« 完成度 | トップページ | 複合機を買った »

規約ぐらい統一できないのか

今までたくさんのプロジェクトを経験してきたが、プロジェクトによって「コーディング規約」が違うのはなぜなのだろうか?

言語によってではなく、プロジェクト単位で。

なので、同じ機能を提供するコードですら、書き直す必要があるのだ。

実際の作業としては置換で終わるのだが、コードに手を加えた以上、動作確認をする必要が出てくるわけで、まったく無駄な作業としか思えない。
また、規約自体も後だしジャンケンで、ある程度組んでから「規約が出来たので、守るように」なんてお達しが出る始末。

ソフトウェアの再利用性を高めようったって、ぜんぜん再利用できないじゃん。

もう少しお互い歩み寄って、せめて同じ会社内なら同じ規約を適用してほしい。
本来なら、世界統一規約になっても良いと思うのだけど。

« 完成度 | トップページ | 複合機を買った »

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/16584016

この記事へのトラックバック一覧です: 規約ぐらい統一できないのか:

« 完成度 | トップページ | 複合機を買った »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ