« Objective-C本 | トップページ | 故障品は »

伝えたいことが伝わらない

業務上の連絡事項をどのようにして伝えるのが確実か。

それは直接口頭で伝えるのが良いかもしれないが、口頭だと記録に残らず、「言った、言わない」の無意味な争い発展することがある。

それでは、メールという手段があるが、記録は残るが読んでいない、あるいは読んだけど忘れてしまった、ということがあり、これも確実ではない。

連絡側が、適宜フォローすれば良いのだろうが、とにかく数が多くなると無理。

どれを選んでも、完璧というものが見つからない。

業務間のコミニュケーションをとる方法が、ビジネスとして成り立つくらいに、現実は問題が多くまた解決が難しいのだろう。

自分のスタンスとしては、自分で情報が途絶えることが無いように、また議事録の意味を込め、とにかくブロードキャストしてしまっている。
で、その後個別にフォローするというスタンス。

ブロードキャストする情報には、【NOTICE】【ACTION】など重要度とは他に、タイトルに識別のキーワードを入れ、メンバーの注意を促すようにしている。

とりあえずは、これで以前よりはメンバーの見過ごしが減り、それなりに効果が上がっているようだ。

何を最重要とするかは、個人の考え方によるのだろうけど、私の場合は「記録」を重視しメールベースでコミニュケーションをとっている。

「なぜ、チームメンバーはメールを見てくれないのだろう?」と管理者は言うが、メールのルールを変えることで、それなりに気を引くことも可能なので、色々と工夫してみると良いだろう。

« Objective-C本 | トップページ | 故障品は »

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/9915626

この記事へのトラックバック一覧です: 伝えたいことが伝わらない:

« Objective-C本 | トップページ | 故障品は »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ