« あなたが作ったわけじゃない | トップページ | ゆるい話 »

例外処理を設計する

経験上、ほとんどのエンジニアが「例外処理」を考えるのが苦手だ。

データベースが破損したり、メモリが枯渇した場合にどう動くのか?

システム設計ポリシーみたいのがあれば、基本的にはそれに沿えば良いだろう。
だが、それでもケースバイケースは存在する。

ソフトウェアなのだから、指示した通りにしか動かない。
だから、異常時の振る舞いをきちんと設計できなければ、真のエンジニアとは言えないのではないだろうか。

それでも、経験数年のベテランでさえ、関数の戻り値を見ないコーディングをする。
メモリがなくなった後を考えず、再起動さえ出来なくなるような設計をする。

ソフトウェアの共通化が進む中、異常時の振る舞いだけは各システムばらばらなはず。
きちんと例外処理を設計できるエンジニアは、これからますます重宝されるだろう。

« あなたが作ったわけじゃない | トップページ | ゆるい話 »

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/12822957

この記事へのトラックバック一覧です: 例外処理を設計する:

« あなたが作ったわけじゃない | トップページ | ゆるい話 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ