« ようやくiWork | トップページ | なんか違うんじゃないか »

ソフトウェアは芸術だ

ソフトウェアはそれ自体が芸術だと思っている。

完成したソフトウェアの振る舞いもそうだし、内部のソースコードもそうだ。

汚いコードから良いソフトは生まれないと考えている。

むろんどんなに汚いコードを書いても、動けばそれでOKなのであるが、それではユーザーが満足する物は提供できない。

こだわりのあるエンジニアは、自分の作った物が汚いと、一度作った物を捨ててもう一度作り直すこともある。
(もちろんスケジュールの範囲内で)

そして美しい物はシンプルだということ。

シンプルなので、製造効率も良いし再利用率も高い。

そういったソフトが作れるようになるには、一朝一夕の経験では歯が立たない。

日々の経験の積み重ねの結果そうなるのである。

むろん、当人がそういった意識を持って、何事もどん欲に吸収しようとしていることが、前提であるが。

« ようやくiWork | トップページ | なんか違うんじゃないか »

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

 そうなんでしょうね〜、私は多少のスクリプトを組む程度しかしませんが、それでもソフトウェアの奥深さは感じます。

 誰かが何かに書いてましたが、完成されたソースコードは見ていて楽しめるそうです。ビールを飲みながらソースコードをながめようかな・・・なんて事を言ってた人もいました。

 それだけにプログラマの寿命は短いのでしょうね芸術は自分の命を作品に注ぎ込むようなものでしょうから。

先日出荷されたVS2005で汎用的で流用性の高い部品を作成し始めているのですが後輩も全て.net FrameWorkは初心者ばかり
VB6やCOBOLしか使ったことのないアマチュア開発者ばかり
そんなメンツで開発とはおこがましいと思われそうですが
手探りで始めたところオブジェクト指向への転換に
戸惑いを感じながらもIDE自体の操作性はなかなかいいなあと感じています

以前MacのXcodeでccocoaアプリケーションにチャレンジしようとして
大半のヘルプが英語である時点であきらめたのです
本当はmacでかっこいいアプリケーションを作りたいんですよね。。。
もちろんこれは趣味で仕事では採用はまず無理ですよね

Microsoftは開発者層を一般ユーザ層まで広げたいようですが
そんな日がくるのはIDE次第なのかなと思う今日この頃です

Munyuさんこんにちは。
>ビールを飲みながらソースコードをながめようかな
ってのはなかなかですねー。
逆にビールを飲みながらコーディングするのはよろしくないですが・・・。(経験者)

Guiさんこんにちは。
VS2005ですか。導入が早いですね。
私も.netは詳しくないのですが、VBでもCOBOLでもどんな言語でも、経験されているのであればある程度基礎があるので大丈夫ですよ。

それから英語ですが、私も苦労してます。
ただ、エンジニアである以上、英語は必須だと思ってますので、勉強の日々です。
「プログラムは英語でしょ」って良く言われるんですが、記号として扱ってますからねー。そう簡単には行かないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/8671257

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェアは芸術だ:

« ようやくiWork | トップページ | なんか違うんじゃないか »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ