« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

テキストからバイナリ

ちょっと必要があって、16進テキストをバイナリに落とすプログラムを作った。
Mac用で。

「HexTextToBin2.zip」をダウンロード

「a143ff60....」てヤツを、バイナリにするだけ。
しかもCとObjctive-Cのチャンポンで酷いものだ。

でも中で使うだけだからね。これでいいのよ。

ゴールデン?

ゴールデンウィークっちゅうても、カレンダーを見てみれば、29日しかお休みじゃない今週。
個人的には別な意味でゴールデンになりそう。

1週間のうちに、3つの企業と打ち合わせ。
種をまく段階だけど、良いお話も人がいないとお流れになるんだよね〜。

う〜ん。
一人じゃぁまかないきれないので、私と同じようなフリーの方いません?
継続的に仕事があるわけじゃないですし、売り飛ばされてどこかへ常駐の可能性もありますが(笑)。

ホンダの顔が見えない

ニックフライのようなたかが雇われ監督に、あそこまで言わせる「ホンダ」という会社が分からない。
1600億円も「申告漏れ」するくらいなら(解釈の違いだろうが)、100億くらいスーパーアグリに食わせてやれという気持ちだ。

それにしてもスーパーアグリに対する態度など、そもそもホンダの第三期F1活動は、わけのわからないことばかり。

ティレルチームの面々を雇いオールホンダでやるかと思ったら、あっさり切り捨て。
さらにはこともあろうにそのティレルを買収したBARと組む。
そしてそんなチームを「ホンダ」にして、失敗しても誰も破産しないまったりしたF1チームを作ったわけだ。

確かにホンダは情だけで動く集団ではない。
第二期だって、スピリットをあっさり切ってウイリアムズへ移ったわけだしね。

亜久里に対しても、「おまえ、いい加減に自分で金集めろよ」と、厳しい態度になるのもわかる。
2007年だって、あんなわけのわからない所をスポンサーにしたあげく、金を払ってもらえずにドロン。
そのたびに泣きつかれてはたまらないだろう。

しかし・・・。

「必要なときに必要なだけ」
というシステムを構築してきたホンダには、もう長期的なビジョン(こんな目的があって、こう進んで行く)があるわけもなく、琢磨を切ってみたものの猛烈な反発により(私はあの当時、琢磨を切るのは当然だと思っていた)亜久里と組む。

そしてほとぼりが冷めた所で・・・。
(ってむしろ逆か?)


免許を取ってからずっとホンダの私だが、スーパーアグリへの対応次第によっては・・・、
ま、ミニバンばかりの会社の車には興味がないのだけどね。

Google Appsと.Mac

Google Appsと.Macを利用して、遊んでいるドメインを有効活用してみる。

遊んでいるドメイン名は「soft-studio.jp」
このブログと同じだね。

このドメインを管理しているのは「ジャパンレジストリ」。
申し込んだときはniftyだったのだが、いつの間にか移管されていた。

ジャパンレジストリではホスティングをしてくれないので、FreeのDNS「everydns.net」を使ってみることにする。

DNSの設定は
ns1.everydns.net
ns2.everydns.net
ns3.everydns.net
ns4.everydns.net
これでeverydns.netを利用することができる。

Webページは.Macを使うことにする。

everydns.netの設定
www.soft-studio.jp CNAME web.mac.com
それと.Mac側の設定も必要。.Macにログインして設定する。

http://www.soft-studio.jp/
独自ドメインなんだけど、.Macの画面だね。

次はメール。

Google Appsってこんなサービスだったんだと昨日知りました(笑)。

everydns.netの設定
soft-studio.jp MX ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
soft-studio.jp MX ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
soft-studio.jp MX ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
soft-studio.jp MX ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM. 10
soft-studio.jp MX ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM. 10
soft-studio.jp MX ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM. 10
soft-studio.jp MX ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM. 10

これでsoft-studio.jp宛にメールが送れる。

なんだかおまじないだらけだね。

プログラマは下流?

なんかね。
あちこちのブログやらmixiやら掲示板やら見てるとね、
「プログラマは下流」
というわけのわからん書き込みを目にするんですよ。

SEにならんと収入が上がらないとか、オフショアに仕事とられて将来失業とか。

確かに工程で言えば下流なんで、そういう意味では下流社会なんだけど、どうも流れてきた設計書をプログラミングするだけという認識しかないみたいなんだよね。

ホントにそれだけしっかりした設計なら、プログラマの単価が安くても仕方が無いと思うけど、
・顧客の要求が落とし込めていない
・間違いだらけの仕様書
・質問を投げても顧客に問い合わせず自分の解釈で回答し、システムテストの段階で顧客に指摘され、「悪いのはプログラマ」と平気で開き直る
そんな連中をフォローする「プログラマ」の評価が低いのは納得できないんだよね。

職を失うのはそんな「エセ上流」の方々じゃないかと思うんだけど。

所変われば

システムハンガリアン記法は時代遅れ?というブログを見て、
「あぁ、そういうことか!」
と激しく納得した。

ちなみに私が理解しているハンガリアン記法とは、変数に型の接頭辞をつけることくらいだけど。
(bReturnとか)
ハンガリアン記法という意識はなかったけど・・・。


で、どうも現場のプログラマと会話が噛み合ないなぁと思ったら、年代の差ではなくて(それもあるんだろうけど)環境の差なのね。

.Netなら確かにそのとおりだけど、組み込みシステムなら、変数の型を変えることには非常にナーバスになるはずで、
>変数の型を変更するたびに名前まで変えないといけない
というのは、全体にどのような影響が出るか確認するために、面倒でも必ずやらなければいけないことだからだねぇ。

そんな組み込みの世界と、なんでもござれの.Netの世界じゃぁ噛み合ないのも仕方がない。


ちなみに、ほとんど組み込みしか経験の私が、VBでコーディングしてみて感じたことは、確かにIntelliSenseは便利だということ。
そしてVCにもあった機能なのに、なぜ今まで使わなかったかと言うと、「使い物にならなかったから」なんだよなぁ。

携帯電話開発でも確かにVisual Studioを使うんだけど、IntelliSenseを更新するのにい5時間かかっても終わらず、しまいにはプロマネから「IntelliSense禁止」指令。
DLL名を変更してIntelliSenseが動かないようにしたくらいだ。

そりゃプロジェクトワークスペース全体が1GBにくらいだもの。
IntelliSenseも固まるって(笑)。
そんなのがよく携帯電話のなかに収まるもんだよね(笑)。


というわけで、所変わればやりかたも変わるわけで、自分が経験したことがない決まり事でも、まずは黙ってやってみることが大切だなぁと思った次第。

新しい人が入ってきたときも、
「なんだこのコーディング」
と思わずに、きちんと伝えなかった自分を反省するようにしなきゃね。

わからんから禁止

このところ、テレビ、新聞、ネットのニュースを斜め読みしていると、
・青少年保護を目的としたネット規制
・学校裏サイト
の話題が目につく。

ネット規制なんて、昔の「エレキギター禁止」「バイクの3ない運動」みたいなもので、大人が理解できないから禁止するという感じがぷんぷんする。

自分と異質のモノを認めようとせずに、短絡的に禁止しようとするから、「裏サイト」が流行っちゃうんじゃないかと思うのは発展しすぎか?
(そんな結論に至るまでの考えを、きちんと書かなきゃいけないんだよね)


そんな記事の中で、時々やり玉にあげられているのが「親」

「子供に携帯を買い与えるなら、きちんと教育すべき」
というもの。

確かに「保護者」として親の存在は大きいけれど、情報リテラシーを子供と話し合うスキルを持った親は、そうそういないだろう。
親が子供だった時代になかったものが、うじゃうじゃあるんだから、

だからって知らなくていいことにならないけど、子供は興味をもったことにはどんどん突き進んで行くわけで、どうやったら田舎の本屋でエロ本を買うか工夫をこらすことと、携帯でエロサイトを探すことは、対象が変わっただけで本質は変わってないんだろうなぁと感じる。

なので、そういった点もふまえつつ、親と子供が一緒に情報教育を受けられるような機会が作れたらなぁと思うのですよ。

それが今まで携帯電話でメシを食ってきた者の責任かな、と。

わからないことは調べましょう

電車の中にて。

男A「iPodにCDを入れるとき、自分でタイトルとか打たなくても、勝手にダウンロードされるんだよ」
男B「えっ!。そうなの?」
男A「うん、ほらISBNってのがあるじゃない?。あれでCDを検索してるんだよ。」
男B「へーー」
・・・
・・・ちょーーーーと待った!
それはCDの曲数や時間から、CDDBを検索して持ってきてるんだよ。
CDにISBNは・・・、無いのかな?

とても興味を持ったので調べてみたところ、ISBNってのは「International Standard Book Number」の略なのね。
Book Numberと言いつつ、書店で流通されるCDなんかにも割り当てられるらしい。

日本でのとりまとめは日本図書コード管理センター
初めて見たな。
しかも「有限責任中間法人 日本出版インフラセンター」ってこれも初耳。
「有限責任中間法人 」自体初耳。
調べ始めたらキリがなさそうだ。

というわけで、これらを調べるのは後にするとして、iPodが(じゃなくてiTunesが)CDのタイトルなんかを検索するのはCDDB。

それだけは伝えたかった。

あ、もうそんな時期

■アップスストアではゴールデンウィーク中、キッズ向けの無料ワークショップを開催するらしい。

気がつけば、普段からジュニア向けワークショップなどをやっているアップルストア。

子供は好奇心旺盛で、覚えが早いからね〜。
どんな雰囲気でやっているのか、興味があるな。


■気がつけば、iTunes Storeにマイラバが!
そうか、avexになったからか・・・。

先週夕方何気なくテレビをつけたら、ミュージックフェアにマイラバが出ていて、「Hello Again」を歌ってた。
相変わらず、生ではビミョーな歌唱力だったが、マイラバらしいと言えばらしい。

でもやっぱりCDの方がいいなぁ。

インストールで満足

ようやくMacBookAirに入れ終わった「iPhoneSDK beta2」。

IInterface BuilderがCocoa touchに対応したなぁと、グリグリといじっていたのだが、xcodeとの連携はまだなのね・・・。
(どうやってつかうんだ?)

まぁこれで色々お勉強でも・・・、と思ったら、beta 3かよ!

BugFIxとあるが・・・
インストールするだけで満足している感じだなぁ。

裁判員は無理?

裁判員制度の開始が、2009年5月21日と決まったらしい。

義務なので、特別な理由がない限り辞退することは出来ないのだが、時間いくらのフリーランスとしては、裁判員になることで明らかに収入が減る。

こちらの「仕事を理由とする裁判員の辞退について」を見てみると、

1.裁判員として職務に従事する期間(期間が長いほど仕事への影響が大きい。)
→仕事をしない分、収入が減るなぁ

2.事業所の規模(事業所の規模が小さいほど仕事への影響が大きい。)
→個人事業なので該当する

3.担当職務の代替性(代替性が低いほど仕事への影響が大きい。)
→私の書きかけのプログラムを、代わって書いてくれる人いるかな(笑)

4.予定される仕事の日時を変更できる可能性
(裁判員として職務に従事する予定期間に,日時変更の困難な業務がある場合には,仕事への影響が大きい。)
→1日くらいなら・・・。

ということで、あまり参加できそうにない(笑)。
でも、多くの方がこんな感じではないだろうか?


それより心配なのが、裁判員詐欺とか出そうなこと(笑)。

「裁判員を辞退する場合は、金30000円をこちらに振り込むこと」
なんてのが出てきそうだなぁ。

サラリーマンとフリーランス(私の場合)

フリーになれば収入が増えると営業支援会社はあおるが、私の場合サラリーマン時代の方が収入は多かった。
仕事の内容に不服がなければ、信用もなく、自分で事務処理もしなきゃいけないフリーランスにはならなかったと思う。

以下、思い出す限りサラリーマン時代のメリットをあげてみる

・給料が多い(現在と比べて)
・厚生年金である
・健康保険料が会社と折半
・税金関係は会社が処理してくれる
・有休がある
・フレックスだった(私の場合)
・私服だった(私の場合)

ではなぜフリーになったかというと、結果論も含めて箇条書きで

・仕事が選べる
・いろんな職場を見ることができる
・知り合いが増える
・もしかしたら家で仕事ができる
・経理の勉強になる
・労働時間が減った(土日が休みになった)
・お家で晩ご飯を食べれるようになった

まぁ若いときに比べ、求めるものが変わってきたということだろう。

ただこのままフリーでいるかというと、さすがにそれは厳しいだろうと考えている。
上記の条件すべてが合致する会社なら、またサラリーマンになるのも良いかな?

それにしても箇条書きでまとめるのは良いな。
自分の考えを整理しやすいね。

日記

気がついたら所得税の還付金が振り込まれていた。
住宅ローン控除のおかげで所得税は0円。

早いとこ繰り上げ返済をした方が良いのだが、まぁ助かってます。

しかしそれ以外に、健康保険だ年金だ住民税だと払わなきゃいけないものがたんまりとある。
自分のところに請求が来て自分の手で振り込んでみると、
「こんなに払わんといかんのか!」
という気持ちが大きく、最近の行政を見ていると、振り込め詐欺なんじゃないかと思ってしまう。


・・・それとはまったく関係なく、次のJOBのお誘いが。

また、WindowsCE系らしい。
なんだかんだ言っても、メシの種はWindows。

Mac系でメシが食えるようになるのは、相当なアイデアが必要だな。

どうでも良い話

気がつけばプロ野球が開幕していた。

巨人が弱いだの楽天が強いだのいろいろあるようだが、これほどまで開幕を気にしないのは初めてだな。
昔は巨人の勝敗に、あんなに一喜一憂していたのに。

全然野球に興味がない訳ではなく、まぁダルビッシュはすげぇなぁとか、楽天はどこまで突っ走るんだろうかとか、工藤が27年目だとかそれなりに興味はある。
パリーグなんかはチームの特色もあるし、地元密着の球団が多く面白い。

それに比べて、なんだか闇鍋状態の巨人。

別に「巨人」という名前を応援しているわけではなく、そこに醸し出される雰囲気が好きだったのだのが、毎年よそ様から使えない外人を連れてきては失敗している。
新規のファンも獲得できず、昔からのファンにも愛想を尽かされる始末。

もうどうでもいいって感じ。

それにしても、野球に限らず日本のプロスポーツは給料が低い。
外国と比べて、どんな所で違いがあるのか、興味があるね。

iPod販売機

■アメリカにはiPodの自販機があるらしい・・・

■なぬ!?。iPod TouchにAndroid!

ちなみに昨日は4月1日でしたが・・・。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ