« ちょっと変なの | トップページ | 宇宙 »

OSを作るのは簡単だ

その昔、新入社員研修の一番最後に、OSを作らせたことがあった。

今思えばずいぶん余裕があった時代の話である。

言うまでもなく、OS=オペレーティングシステムのことであるが、では新入社員がWindowsやMacOSを作ったというのか?

いやいや、これも言うまでもないことだが、そんなことは無理である。

ここで言うOSとは、「狭義のOS」のことである。

情報処理の試験に出てくるようなお話であるが、OSには「広義のOS」と「狭義のOS」があり、おおざっぱに言うと「広義のOS」がWindowsやMacOSで、さらにコアのタスク管理やデータ管理を行うのが「狭義のOS」となる。

これを研修で行うことにより、コンピュータの世界をより深く理解できるようにはなる。
なるのだが、理解できない人も多く、脱落者が多いためここ数年は行っていない。

じっくり育てる時間がないことが問題なのだが、専門学校ではなく、会社であるのでさすがに難しい。
ただそうやって、基本を理解できていないエンジニアを増やしているなぁ、と思うことはあるのだが。

« ちょっと変なの | トップページ | 宇宙 »

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

 昔、MSXのBIOSを読み解く・・・って記事を読みかけたことがありますが、そんな感じでしょうか?

 MSXの場合はOSじゃないか・・・ただ、ブートプログラムとか、その辺から入っていくんですか?


 なんか興味あるな〜

MSXのBIOSは良いですねぇ。いろんな拡張機能がカセット一つで実現できましたから。
あれに比べると、今のPCは退化してます。

で、OSですが、確かにブート部から意識しますね。
これを勉強することで、自分が組んだプログラムが、どこから呼ばれてどこへ出力されるのか、をよく理解できるようになるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/11118809

この記事へのトラックバック一覧です: OSを作るのは簡単だ:

« ちょっと変なの | トップページ | 宇宙 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ