« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

他人事ではない

シャープ製端末の不具合、1000万台回収

これ、担当者は胃が痛いだろうなぁ。

私も経験があるが、回収ものの不具合を出したときの気持ちは、なんというか、吐き気を催してくるね。

特に漢字変換部など、昔から基本があまり変わっていないので、古いコードが長生きしていたりして、誰もどう直してよいか、分らなかったりして。
もしかしたら、この不具合を入れ込んだ人は、もういなかったりしてね。

コードって思ったより長生きして、だから2000年問題もあったわけだが、私が新入社員のころに作ったコードが、今でも現役で稼働しているのだから恐ろしい話。

不発弾が日本中にばらまかれているような感じで、考えると夜も眠れなくなっちゃうよ。

6件

モータースポーツ情報を得るために、配達してもらっている「トーチュウ(東京中日スポーツ」。

別に中日ファンという訳ではないので、誤解なきよう。

で、その裏面にちょとした、記者が書くコラムがあるのだが、今日はこんなことが書いてあった。

記者がフジテレビの方と話した内容であるが、
フジテレビ、プロ野球巨人戦の地上波中継を8月から取りやめ
に対する、視聴者からの反応がどれだけあったかというもの。

記者は、「それはたくさん・・・」と言いかけたのだが、

「たったの6件だよ」

その言葉に絶句する記者。そして私。

正直私、巨人ファンです。

好きなプロ野球チームは?と聞かれれば、巨人と答えるけど、最近はそんな会話も無いね。

さてこれほどまでの反応のなさ。

完全に中継がなくなるわけではなく、CSやネットでは見ることが可能。
そもそも、今は巨人戦だけではなく、全チームの試合を見ることが出来るのだから、地上波で見ることもないのかもしれない。

でも、6件という数字はあまりにも少なすぎ。

それだけ反応が無いということに、今の巨人の存在感のなさが伺える。

今しか!

昨日、「宇宙」へ行く、と言っておいて、朝起きたら11時。

むぅ、疲れがたまっているのう。

なんだかすっかり萎えてしまって、ぐだぐだネットを見ていたら、

Apple Store限定 お得な整備済みiPod

で、なんと「iPod mini」が買えることを発見してびっくり。

こう書いている間にも、既に売り切れてしまうかもしれないが、miniが欲しかった方はいかがだろうか?

宇宙

突然ですが、 宇宙科学研究本部 というところで、年に一回の一般公開が「明日」開催される。

ほんとに突然だな。紹介するのが。

イトカワの最新画像や、ロケット・衛星の模型展示など、ちょっとした宇宙好きの私としては、そそられる内容だ。

場所もそんなに遠くないし、ふらっと出かけてみようかな。

OSを作るのは簡単だ

その昔、新入社員研修の一番最後に、OSを作らせたことがあった。

今思えばずいぶん余裕があった時代の話である。

言うまでもなく、OS=オペレーティングシステムのことであるが、では新入社員がWindowsやMacOSを作ったというのか?

いやいや、これも言うまでもないことだが、そんなことは無理である。

ここで言うOSとは、「狭義のOS」のことである。

情報処理の試験に出てくるようなお話であるが、OSには「広義のOS」と「狭義のOS」があり、おおざっぱに言うと「広義のOS」がWindowsやMacOSで、さらにコアのタスク管理やデータ管理を行うのが「狭義のOS」となる。

これを研修で行うことにより、コンピュータの世界をより深く理解できるようにはなる。
なるのだが、理解できない人も多く、脱落者が多いためここ数年は行っていない。

じっくり育てる時間がないことが問題なのだが、専門学校ではなく、会社であるのでさすがに難しい。
ただそうやって、基本を理解できていないエンジニアを増やしているなぁ、と思うことはあるのだが。

ちょっと変なの

到着してから2週間ほどたった私のMacBook。

仕様だか不具合なんだかよくわからないことが、ぼちぼちと出てきた。

今すごく気になっているのは、音量を0にしても、再起動すると真ん中くらいにもどってしまうということだ。


Photo_1
こう音量を0にしても・・・


Photo_2
再起動後には元に戻ってしまう。

なので、再起動を繰り返すと、突然起動音がなったりしてびっくりする。
しかもヘッドホンさしているのに、スピーカーから鳴っちゃうし・・・。

BootCampのせいかなー。
どなかたこんな症状になっている方、いませんかね?

進捗95%

一応進捗報告を受ける立場なのだが、それを見ていると面白い。

だいたいオンスケジュールで進んでいるのだが、進捗が95%位になると突然スピードダウンし、
95% -> 97% -> 98%
なんて報告がよくあり、結果としてリリース遅れ。遅れているので担当は残業に次ぐ残業。

それでデスマーチだぁ、なんて言われても説得力ないよって感じ。

担当が、自分のやるべきことをわかっていないからなんだよね。

進捗80%との報告を受けたので、
「後残件どれくらいありますか?」
と聞いたところ、
「何が残っているのかわかりません」
と答えられちゃった時には、本気でぶん殴ろうかと思った。

対応項目を細かく洗い出し、マイルストーンを週単位で設定すればそれは防げるんだろうけど、メンバー全員にそんなことはできないし、それくらい自分で管理してよって思う。

問題点が事前にわかれば、納期間際に慌てることはないのだから、自分の幸せのために、自分を管理する必要があると思うな。

ワンセグの見方

世の中ワンセグ流行である。かな?

まあとにかく、いつも持ち歩いている携帯電話と、非常に相性がいいワンセグ放送。
私も対応機を持っていれば、何かの時には使うだろう。

ちなみに私は、アナログ放送携帯プロジェクトに参加したことがあります。

で、ワンセグ。

確かに携帯電話に付いているのは便利だ。ボーダフォンが意外な動きをするのも面白い。
ただ、ずーっと手に持っているのは、ちょっと疲れると思うんだよね。

そこで考えたのが、その名もズバリ「ワンセグメガネ」。
メガネがそのままワンセグ放送ディスプレイになるという優れものだ。

携帯電話に乗るくらいのワンセグチップなら、ちょっと太めのフレームに乗らないだろうか?
フレームをアンテナにして、バッテリは・・・う〜ん仕方が無い、セパレートだ。
それならチューナーはバッテリと一緒にしておけば良いな。

デメリットとしては、ものすごく目が悪くなりそうだし、周りが見えなくて非常に危険。
それにうまく小型化できなくて、「バーチャルボーイ」のようになっても困るしなぁ。

ヘッドマウントディスプレイじゃなくて、メガネ。
メガネ萌えな時代にマッチしているんじゃないかな。

贅沢を味わう

いつ明けるかわからない梅雨。

じめーーっとした毎日であるが、TK家では景気付けに何を思ったか、「新サンマ」を購入した。

「新サンマ」500円也。

いやあ、唐突に魚沼産コシヒカリを頂いてね、ご飯に合うものと言ったら・・・ということで、贅沢にサンマとなりました。

いや、ホントうめぇっすよ。
サンマも米も。

ああ、もう秋だな・・・って(オイオイ)。

まあ、後はサンマ一匹100円になるまで食べないでしょうけどね。

エンジン回るの?

ほんとに時代遅れの話題で申し訳ないが、前から書こうと思っていたので。

2008年からのF1エンジンECUはマイクロソフトに決定の事実を知ったとき、「ほんとにできるの?」と周りで話題になった。

ECU=エンジンコントロールユニットであり、今時の一般車でもこれなしにはエンジンが回らない。

ここに、マイクロソフト。

ソフトのバグのためリタイアなんて、勘弁してくださいよ。
(そういえば、リタイア原因が「ソフト」っていうのは聞いたことないな)

タイミングがシビアなファームウェアですよ。
それがわかっているのか、と聞きたい。

その昔、某大手ソフトメーカーが、携帯電話にJAVA-VMを乗せようとして、「いや、さくさく動いてますよ(PCでは)」との触れ込みだったのだが、いざ乗せてみたら起動に90秒くらいかかるふざけた代物で、しかも「こんなハードでは無理です」と言って逃げようとしたのを、マネージメントの戦いで逃がさなかったことがある。
(そのソフトメーカーは、それから徹夜の連続だったらしい)

いやぁ、ほんとに心配ですよ。

電源ボタンで問い合わせ

Macでは、起動中に電源ボタンを押すと、

Down

おなじみのこの画面が出てくる。


が、Windowsマシンでは機種によりけりで、こんなことをしなければ、出ないらしい。

というか、出来るならはじめからその設定にしておけばいいのに、と思うのだが、思想の違いか。

電源を切るときの理想のかたちは、即シャットダウンだと思うが、PCを初め最近の機器は、色々覚えておくことが多いので、シャットダウンに時間がかかる。

携帯電話だって、シャットダウンアニメなんかで、電源OFFにかかる時間をごまかしているからな。

手に汗握る

かなり快適な速度で稼働するMacbook。

文字入力がスムーズになるだけで、ずいぶんストレスがなくなるものだ。

ただその代償として、キーボード打ちで手に汗握る程度に熱い。

とても膝の上に乗せて使えそうにない温度だ。

で、CoreDuoTempという、CPU温度を測定するユーティリティを入れてみた。


Temp1

通常ではこれくらい。


iTunesでストリーミングを聞きながら、文章を書く。
SafariやEntourageを動かしながらだ。

これは、例えバッテリ駆動にしても、あまり状況は変わらない。

で、初代PowerBookG4時代から愛用している、冷却台にスイッチを久しぶりに入れてみた。

Temp2

少し下がった。

体感的にあまりかわらない気がする・・・。
冷却台から風が流れてきて、気持ちいいかな〜程度だ。

MacBook Proのようにアルミならまた違うのかもしれないが、この熱さはスピードの代償ということで納得するしかない。

冬なら暖かく(猫が乗るくらいに)過ごせそうだけどね。

やめることはないだろう

いくらメンバーがハメを外したところで、解散することはないだろう。

と、思うのはやはり甘い考えなのか?

なんとなくネットを覗いたら、ちょっとびっくりする記事だったので、急遽掲載。

正直、欽ちゃんは好きなんだよね。
欽ドンとかにもハガキ出したことあるし、下品じゃない笑いがいい。

最近はあんまり面白くないなぁ、と思っていたけど、自分の感覚が違ってきているせいかも、とも思っていた。

野球やるって聞いてイメージがわかなかったけど、色物にならないところでうまくショーアップされていて、けっこう盛り上がっていたんじゃないかな。

なのに・・・。

考え方は色々あるだろうけど、部員の不祥事は全員の責任として、きっぱり解散する。

もっと大変な不祥事を出しているにも関わらず、なんとか責任を逃れようとする風景が多い今。
責任の取り方という意味で、ショックをうけました。

ベンチマーク

カテゴリがMacになるのか、パソコンになるのか悩むところだが、いまさらMacBookのベンチマーク。

ただのベンチマークではなく、BootCampを入れてのWindowsベンチマークだ。

以前、何かで「Mac miniはCPUだけ速い」という記事を読んだことがあり、構成が似たようなMacBookであれば、同じような結果になるのではないかとの推測。

で、今仕事に使っているDellと比較をしてみることにした。

使うベンチマークアプリは、HDBENCH

早速測ってみる。

Benchi_1
Pentium4 3Ghz 1G-RAM Windows2000 SP4 (画像拡大可能)


Ws000001
MacBook 2Ghz x 2 2G-RAM BootCampβ+WindowsXP Home SP2 (画像拡大可能)


ご覧の通り、やはりCPUだけ異常に速い。

あとの項目は、ほとんどDellに負けているところを見ると、足回りは弱いがエンジンはべらぼうに強いというわけ。

なんだが、ホンダV6ターボを積んだけど、シャシーがダメダメだったLotus100Tのようなマシンだな。

とはいえ、圧倒的なCPUの速さで、突き進んでいくのは気持ちがいい。
体感速度ではMacBookの方がDellより速いので、CPUが速いって言うのは、重要なことなんだなと改めて認識。

また何か測ってみようかな。

遅いホンダ

このところ、F1でのホンダの遅さは見ていてイライラする。

しかも信頼性も低く、昨日のフランスGPでは2台ともリタイヤ。
遅くてしかも壊れやすいなんて、話にもならない。

うっかりしていると、新車投入で2秒は速くなるというSUPER-AGURIに抜かれそうな勢いだ。

特に気になるのはまんべんなく遅い点。

例えばコーナーが遅くとも、ストレートが速いなどのように特徴があれば、「ああ、エンジンは速いんだな」と思うが、これだけもたもたしていると・・・。
まぁ、トラクションがかからないので、ストレートも延びないのかもしれないが、もうちょっとやりようがあるだろうに。

うまくタイヤを溶かすことができない=温度が上げられないタイヤに優しい車なのかもしれないが、タイヤ交換が禁止されていた昨年ならともかく、今年はは思いっきりタイヤをこじる必要があるのにそれができない。
足回りが不器用なのか?

よそのチームにクレームを付けるより、まず自分たちを改善しなきゃ。

ミニバンばっかり作って、「速い車」の作り方を忘れてしまったんじゃないの?
「スポーツカーは売れない」って、安易にミニバンに逃げてたら、数年後にはF1どころの騒ぎじゃぁなくなってるよ。

超個人的なMacBookファーストインプレッション

というわけで、我が家にやって来たMacBook黒。

「黒いMac」っていうだけで、なんだかわくわくしてくる。
このわくわく感が、Mac独特なんだよね。

で、改めて家で見るてかてか液晶は、思ったより反射が気にならない。むしろ色がはっきりしていていい感じ。
キーボードも打ちやすいし、違和感はまったくない。

液晶サイズは小さいが、解像度はPowerBookG4-1Ghzに比べ、ちょっと少ない程度。
それでもやはり大きさを比べれば、小さいなと思う。
まあ、仕事では外部モニタに繋げようと考えた上での、MacBook選択なので問題ない。

早いうちの方が良いだろうと思い、BootCampからXP-Homeをインストール。
Windowsってインストールの最中に色々聞いてくるのがうざったい。放っておくこことが出来ないのが困りものだ。
インストール自体は、途中キーボードの選択でちょっと戸惑ったものの、あっさりと終了。
普通に売っているWindowsマシンに、Windowsをインストールするレベルと変わらないと感じた。

これでデュアルブートマシンが完成したと言うわけだが、あまりのあっけなさに感動を覚えた。

これは面白いマシンだ。

遊びにも使えるし、もちろん仕事にも使える。
そしてなにより速い。

うん、わくわく感が増幅して来たよ。

Welcome!! MacBookKuro

気温は朝から30度を越え、昼過ぎには早くも夕立が降り出した、そんなけだるい休日。

「昼からビールでも飲んじゃおうかなぁ」と企んでいたそんな時、家電のベルが鳴った。

「もしもし、TKさんですか。お待たせしました、ご注文のMacBookが届きました。」
「・・・・・・・・すぐ、取りに行きます」

うひょーーー。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノー
踊りだすオレ。

電話を切って、雷雨の中即出発。
ワイパーを最大にしても間に合わない豪雨の中、セナ並のテクニックを駆使してPLUSYUに到着。

雨なんで気にせず路駐し(近隣の皆様ごめんなさい)、凄い勢いで店内へ。

「あ、あの、TKですけど」
なぜかどもるオレ。
「あ、えーとちょっと待ってください・・・・。はいありました。今メモり付けますね」
・・・早く来すぎたらしい。

しばし雑談を・・・
「それにしても随分掛かりましたね」
「そうですねぇ。ぜんぜん入ってこないんですよね。やっぱり黒が一番人気なんで」
まんまとアップルの策にハマっている。
「その次は白の下位モデル。家電量販店さんが、売りまくってますからね」
なるほど、同じMacBookでも、ユーザ層が全然違いそうだ。

そんなこんなで、メモリも付け終わり、見事に私の手の中に収まった(収まってないけど)MacBook。

雨も小振りになり、プロスト並みのドライビングで帰路についた。

・・・・あ、ぜんぜんMacBookの中身に触れてないや。
今、データを移行中です。

色々なネタはまた後日。

チープな手段

何か考えをまとめるとき、私は紙とペンで手書きしている。

Mac上でもいろいろなツールがあるが、考えを素早く出力することができるのは、いまのところペンだけだ。

Macにタブレットでもつないで、ごりごりと手書きをすれば、だいぶ感覚が違うのかもしれないが、電車の中とかランチタイムとか、おいそれと持ち歩けるものではない。

以前はPalmがその役割に近づいたが、紙の手帳とPalmをうまく融合することができずに、電池切れになってしまった。

まあ、Palmも善し悪しで、graffitiという入力方法はとても快適だが、それに慣れてしまうと、普段も「A」を「^」とか「4」を「L」と書いてしまったりして困ったり。

結局原始的な方法が一番なのかな。

ただ、出力スピードを優先するあまり、曖昧な漢字は曖昧なまま、もしくはひらがなで書いてしまう。

字も明らかに汚くなっているし、きれいに書こうと思っても手が思い通りに動いてくれない。
いや、手の動かし方を忘れているっぽい。

これはまずいな。

少し落ち着いて字を書く練習をしないとなぁ。
手が思い通りに動かせないのは、致命的だぞ。

復活と愚痴

おう、ココログ復活。

驚くべきことに、予定通りメンテが終了した。
その後の動作もなかなか快適であり、策がそれなりに当たっているのがわかる。

やればできるじゃん。

まあ、夜になったらどうなるかわからないが、一安心というところか。

さて私の方も、毎日午前様だ(別に飲んでいる訳ではない)。

開発が忙しいこともあるが、それ以外にいろいろ雑用が多くてかなわない。

開発用のマシンは、当然ながらWindowsなので、その環境が変化する時には、事前に検証が必要。
今までろくにアップデートしてこなかったので、そのしっぺ返し?が来た。

そりゃね、「Windows2000 + office2000 + VC6」で開発をやってきたわけで、それをいきなり「vista + office2007 + VC++ .net」の環境に移行しようってんだから大変だ。

PCのリースの都合があるのはわかるけど、「vista + office2007」が出たらすぐ移行しようってのは、無謀だと思うんだよなぁ。

また合う日まで

いよいよ、本日14:00からココログのマラソンメンテが開始される。

はたしてこれで状況が改善するのだろうか?
それともこのブログ共々おさらばなのだろうか?

いやぁ、楽しみだなあ(他人事)。

既に、昼間でもレスポンスが悪化しており、後がない状況。

そんなタイミングでのメンテなので、まあ、計画としては悪くないのかな。

さて、13日に無事に復活できるのでしょうか?

結構歩いてる

これで手に入れた万歩計。

カチャカチャ音を立てて歩いているが、一日平均7000歩位というところ。

客先など歩き回っている日は、余裕で1万歩を越えているから、ソフト屋さんとしては結構歩いている方ではないだろうか?

それだけ歩いても、ちっともやせないところをみると、まだまだ消費カロリーが少ないということか。
それとも摂取カロリーが多いのか・・・。

いや、20代のころに比べて、食べる量むちゃくちゃ減ってるんだけどなぁ。

さらに学生の頃と比べたら、半分以下。

朝からどんぶり飯食ってたもんな(それはどうなんだ?)。

そんなことを考えながら、今日もカチャカチャ歩いてます。

更新30分

うっかりしていると、ものすごくビジーになっているこのココログ。

夜の更新はもちろん、休日など更新したいときにまったくできない状況だ。

現に昨日ものんびりしていたら、22時くらいになってしまい、全く接続できない状況。

今日も事前にエントリを書いて、コピーするだけで良い状態にしたにも関わらず、およそ30分

気がつくと火曜日からは、なんと2日間のメンテが実施される。
これはもはやメンテの域をこえて、新規構築状態だ。

ココログだけでなく、so-netブログも重く、度重なるメンテでも改善されず、利用者からはブーイングの嵐。

これで金取ってんの?
言葉は悪いが詐欺以外の何者でもない。
まったく、ネットの常識は世間の非常識とはよく言ったものだ。

思うに、サービス開始時の見積もりに大きな間違いがあったのだろう。(そもそも、見積もったのかもあやしいが)
さらに途中で修正、検討することなくここまできたのではないだろうか?

あくまで私の推測にすぎないが、どうもこういったWebサービスは、新規サービス導入を急ぐあまり、十分な設計、負荷テストが行われていない気がする。

「?日で新規サイト立ち上げ」と、スピードを売りにした宣伝もあるが、はたして長い目で見たときの品質はどうなのだろうか?

「何かあれば、その都度対応すりゃいい」という台詞を、Web屋?から聞いたことがある。
だが、そんな考えではだれも幸せになんかならない。
発注元も、そのWeb屋も、そして肝心のユーザも、だ。

ココログもこの大メンテで、きっちりと普通のサービスを提供するよう、全力を尽くしてもらいたい。
NIFTY-Serveからのユーザを、あんまりがっかりさせないでくれよ。

延びた

ついさっき気がついたのだが、アップルストアにて、MacBook白の出荷予定日が 「6-8 営業日」になっている。

黒が 1-3 営業日であるのに対して、明らかに長い。

数日前までは、1.83モデルが24時間以内であったことを考えると、やはり「変色問題」に対して、なんらかの対策を行っているものと、勝手に想像する。

それにしてもこの変色問題。少し使い込みすれば分かりそうなものだが、とりあえずリリースしちゃえ的な、いかにもアップルらしいやり方だ。

だが、「本体が変色する」というのは、明らかにただ事ではない問題。

製造工程に問題があったのなら、検査をより厳しくすることでフォローできるだろうが、設計的な問題だと・・・?

Cubeの二の舞にならなければ良いのだが。

これも時事ネタ?

いやー、実は最近良く食べてるんですよ。
男前豆腐

ヤッコとかあんまり家じゃあ食べなかったんだけど、このシリーズはうまいねぇ。

・・・なんてことを近々書こうかと思っていたら、書類送検されちゃってんの。

工場の裏っかわで焼却していたらしいけど、大豆の皮125kgってのも凄いね。

それくらいになれば、「産業廃棄物」なんだな。

ちょっと面白いなと思ってみたり。

優先度

やはり今日の話題と言えば、ミサイルだろう。
いつ撃つかと思っていたが、こんなに連発するとは何を考えているのか。

実はこの情報。最初に知ったのは、英語学習の為に見ているCNNニュースであった。

朝起きて、テレビのスイッチを入れた時は、日本の某民放にチャンネルが合っていた。
だが、そこでは通常の番組内容で(少なくともその時は)、芸能やワールドカップ情報を放送していた。

そんな状況だったので、おもむろにCNNに切り替えたとたん、日本海をはさんで日本と朝鮮半島の地図が画面に表示され、緊張感のあるキャスターがなにやら喋っているの見て、えらく驚いた。

慌ててNHKにしてみると、確かにミサイル発射とのこと。

でも他の民放は相変わらず芸能ニュース。

さらには、CNNでは4発とレポートしているのに、NHKでは3発。
しばらく経ってから4発目とレポート。

おいおい日本はどうなっているの?

確かに情報はアメリカからもらっているから、タイムラグは仕方がないと思うけど、一視聴者が日本のテレビより早く情報が手に入るようでは困る。

それから民放。
スポンサーの問題があるのだろうけど、平和があってのエンタメだろう。

もうちょっとなんとかなりませんかね。

FMブロードキャスト

その昔、プログラムがカセットテープに記憶されていたころ。
FMラジオでプログラムを送信した番組が、あったような記憶がある。

ラジオを聞いていると、「ピーガー」ってのが流れて来ると言うわけ。

何も知らない人が聞いたら、新手のノイズかと思ってしまうかも知れない。

TVでも、「パソコンサンデー」で同じ試みをしたようだが、田舎者の私は見たことがないのだ。

速度は遅くとも、ある意味ブロードキャストなわけで、テキスト程度あればこれで十分かもしれない。

ローカルなミニFM局で、テキスト情報を配信する。RSSならもっと有効活用できそうだ。

ちょっと面白かもと思ったり。

応援したい

なかなか私のMac book が来ない。

実は今回アップルストアや家電量販店ではなく、「PLUSYU」というリアルストアで注文した。

特段に家に近いというわけではないが、アップルストアへ行くよりは遥かに近いし、なによりこんな(失礼!)小規模なMac専門店が生き残っていることが嬉しい。

値段だって、2Gメモリを3万円でやってくれるし、リーズナブルだと思う。
(そもそも、アップルストア(オンライン)の2Gメモリを6万円がぼったくりだろうけど)

そんな小さなお店の弱点は、アップルからの入荷が細いということ。

そりゃ直営を優先したいのは分かるけどさ、1週間に1台も黒を納品しないなんて、ひどすぎるんじゃないの?
アップルさん。

だから、待たされるのは嫌だけど、このお店は悪くないし、逆に応援したくなる。

というわけで、右上に応援リンクを貼りました。

在庫が無い時は私みたいに待たされるけど、そうでない時は利用を考えても良いかと思いますよ。

それにリアルストアに行くと、私がいたりするかも知れませんしね・・・。

忘れたころの株主優待

赤字続きの株式運用であるが、株主優待が送られてくる時期となった。

で、その中でも豪華だったのがバンダイナムコホールディングス

1株12円の配当のほか、こども商品券1,000円分、さらには今日キャラクターフォトスタンドが届いた。
フォトスタンドは統合記念のようだが、それにしても大盤振る舞いで、逆に大丈夫かと心配になる。

早速こども商品券とフォトスタンドは、友人の出産祝いとして贈らせてもらったが、こうやってインカムゲインを楽しむのも、株式運用の醍醐味だなあと思ってみたり。

歩け歩け

突然であるがこの私、かなりの幅広、甲高の足をしているので、最近のスリムなシューズ群のなかで選ぶのは、なかなか大変な状況になってきている。

で、そんな相変わらずの苦労をして、今回アシックスのHADASHIWALKERってヤツを購入した。

足に合うのは当然として、選択したポイントとしてはその軽さ。

靴が重くて歩くのが嫌になるんじゃ意味が無い。

ちなみに、キャンペーン中だったので万歩計を頂いた。

万歩計・・・。私が万歩計を手にしたのは「ポケットピカチュウ」以来だな。

一時期減った体重が、最近また増えて来て、「やばいなぁ」と思っていたところ。
良いきっかけなので、歩く量を増やしてみたいと思う。

ちなみに、現体重は82kg。

重いっすよ。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ