« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

誕生日

2月29日の朝を迎えました。
今のところ、何事もなく済んでいるようです。

え?
何が?

いや、うるう年なんでね。オバカなシステムがダウンすることがあるんじゃないかと。

まぁさすがにそんなミスはおこらないとは思うが、私が開発に加わっていれば、確実にその問題は防げる。

・・・今日が誕生日だからさ。
自分の誕生日のせいで不具合なんて悲しいからね。

申告してる?

世は確定申告の季節。
私も税理士による無料相談に参加し、お墨付きをもらった書類を出すだけである。
(顧問税理士を雇えるようになりたいものだ・・・)

さて確定申告者は大丈夫かもしれないが、サラリーマンの方が忘れがちなのが、税源移譲による住民税からの住宅ローン控除額の件である。

こちらの説明が、源泉徴収票もありわかりやすいのだが、住宅ローン控除が控除しきれない場合があり、酷いときには実質10万円以上の増税となるのだ。

「なんてご無体な!」
と言っても、欺瞞に満ちたサイバーパンクなお上のやること。

救済措置として、住民税からも控除できるようになるのだが、毎年申請しないとダメなんだな。

というわけで、お住まいの自治体のホームページなどを参考にして、きっちり申告しないとメチャクチャ損でっせ。

物欲とは

MacBook ProとMacBookが同時にアップデート

Airの発売からひと月あまりでの新型トラックパッド搭載とは、このデバイスをノートタイプMacの標準にしようとする意思が感じられる。

しっかしスペックだけを見ると、えらくAirのコストパフォーマンスが悪く見えるなぁ。

私も常駐先に置きっぱなしが可能なら、Proを選んでいたかもしれないが、毎日の通勤には1kgの差はでかい。
結局物欲とは、その人の環境次第で変化するということなんだな。

支援打ち切り?

気がついたら開幕まで1ヶ月を切っているF1。
その最終合同テストがバルセロナで行われている。

ミハエルが走っただの、中嶋が調子よくてなんだか怖いだのと色々あるが、このテストにもスーパーアグリは参加しなかった。

3年目のシーズンとなるスーパーアグリだが、間違いなく状況は一番厳しい。

ホンダの体制発表にもスーパーアグリの名前がなかったというのだから、素直に考えると支援打ち切りということになってしまう。

だが、それでは琢磨を2度捨てることになるし、亜久里や小さなF1チームを応援している世界中のファンを敵に回すことになるだから、それはないだろう・・・。無いと信じたい。

ホンダ本家のマシンも相変わらず遅そうだし、新車より3年目のSA07Bなんてのが案外戦闘力があるかも知れないが、それにしても厳しいなぁ。

気持ちじゃない?

Airを持ち歩いていると、こういった質問をうける。
「かっこいいけど、持ち歩くの重くないですか?」

確かにWinodwsには、もっと軽量のマシンがある。
が、物には物理的な重さだけがあるわけではない。

「ちょっと重いけど、好きだから」

さて、今週もがんばりますか!

Classic

以前使っていたPowerBookG4 -1Ghz- 1をヤフオクに出したところ、予想外に5万円を超える値がついて驚いた。

なんでもOS9が動くマシンは、現在でも比較的需要があるという。
ましてClassic環境ではなく、OS9で起動できるマシンは、さらに好まれるそうだ。

落札者もOS9環境で使いたいとのことだったので、じゃあそちらの動作確認もしとかないと・・・、と思いOS9を立ち上げたのだが、あまりの懐かしさに感激してしまった。

アンチエイリアスがなく、フォントやアイコンが小さい落ち着いた画面。
デスクトップが広大に見える。

「・・・これの何が気に入らなくて、OSXになったんだ?」
しらばらくデスクトップを眺めていて、ふと漏らした言葉。

時が過ぎて、思い出が美化されただけだろうか?

Time Machineにおねがい

ハードディスクぶっ飛びの教訓をふまえ、「Time Machine」を使ってみることにした。
外付けハードディスクはWindows用に使っていた、250GBのがあるのでそれを使う。

と、言ってみたものの、やることはHFS+にフォーマットし直して、Time Machine用に指定するだけ。

これでカリカリとバックアップが始まる。
簡単やね〜。

「これで一安心。250GBもあるから、しばらくは平気だろう。」
と思ったのだが・・・。

次の日の夕方、突如画面に、
「バックアップ用ディスクが一杯になりました」
のようなメッセージが!

見れば確かに空き容量が寂しいことに。

なんでなんで?
差分バックアップのはずだが、一度に40GBくらい増えているぞ?

と数日悩んでみたのだが、結局VMware Fusionで使っているWindowsの仮想ディスクが原因らしい。
確かに全般的に変わりそうだ。

とりあえず仮想ディスクをバックアップ対象から外したのだが、Winもバックアップしときたいなぁ。

ハードディスクが消えました!

Airを手にして、あーでもないこーでもないと楽しんでいる。
だが、遡ること1週間前。とーーーっても不幸な出来ことがあったのだ。

それはMacBook-Kuroのお話。

職場で使っていたMacBookだが、突然動きがカクカクし始めた。

「ったく、しょーがねーなぁ」
と思い、電源長押しでシャットダウン&再起動。
いつものように起動音が鳴り、立ち上がるものと思っていたのだが・・・。

待てども待てどもグレーな画面のまま。
「ヤバいかな・・・」と思い始めたその瞬間、
【?】フォルダ登場!!

Oh!
システムがなくなってるぜ!


家に帰ってCDブートして確認しても、やはりハードディスクが存在しない。

「自衛隊じゃあるまいし、ハードディスク非搭載を先取りしたわけじゃないんだけど・・・」
とつぶやいても無くなったものは帰ってこない。

幸い、ほとんどはバックアップしてしていたので、昔のデータは残っているのだが、それにしても痛い話。

そういえばMacユーザーの間では、昔からこんな言い伝えがあったっけ。
「新しいMacを買おうとすると、今使っているMacが調子悪くなる」

いや、まだまだバリバリ使おうと思っていたんですよ。Kuro君。
機嫌直してくださいな。

【出来ました】Airにwindows

Airにwindowsの続編であるが、結論から言えば
>ディスクイメージにして、そこからインストールできないもんかね?
で出来た。
(スゲーな。俺(笑))

ディスクユーティリティを使い、WindowsインストールCDを選択し「新規イメージ」でイメージフォーマットを「DVD/CDマスター」にすることで、拡張子「cdr」のファイルが出来た。

それを外付けHDDにコピーして、VMware Fusionでそれを選べばOKというわけだ。

外付けHDDを使わなくとも、ネットワーク共有でも行けるのではないかと思うのだが、試していない。
が、わざわざ光学ドライブを買わなくとも良いということがわかったので、まずは一安心である。

Airにwindows

もう真夜中だが、Airのセットアップをやろうと思い情報集め。
気になっていたのはWindowsインストール。

VMware Fusion では、リモートディスク機能を使ったWindowsのインストールが出来ないとのこと。
http://www.act2.com/news/release/?fn=1202461311.xml

ありゃりゃ・・・。

じゃあBootCampで・・・と思ったら、
「MacBook Air:Boot Camp をインストールするには USB 光学式ドライブが必要です」
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=307310

・・・とまぁこんな感じ(笑)。

ち、Jobsの罠にハマっちまったぜ。
外付けドライブ買うしかねーの?
MacBook Air SuperDriveなんてまだ買えねーだろうし・・・。

ディスクイメージにして、そこからインストールできないもんかね?

Wellcome Air

なんともう届いた、「MacBook Air」

P1010002
美しすぎる・・・



P1010004
たれぱんだと大きさの比較



P1010001
やはり美しすぎる・・・。



P1010005
見づらいが、上が本体で下が付属品。



P1010006
本体への映り込みが美しい。



P1010007
光り輝いてます。



P1010008
Airと言えば、この持ち方。



P1010010
改めて、薄さを実感



P1010009
さて、これでどんなことをしようかな?




やっぱり軽くてとにかく美しい。
触るのがホントに申し訳ない気がする。

あの薄さで心配された強度だが、十分な剛性がありたわみもない。
キーボードはMacBookと同じくらいのタッチがあり、私好み。

これを手に入れた幸せ。
使える幸せを実感する。

明日から、またがんばろう。

東京に着きました

ここから振り分けられるらしい・・・


Photo

時限バグ

日付に関するバグって、本当に時限爆弾だ。

公衆電話故障の原因はうるう年
公衆電話が使えない原因がソフトウェア障害で、しかもうるう年に関係しているとのこと。

なぜか、意味も無く謝りたくなってくる(笑)。

私も、日付関係ではたくさんのバグを見て(出して)きた。
中には回収にまで至ったこともある(ケータイにソフトウェア更新の無い時代だからね)。

回収されたケータイのROMを書き換える応援のため、寒い体育館で作業したこともあったっけ。

そんな失敗をノウハウとして生かしているかと言うと、そのままスルーしてたりもして、それじゃいかんなぁと思い出すこと時々。

失敗も財産。

思い出に浸るわけでもないので、まとめてみるのも必要だろうな。

突っ込まずにはいられない

朝っぱらから目に入ったもので・・・。

「えっ?免許証って期限あるの」女性教諭が約11年間無免許運転
・・・。

教員免許も有効期間をつけた方が良いね。

エンジニアの魅力

先週末、客先の担当者と飲みに行く機会があった。

時間も遅く、ほんの一杯のつもりが朝まで・・・という、半ばお約束のコース。
この時期の始発は寒いっす(笑)。

たくさんのお話をさせて頂いたのだが、現場のことをよく知っていて、現在の体制に激しく不満を持っていると語っていた。
常々、私と似た匂いのする人だと思っていたのだが、やっぱりと思いニヤリとする。

「まぁ、プロジェクトもこれだけじゃないし、私ももう少しうまくコントロールしますから、TKさん次もお願いしますよ。」
と、ありがたいお言葉。
考えてみれば、現在契約しているマネージャーの方にもそんなことを言われたっけ。

フリーになったのは、現場の人脈を広げる目的もあるので、少しづつ仕事を頂ける環境が整いつつある・・・のかな?


そんなこんなで、そろそろ始発の時間。

「いくらですか?」
「いやいや。こっちが払いますよ。そのかわり月曜日からまたお願いしますよ(笑)。」
・・・客先の方と飲んでいて、おごられるってどうよ?

とまあソフトが組めるだけで、「えらいえらい」ってほめられたり、タダ飯・タダ酒が頂けるわけだ。
魅力的な仕事だと思わない?

例のブツが・・・

例のブツがやってくる・・・


Photo

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ