« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ぴくぴく

花粉症のせいか、疲れ目のせいか、下瞼が朝からぴくぴくする。

特に、デバッガでメモリダンプなんかを、じーっと見てると酷い。


こんな日は、早く帰って休みたいところだが、そもそも、ぴくぴくするまで働かなきゃいかんということは、早く帰れる余裕が無いと言う事でもある。

せめて、もう少しデバッガの調子が良ければなぁ・・・。

どこかのメモリをぶっ壊しているのか、10分くらい動かすと、Windowsもろとも応答無しになるんだよな。

もうちょっと、根性のあるデバッガが欲しいと思ってみたりする。

入れました

2度目のチャレンジで、無事mixi入会完了。
聞いていた通り、プロバイダのメアドなら、携帯メアドは必要なかった。

.macだったらどうなのかな?
一応あれも有料だけど、お金の問題じゃ無いのかな?

さて、少し触れてみた感想を。

第一印象としては、NIFTY-SERVEがもっとでかくなって、ビジュアルになったもの、と思った。
それでも、規模が大きいと言うことは凄いことで、いくつか参加してみたいコミニュティも見つけた。

あ、エッチ系も結構あるのね(笑)。

ホントに30分もログインしていないので、「これぞmixi!」というのは、まだ見つけていない。
ぼちぼち、世界を覗ければと思う。

それにしても、いつ「βバージョン」から正式版になるんでしょうね?

営業電話

なぜか仕事中にかかってくる営業電話。

商品先物とか、不動産(マンションなんか多いね)などが主だけど、相手の職場に営業電話をかけてくる、その神経が分らない。

向こうはそれが仕事なのだろうが、こっちは別な仕事をしているわけで、そんなのを相手にしているヒマはないし、仕事中に私用電話ということで、注意を受ける可能性もある。

大抵は、
「必要ない」
と言えば、引っ込んでくれるのだが、なかなか電話を切らないヤツもいて、イライラさせてくれる。

「私はそんな営業の為に、個人情報を教えた覚えはない。すぐに削除し、使わないようにしてくれ。」
と言っても、
「そんな権限は、私には無い」
と言うヤツもいて、いやいや個人情報保護法では権限はオレにあるんだよ。

頭に来て、その会社のホームページを見てみたら、なんとプライバシーマークがあったりしてびっくり。

やっぱりISOは意味が無いよ。

確かに書いてないけど・・・

新しいコンパイラを用意した時のこと。

せっせと構築マニュアルを作成し、みんなにバラまいてみた。

「何かあったら連絡してくれ。マニュアルを直すから」

しばらくして、経験3年のヤツから問い合わせが。
「すみません、マニュアル通りにやったんですが、「Permission denied」が出ます」

ん?
出力先が書き込み禁止では?

と、伝えたら、
「できました!」
と喜びの連絡が。

うーーん。
「コンパイル結果の出力先は、書き込み可能にしておくこと」
という一文を、マニュアルに追記すべきか否か、4日経っても悩み中。

早く言ってよ

親切なやぎさんから、mixiのお誘いが来た。

「この恩は一生忘れないよ」
と、二晩寝れば忘れてしまう誓いを胸に秘め、わくわくしながら登録画面に行くと・・・。

Boon

おい!
ふざんけんな、safari!(笑)

いちいちハードルが高いなぁ、mixi。

気を取り直して、もう一度アクセスしてみると、今度は繋がりました新規登録画面。
一つ一つ項目を埋めて行くと、「必須項目」に携帯メールアドレスが・・・。

え?
mixi登録に携帯メルアドが必要なの?

そんな話は聞いた事がなかったのだが、mixiの新規登録時に携帯メールアドレスが必須にだって。

おい!
教えてくれよ、mixi!

タイミングがいい時に、入会しようとしてんなぁ、オレ。
しかし携帯が必要とは、凄い世の中になったもんだ。

しゃーない。WILLCOMのアドレスでも登録するか。

「WILLCOMのメールアドレスは現在ご利用になれません。 近日対応予定です。」

・・・
疲れたよ、パト○ッシュ・・・。


うーん。
セキュリティ?を考えての制限なんだろうけど、他にやりようがあるだろうに。
しかもWILLCOMダメだし(これが一番ムカついた(笑))。


ちょっと調べてみたら、プロバイダのメアドなら携帯は、いらないみたい。
一応ニフティのはあるんだが・・・

もう一回誘ってくれませんかね?
やぎさん(笑)。

変化、変化

能登沖の地震は、今でも頻繁に余震があるようで心配だ。
自分も宮城県沖地震を経験したことがあるが、普通の地震と違い、地鳴りが先に来るのだから恐ろしい。
「次は関東か?」
と構えているけど、比較的平穏。それが怖いのだけれど。

さて、その地震情報を見る為のチャンネルはNHK。
夕方時間があったので、地震関係のニュースでも見ようかと思い、テレビを点けたらNHKなので、朝青龍ー千代大海戦だった。
なんでも白鵬は先に勝っており、朝青龍の結果次第で優勝とのこと。

「おお、こりゃ面白そうだ」
と、見始めた私を襲ったのは、変化、変化の嵐。

うーーーん。
勝負だから、勝てば良いんだけど・・・。

ま、あのまま行ってたら、朝青龍が勝っていただろうけど、以前こんなことを書いたので、なんとも不思議な結末に苦笑い。

入れないヤツのひがみ

実は私、mixiって使ったことないんですよ。
だって紹介してくれる人がいないから(笑)。

「寂しいヤツ」
って思います?

誰かに頼んで紹介してもらおうかなぁ・・・。
メイド喫茶と並んで、一回は経験したいことなんでね。


mixiに限らないけど、ソーシャルネットワークって、田舎のコミニュティみたいな感じがする。
話を聞いた限りだけど。

近所親戚付き合いが面倒で、わざわざ田舎から出てきたのに、なんでまた?という疑問が。

個人的にはネタなんじゃないかと思っている、「mixi読み逃げ」ってダメなの?、が本当の話であれば、ますますやってられない。

「mixi疲れ」
なんて言葉もあるけど、猿のオナニーじゃないんだから、疲れる前に自分でコントロールすれば良いのに。

こんなんだから、誰からも誘ってくれないんだな。

エミュレータを利用した、プログラム学習

将来を担う子供達に、プログラミングに興味を持ってもらうにはどうしたら良いか?

その取っ掛かりとして、現状一番ハードルが低いのが、MSXなどのエミュレータを使う事だと思う。


開発ツールをインストールするより、ずっと手軽に環境が整うし、なによりダイレクトに「PRINT 5+3」なんて出来た方が、即結果が出てきて子供達には良いと思う。

総合学習などの時間に、一度プログラム実践なんかをやってみると、一人二人くらいは、プログラミングに興味を持つ子がいるんじゃないかな?

たとえ興味は持ってもらえなくとも、どうやってソフトが動いているのか?
知ってもらえるだけも十分だ。

興味ありありの子なら、そのままMSX環境でBASICで組んでみれば良い。

「いまさらBASICなんて教えたら、将来困るんじゃない?」
なんて意見もあるだろうが、まずは「面白い」と思ってもらえて、楽しむ事が重要じゃないかと思う。

打ち込んだら「RUN」をして、動くところまで動かしてみる。
「Syntax Error」が出たら、その行を修正してみる。

そんなプロセスを経験することが、大事なんじゃないかと思う。


もし、大勢の子に興味を持ってもらえたら、プログラムを投稿してもらって、コンテストなんかも出来るかも。
私が、「ベーマガ」で育ったような環境が出来るといいなぁ。

SCCでGO

最近のお気に入りは、YouTubeでなつかしゲームを見る事。
特にMSX系は、自分が持っていたこともあって、良い動画なら結構見入ってしまう。

その中でも、やはりSCCの音に魅了された者としては、コナミのMSXゲームにはハマる。

コナミに関しては、当時「コナミ工業」という社名の通り、マシンの限界を、専用ハード追加で乗り越える手法が良く採られていた。

もちろんハードに頼るだけでなく、それを動かすソフトもすばらしく、常にハードの限界を攻めた(と感じさせる)ゲーム群には、ゲームの面白さに加え、ソフトを作る者としての基本を教えてもらったと、勝手に思っている。

で、やっぱりSCC。

この音を生で聞いた時、MSXを選択した自分の目に間違いは無かったと、自身が確信に変わったことを覚えている(ような気がする(笑))。


ほんとはグラディウス2を探していたのだが、SCC版のグラディウスを見つけちゃったりして。
http://www.youtube.com/watch?v=o1ZRc6r4BzQ

良いアレンジだなぁ・・・。


単色スプライトが横に4個並ぶと消えちゃうし、横8ドット中2色しか使えないし、そもそもCPUは4Mhzだけど、全然関係ないんだよね、面白さには。

鼻歌検索

ふとした時に、口ずさんでいるメロディ。
自転車を飛ばしながらの鼻歌。
正確なタイトルも分らないけど、気に入っている曲。

そんな曲を、気軽に検索出来るサービスが、鼻歌検索の「midomi」。

鼻歌から楽譜にしてくれるヤツもあった気がするし、技術的には結構実用できるんだな。
そのうちGoogleに買収されて、「Google音楽検索」なんてサービスになったりしてね。

今でも、日本の歌も検索出来るようだが、うーん。JASRACがすっ飛んできそうだなぁ。

情報の共有

大きなプロジェクトになると、みんな横並びでスタートするなんてことは不可能だ。
当然、途中からジョインする人が出てくるわけで、頭を悩ませるのが、どうやってキャッチアップしてもらうか?、だ。

これに関しては、自分なりに答えは出ている。

プロジェクトのポータルサイトを用意し、とにかくいろんな事を、そこに集めるようにしておけば良い。

以前は、メーリングリストで情報を流していたが、途中からの仲間入りだと、始めのメール内容がわからない。
実際、始めのメールに、重要なことが書かれている事が多く、当然過去のメールも受信出来るのだが、なにしろ検索も出来ないし、面倒である。

ポータルサイトであれば、検索も可能だし、ディスカッションもジャンル別に出来るので、結構便利。
機能によっては、閲覧した人を確認出来たりするので、情報発信者も安心だ。

と、次のプロジェクトもそうなるんだろうなぁと思っていたら、なんとメーリングリストに逆戻り。
しかも私が途中からなので、さっぱりわけがわからない。

ちょっと、「プロジェクト」って言う体制じゃないなぁ。

一回組み込んでみたかったので

2007年のF1も開幕したので、今までやってみたかったことを・・・。





YouTubeを組み込んでみる。

すげぇなぁ。
ガチャピン・・・。

docx ビューワへの道 -3-

最近、「docx」で迷い込まれる方が多いので、さらに書いてみる。

実際に参考になる説明は、もちろんマイクロソフトのサイトでも良いが、

・「docx」ー http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20060929/249462/
・「xlsx」ー http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20060629/242158/

が良さそうである。


私の、亀よりも遅い進捗の「docxビューワ」であるが、「HetimaUnZip.framework」とXMLの扱いを、サンプルなどを見ながら製作中。

docxファイルをHetimaUnZip.frameworkを利用して読み込んで、document.xmlのテキスト部だけを抜き出して表示する。

とりあえず、そんなところが初期目標である。


無理矢理時間作ってやってるぜ。

ムズムズ

「あーー、経験あるなぁ。」

たくさんのフィードの中から、引っかかった「男性の局部用鎮痒剤」という文字。

その名も、「ムズメン」。

私も一時期、股間のかゆみに悩まされた事があった。
場所が場所だけに、医者にも行きづらいし、市販の薬も怖くて塗れないしで、さてどうしようと思ったが、最後には皮膚科のお世話になったなぁ。

そうそう、皮膚科の先生は、爆笑問題の田中に似てたっけ。

今度かゆくなったら試してみようかな。ムズメン。

個人的には、「痛み」より「かゆみ」の方がつらいからなぁ。

予報は雨

なんだか、トントン拍子に事が進んでいる、中嶋一貴のF1参戦。

予定通りフリー走行に出ると言う事で、明日にはグランプリデビューとなる。

いやぁ、タイミングモニターに「NAKAJIMA」と表示された瞬間、泣くだろうな。オレ。
しかも仕事中に(笑)。

でも、雨の予報らしい(泣)。

昨年11月の、トヨタモータースポーツフェスティバルで、ウェットコンディションの中、スピンするのを見ちゃったので心配。
走らない可能性もあるしなぁ。

心配、心配。

どいつもこいつも

OneCareがOutlooknのメールを消去してしまうそうだ。

まぁ確かに、完全な対策?
信じられないほど、いい加減な仕事だな。

普通「データが消える」というバグは、損害賠償モノなので、設計からテストまで神経を使う。

以前、故障品として返ってきた、携帯電話の調査をしていた時も、
「亡くなったおじいさんの写真があるので、データは残して欲しい」
という依頼もあり、携帯電話にそれだけ重要な情報が格納されている時代に、あっさりとメールを消してしまう、その仕組みが信じられない。

やっぱりマイクロソフトは信じられない。
Macが一番だぜ。
と思っていたら、リアルに炎上しちゃったりして、油断ならない。

大丈夫か?
オレのMacBook。

責任者出てこい

なぜか、利益を180億水増しした日興コーディアルは上場維持が決定され、50億円水増ししたライブドアは上場廃止。
額が問題ではないのはわかるが、こんなダブルスタンダードな市場では、それ自体信頼が置けない。

あほらしいから、おとなしく銀行にでも預けておくか?


と思ったら、郵貯・年金積立金をライブドア株で運用する不見識
なるほど、確かにこんなリリースを出している。

聞いてびっくり40億を超える損失。

以前にも年金運用に失敗して、かなりの損失を出したというニュースを聞いた覚えがある。
「そんなの、運用なんかしないで、大事に取っておけば良いのに」
と、父親がもっとな感想を言ってたなぁ。

そういえば、父親もライブドア株で損をしてたっけ。

個人で損をするのは勝手だが、それが年金運用だと言うのだからふざけた話。

自分で年金運用するから、今金くれ。


こういった話で浮かんでくるイメージと言えば、死んだような目をしている老人の姿。

なにしろ、自分の進退も判断出来ないのが、責任者なんだから、ある意味当然の結果かな。

やっぱり

もう昨日のうちに書いちゃおうと思っていたんだけど、やっぱり1日だけじゃなーと思っていたら、あっさり2連敗なので、感想を。

八百長疑惑があって、いつもと違う雰囲気の今場所。

横綱があっさり連敗じゃぁ
「ガチンコだと勝てないの?」
なんて話が出てきそうだ。
(現にこうやって書いているし)

まぁ、たまたまなんだろうけど、タイミングが悪い時には、悪い事が重なるからなぁ。

何か、重大なことが起きそうな今場所。

なにしろ「ソフエト」初(勝手に略す)、相撲ネタを書くくらいだからねぇ。

フリーSEの事業形態

TOP:

フリーのソフト屋さんで最近話題なのが、個人事業のままとするか、法人化するかの境目を、どう判断するか?というお話。

一般的に、一定以上の売り上げがあれば、法人の方が節税効果が高いと言われている。

勤務中の会社と、雇用契約ではなく請負契約で受注する「サラリーマン法人」なんて方法も、提案されているくらいだし、株式会社の設立も容易になった。
もっとも、単純な雇用関係の解消、請負契約の締結だけでは、「節税対策では?」と税務署に疑われかねないようであるが。

こちらなどでは、年収800万なら、個人と法人でどちらが得か?、なんてことをシミュレートしているが、法人の方が節税効果が高いとのこと。

では、800万を稼ぐのはどうすれば良いかというと、案件情報を鵜呑みにして、月68万円の案件を12ヶ月こなせば、クリアできる。

なんだかハードルが低いなぁ。

だだし、
「じゃぁオレも、サラリーマン辞めて会社を作ろう」
と、安易に物事を進めるのはマズいだろう。(安易に考えるのは良いけど)

月68万のうち、どれだけ税金や社会保険、通勤費などが必要なのか、きちんと把握してからないでないと、危険だ。
なにしろサラリーマンは、自分の給与明細もろくに見ないからね。

会社が折半で払っていた金額を、全部自分で払わなくちゃいけないのだから、
「こんなはずじゃぁ・・・」
と気がついてももう遅い。

エンジニアとして、自分の業務経歴やスキル等は把握しているだろうが、自分一人に掛かるコストなど、知らないことが多いのではないだろうか?

フリーでやるということは、そういったことを含めて自分を知っておく必要がある。

事業形態を考えるのは、その次でも遅くはない。


・・・でもね、やっぱり法人の方がかっこいいし、節税効果もあるし・・・。
ということで、この話はgoto TOP;

みんなお人好し

ふと気になって、メールマガジン「まぐまぐ」の、「部数増加ランキング(前回発行時比較)」を見てみる。
http://www.mag2.com/ranking/rankingL.html

すると、増加数が10000部近いものが、多数あることにびっくり。
はたして、部数がそれほど急激に上がるものなのだろうか?、と、上位のメルマガを幾つか見てみたが、どれもこれも情報商材の紹介っぽいもので、内容が充実してるとは言いがたい。

「素人でも成功する」
「不労所得」
「アフィリエイト」
などなど。

こういうのを見るたびに、
「そんなに成功するのなら、あなたがもっとやればいいじゃない」
と思うのだが(実際に言った事もあるが)、
「いやいや、このすばらしい情報を、いろんな人に知って欲しいのだ」
と、殊勝な科白を吐くのだが、多くの人を巻き込まないと、成功出来ないビジネスなんだろうなぁと思う。

ちょっと、内向的なソフト屋さんには、向いてないお話だなぁ。

君もGoogleで働いてみないか?

Google(日本)が普通に求人募集しているのだが・・・。

前に見たNHKの番組では、なにやら良くわからん問題を解かないと、募集サイトまですらたどり着けなかったような。

日本だからかな?


しかし、

・対象となる方 理工系学科学士課程修了または最低3年以上のソフトウェア開発経験

と、凄いギャップがあるんですけど(笑)。


私も応募資格はありそうなので、試しに応募してみようかな?

ブログのネタになりそうだし(笑)

かな入力

ただいまかな入力の練習中。
百人一首をやっているみたいで、結構頭を使う。

なんでそんなことやっているのかだって?

小さい子に教える時、かな入力の方が、覚えやすいんじゃないかと思ってね。

落選

これで企画したプランの落選通知が来た。

あははは。

お金の面が、全くと言っていい程まとまっていなかったので、仕方のないところ。
また、アイデア自体もニッチすぎて、ビジネスになりにくいのだろう。

「あ、こんなの、だれもやって無いじゃん」
というアイデアは、実際のところ、既に誰かが失敗しているから流行っていない。

既にあるもので、いかに自分らしさを出すか?
それを考えた方が良いのだろう。

考えれば、飲食店も雑貨屋さんも、そのお店のカラーを出しているところが生き残る。

さて、ソフト屋さんにとってのカラーって、なんだろうな?

予定は未定

気がついたら、一つ歳がカウントアップされていた。
16進で、0x23歳である(笑)

せっかくなので、0x23歳の目標なんかを書いてみる。

・停滞している「docxビューワ」の開発。
今までは、「どうせそのうち誰かが作るだろ」とだらだらやっていたが、やらないと覚えないので、無理矢理進めてみる。

・ケータイ位置情報で遊ぶ
前からやりたかったんだけど、単純にケータイの位置情報を送信したら、その周りの情報を教えてくれる仕組みを作ってみる。

この2つは、ホントに前からやろうとしていたんだけど、なんだかんだ自分に言い訳して、進めてなかった。
もう少し自分に厳しく、というのがテーマかな。


・「情報」教育
これ凄く興味がある。
だって、単純な情報を鵜呑みにする人の多い事。

大人にこそ、情報を適切に処理する学習が必要だと思う。


・本業
最低優先度(笑)
でもこれが、一番時間を取られるんだろうな。


「私」というCPUは一つしかないのだから、うまくタスクをコントロールして、これらやりたいこと・やらなきゃいけないことをこなして行きたいものだ。


あ、直近の「やらなきゃいけないこと」は、免許の講習。
不良ドライバーなんで(笑)。

問題点は、皆分かっている

ソフト屋さんなら、どなたでも経験があるだろうが、本当にリリース間近の忙しは尋常ではない。
しかし、「これを乗り切れば・・・」との思いもあるので、大変ではあるが短期間ならモチベーションは下がらない。

確かに、
 「こんな思いをするのなら、もっと前から対策をしておくべきだった」
と毎回思うのだが、いざ次の仕事を始めると、
 「どうせ最後は忙しいんだから、今のうちにのんびりしよう」
と、のんびりした前半戦になってしまう。

現実には、設計やコーディング終了時など、客先に「検収」してもらうため、開発の前半戦でもそれなりに緊張感があっても良いはずだが、その時点では「システム」として動いていないので、客先の検収判断が甘いのである。

したがって、まじめなソフト屋さんが、
 「上流工程での品質確保を」
と、多様なケースを想定した設計書を作成したとしても、要求仕様をコピー&ペーストした程度の設計書と、同じ値段をつけられてしまうので、
 「やるだけ損」
と、考えるのは当然だ。

人間、同じ給料をもらうなら、出来るだけ楽をしたいのは当然なことで、だから「働かずに収入を得る」なんて話に飛びつくわけだ。

だが、そんないい加減な話が永遠に続くわけが無い。
個人的はそんな現状に、危機感を抱いているわけだが、周りを話をしてもスルーされてしまう。

言ってもダメなら・・・。

行動で示すしかないな。

夢の中で・・・

仕事中、半分意識を失いながら、こんなことを考えていた。
(ただ単に寝ていただけ)。

・・・

先の見えない世の中だから、子供を作らない?
見えなさ具合なら戦時中や、もっと昔の方が強かったのでは?

それとも、あまりにも平和で、種の保存の本能が働かないのでは?

とすると、宇宙には、人間よりも遥かに進んだ文明は無くて、少しだけ進んだのがたくさんあるだけかもしれない。
なぜなら、争いがなくなると、産めよ増やせよではなくなるので、別に生まなくていいんじゃないか?となる。

生態系だって、たくさん食われる方が、たくさん生むでしょ。

そうやって、安泰な今を過ごすうち、忍び寄る危険に気がつかず、まずいと思ったときには、絶滅の手前なんてことも。

その前に、シムアースよろしく地球が暴れちゃうか。

刺激が無いとボケるというし、すばらしきかな平和ボケ。

・・・。

・・・ん、良く効く花粉症の薬だな。

オールアバウト

どーもー。
初めて組んだプログラムが、『ぴゅう太』の、にほんごベーシックだったりする、インチキソフト屋さんのTKですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

なんだか、昔書いたことがあるような前ふりだな。


ついこの間、自分が運営しているサイトが、『オールアバウト』に掲載されていることに気がついた。

ま、自薦だけどね。

投稿した翌日には見に来てくれて、その次の日には掲載されていたようだ。

自分のやっていることが、少しだけ認められたんだな、と思えて素直にうれしい。
このところ、自分のやっていることが、果たして役にたっているのか、疑問だったからなぁ。

紹介してくれる方も増えてきたし、より役にたつサイトにしないと、と思う。

しかし、もっとアクセスが増えるかと思ったけど、あんまり来ない。

さて、何のサイトか?

気が向いたら探してみてね。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ