

じゃあ早速ということで、苦闘の末に購入した液晶テレビの地上デジタルアンテナに接続。

と、あっさり映るじゃん。

なんだよJCOM。始めるんなら教えてくれよ。
って、教えるわけないよね。JCOMデジタルならプラス1000円の月額収入が見込めるのに、無料で見られちゃったら困るものね。

まあ、オンデマンドサービス等、JCOMデジタルならではのサービスは受けられないが、それほどテレビは見ていられないので、綺麗な地上波が見れるだけで十分。

というわけで、JCOM加入の皆さん。地デジチューナーをお持ちであれば、一度アンテナ入力をそちらにつないでみてください。
映るかもしれませんよ。

おいろけ

けっこうまじめにドラクエ8をプレイ中。
現在レベル20といったところ。

久しぶりに夜中までゲームしてるよー。
なんだか楽しいね。

で、プレイしたことのある人しか分からないネタだけど、レベルアップするとスキルポイントを貰える。
それを任意で色々な項目に振り分けられるんだけど、私が「ゼシカ」に「おいろけ」ばかり振り分けているのを見た妻が、「オヤジになったねぇ」と。

ぎゃふん。

あ、ぎゃふんも今時言わないな。
どうせオヤジさ。その開き直る態度もオヤジ。

よし、ことしはオヤジキャラで行くか!(涙)

Ajax

今年はAjaxでちょっと遊ぼうかと思っている。

Google Suggest と Google Mapsはこのテクノロジーを利用しているが、これ以外にもいろいろとアイデア次第で出来そうなので面白そうなのだ。

特にケータイ関係で何か出来ないかと考えている。
willcomはJavascript搭載がほとんどなので、いろいろと実験のしがいもあるというもの。

早速、「入門Ajax」なんて本を買ってみた。

こちらはサンプルプログラムが豊富なので、すぐに遊べるのがミソ。

今年も色々お楽しみがありそうである。

新年です

あけましておめでとうございます。
と、いっても全然新年という気がしませんが、朝から酒を飲んで、福袋を買いに行くといった、正しい正月の過ごし方をしております。

しかし元旦からお店が開くと、消費者もゆっくりできない。
いっそのこと、完全お休み日にしてしまい、小売業はおろか外食や娯楽産業なんかも「お休み」にしてしまえば、家でごろごろしてられるのにな。

明日も妻に付き合って初売り見物だ。

話は全然違うけど、地上デジタル放送。
あれ、室内アンテナで見れるのかな?

あまり高くないからヨドバシで買って来て試してみようかな?

J-COMに月々1000円プラス払うのはもったいないからなー。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ