« 鼻歌検索 | トップページ | エミュレータを利用した、プログラム学習 »

SCCでGO

最近のお気に入りは、YouTubeでなつかしゲームを見る事。
特にMSX系は、自分が持っていたこともあって、良い動画なら結構見入ってしまう。

その中でも、やはりSCCの音に魅了された者としては、コナミのMSXゲームにはハマる。

コナミに関しては、当時「コナミ工業」という社名の通り、マシンの限界を、専用ハード追加で乗り越える手法が良く採られていた。

もちろんハードに頼るだけでなく、それを動かすソフトもすばらしく、常にハードの限界を攻めた(と感じさせる)ゲーム群には、ゲームの面白さに加え、ソフトを作る者としての基本を教えてもらったと、勝手に思っている。

で、やっぱりSCC。

この音を生で聞いた時、MSXを選択した自分の目に間違いは無かったと、自身が確信に変わったことを覚えている(ような気がする(笑))。


ほんとはグラディウス2を探していたのだが、SCC版のグラディウスを見つけちゃったりして。
http://www.youtube.com/watch?v=o1ZRc6r4BzQ

良いアレンジだなぁ・・・。


単色スプライトが横に4個並ぶと消えちゃうし、横8ドット中2色しか使えないし、そもそもCPUは4Mhzだけど、全然関係ないんだよね、面白さには。

« 鼻歌検索 | トップページ | エミュレータを利用した、プログラム学習 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 コナミのMSXチームはめちゃくちゃすごかったですよね~
 ファミコンのグラディウス、沙羅曼陀なんてカスみたいでしたけど、MSXのゲームからアーケード版に取り込まれた部分もあったような・・・

 とにかくあの時期のコナミが出すMSXのゲームは神業でしたね~MSX2が有るのにMSXで動くようにゲームを出してるあたりは限界に挑戦、不可能を可能に、なんて世界ですね。

 ハードで何でも出来ちゃうのがすごいわけではないんですよね~制限の範囲でどれだけのことが出来るか、う~ん私もがんばらねば。

僕もMSXと一緒に添い寝してしまうくらい、MSXを愛していました。
懐かしいなぁハンドアセンブリしてコラムスもどきを作った日々(笑)

もちろんゲームはコナミ。グラディウス、ツインビーも好きでしたが、
スナッチャーなどもかなり好きでした。アドベンチャーゲームでもハードに挑戦した作りをしていましたよね・・・。

僕の原点、MSX。今はワンチップになってるんですよね?

やっぱり思い入れがありますよね。MSXとその仲間(笑)。
ソフトも良いけど、簡単に拡張出来たハードも凄いと思いますよ。
まさに「プラグ&プレイ」でしたからね。
今みたいに、ドライバをインストールして・・・、なんて回りくどい事しないですからね。

ちょっと思いついた事があるので、MSXの話はまだ続きます・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/14340030

この記事へのトラックバック一覧です: SCCでGO:

« 鼻歌検索 | トップページ | エミュレータを利用した、プログラム学習 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ