« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

YouTube広告

Google AdsenseにYouTubeを利用した広告が開始されていた。
というわけで、早速使ってみる。



これが、一番小さいサイズ

これでも十分でかい(笑い)。
これだけのものを、違和感無くサイトに埋め込むのは、結構難しいんじゃないかと思うし、どれだけサイトに合った動画が表示されるのかも不明。

なので実験中。

まだ来ないよ

hmdtさんのところには届いたらしい、iPhone Developer Programの登録手続き案内だが、また私のとこまでは来ていない。

まぁ、hmdtさんの記事を読んでから慌てて登録したクチなので、遅れるのも当たり前。
手続きが済んだとしても、まともに動くアプリを作ってないので、あまり意味が無かったり。

実機でテストが出来るようになるということは良いのだが、当然ハックしたものとはお別れだ。
NESエミュレータで、キャプテン翼I,IIをクリアしたのも思い出になるかと思うと、別れが惜しくなる(オイオイ)。

・・・そうか、もう一台買えば良いのか(笑)。

評価

人を評価するって難しい。
評価される方も難しいけど。

難しい仕事でも涼しい顔してサラリとやってのける。
そんなのが一番評価が高いと思うのだが、あんまり簡単そうにやるので、逆に評価が低くなっちゃったり。

評価する方は、「簡単な仕事ばかりやって」。
評価される方は、「努力してるから、こなせるんだ」。
こうなっちゃ最悪だ。

こうならないようにするためには、お互いに納得できる評価基準が絶対に必要だろう。
日常の作業の中で、お互いに負荷無く確認できる方法・・・。

まずは「標準」を決めることが必要かなぁ。

準備万端

なんだ、もう出たのかと思ったよ。


Brick_iphone

この写真は、.Macにログインした後のトップに出てるんだけど、ちゃんと日本語で「iPhoneでウェブギャラリー」って表示してるんだよね。

いくらコンテンツがグローバルだからって、その国で発売してないものを、わざわざ訳すこともないでしょ。


ちなみに、http://www.apple.com/jp/iphone/ にアクセスすると、ちゃんとUSのサイトに飛ぶようになっている。
前からかもしれないけど、無効なアドレスじゃないんだよね。

楽しみだなぁ。

ドコモかと思ったら・・・

やっぱりソフトバンクじゃねえの?

・・・。


日本でサービスしてくれるなら、どこでも良いです。
ドコモとソフトバンク両方で出してくれても良いです。

料金が安い方で買います(笑)。

料金プランが心配

いつもなら完全にスルーするドコモの新機種発表だが、今回はこの件もあったので、密かに注目していた。

当然ながら、「apple」も「iPhone」もなかったのだが、無線LANからiモード・IP電話が利用できる「ホームU」やその対応機種なども発表され、さすがに機種が豊富だと感心する。

しかし気になっていた「ホームU」に関しては、対応機器でのみのサポートになるし、月額1,029円+パケ・ホーダイが必要ということですっかり興醒め。
そもそもimode使わないし音声通話しないし・・・。

というわけで、ホントにiPhoneが出たとしてもその料金プランがどうなるのか、今から余計な心配をしている。

昔とは違うものだ

いやぁ、モナコで7位入賞。一貴君。
ミスらしいミスもせず、欲を出して無謀なオーバーテイクを仕掛けることもなく、よく走りきったものだ。

掲示板では「棚ボタ」というコメントも見かけるが、その場にいなければ落ちてきたものも拾えないわけで、追突することもされることもなく、完走できたということがすばらしい。

それにしても、お父さんの初モナコは苦難の連続だったが、
「前のペースに合わせて・・・」
なんてコメントも出るくらい余裕があったわけで、とにかく感心する。


しかしレース後半にロズベルグがクラッシュしたとき、CSの川井ちゃんも地上波の近藤も
「カズキ・・・」
と真っ先に口走るのはどうしてなんだろうね。

きっとみんな、親のように心配なんだな。

真面目ですよ

最近、中国の方と一緒に仕事をしているが、その仕事ぶりは真面目であり、非常に刺激を受けている。

先日も、若い方が担当した所で再現性の低いバグがあり、原因を調べることがあったが、すぐに先輩に聞くのではなく、少しでも再現しやすい方法を探し、まんべんなくログを埋め込み、分からないなりに解析する努力をしていた。

そしてある程度調べたら、同胞の先輩に聞いてみて、原因の確認と修正のアドバイスを受け、最終的にはきちんと修正できていた。

振り返れば私も色々なバグを修正してきたわけだが、解決までに数日を費やすものもあり、先輩方とディスカッションをしながら深夜まで悩んだものだ。
その代わり、システムの深い所まで理解できたし、会社間での考え方の違いや人間関係まで見えてきて、非常に有意義だったと思える。


国籍は違えど、そうやって成長するものだなぁと思っていたが、最近日本人相手には、そんな光景を見ることが少なくなったので、ちょっとうらやましかったり。

これを出すのね

今年から(と言っても、もう半年経とうとしているが)、ウチの奥さんを「青色事業専従者」にしている。

3月に、青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書を出し、源泉所得税の納付が半年に1回にまとめられる源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書(なげーっつうの)を出しといたら、先日税務署から書類一式が届いた。

ネットで調べて、月額88000円未満であれば源泉徴収税額は0円だということなのだが、送られて来た税額表を見ると、「甲」は確かに0円だが、「乙」は3%とある。

はて?
この種別は・・・。

と思ってさらに調べたら、給与所得者の扶養控除等の(異動)申告を出せば「甲」になるとのこと。

あぁ、この書類か!
年末におなじみのこの紙は、こんな重要な紙だったのですね。

ちなみにこの紙、税務署から「出せ!」と言われない限り、「給与の支払者」が保管することになっているので我が家の場合、
妻→私
で手続きは完了。

しかし、知らなければ損をする仕組みが多い世の中だ。

「時は金なり」と言うが、その貴重な時を使って色々調べることで、「情報は金なり」となるのだと実感。
そして、なんでもやってみないと、身にならないものだとも思う。

やっぱりドコモかな

自宅で無線LAN 屋外は携帯 ドコモが来月、新端末

こんなタイトルを見ちゃ、あの端末を思い浮かべるのは当然でしょう。
・無線LANと携帯電話の両方が搭載されている。
・6月に新端末

それから、この方も退職された(する?)様子なので、そんな流れになっているのでしょうね。

ただ、月々の料金が高そうだなぁ。

iPhoneはドコモから?

ドコモで決まりかな?

http://www.intomobile.com/2008/01/14/steve-jobs-keynote-leaked-16-gb-iphone-japan-launch-stealing-30-of-devs-profits-with-new-sdk.html

http://www.unwiredview.com/2008/05/18/ktf-and-ntt-docomo-to-jointly-launch-iphone-in-korea-and-japan/

ソフトバンクPDCとウィルコムを解約して、ドコモ2台体制の準備をしよう(笑)。

マイラバ

うっわー。

iTunesでマイラバの新作「My Little Lover - アイデンティティー アイデンティティー 」が配信されてる。

avexに移籍しても離婚しても、小林武史プロデュースなマイラバだけど、本格的に活動再開してからは、どんどん良くなってる気がするなぁ。

いつもはCDを買ってるんだけど、今回はダウンロードしちゃいました。
ジャケットとか歌詞とかちゃんと見たい気もするので、CD買った方が良かったかなと思ったりもしてますが。

ちなみに、気がついたら過去のアルバムまで配信。My Little Lover

avex移籍万歳です。

投げたらアカン

WWDCを前にして3G iPhoneは確実に出そうだが、新しいデバイスの話なんかもあって、わくわくさせてくれる。

日本でのiPhone販売のメドが立たない中、期待できるのはtouchや新しいモバイルデバイスだもんなぁ。

JATEの認証をウォッチしている人も多いだろうが、それらしいものは見当たらず・・・。
海外のもは、JATEは必要ないのかな?
(とても元携帯屋の発言とは思えないですな(笑))

「日本、めんどくせー」
とSteve君が投げ出しちゃったら困るな。

私でお役に立てるなら

友人が会社を辞めるとのこと。

次の職は決めてなく、しばらくのんびりしたいそうだ。


確かに、平日の帰りは午前様で休日出勤バリバリの生活を続けてちゃ、とにかく辞めたくなる。

若いうちなら、「これも経験」と思ってチャレンジすれば良いが、30代中盤にもさしかかると、果たしてこんな生活を続けていて良いのだろうかと、疑問を持って当たり前だ。

否応無しに責任は重くなり、かつ仕事の選択肢は狭められて行く。
技術屋は、全くの異業種には転職できんのだから、ほんの少しの人生設計の誤差が、後々取り返しのつかないことになりかねない。


というわけで、彼も悩んでいる様子。
こんな私にもアドバイスを求めて来るくらいだからね。

私の経験談が役に立てるなら、どんどん使ってほしいなあと思う。

重なるときは重なるもので

予想通りというか、予感通りというか、出勤したら立て続けに仕事が舞い込んできた。

違うプロジェクト同士のお話なのだが、片方はVB+SQL、片方はWindowsCE用のVC++なので、IDEを複数立ち上げて奮闘中。

先週は思いっきり暇だったので、こっそり新しいサイトを構築してしまう程だったのだが、今週はそうもいかないな。

とはいえ、まだまだ鼻歌も出るほど余裕。
マゾッ気があるわけではないが、じゃんじゃん仕事があった方が面白い。
どれだけ効率よく、品質よくこなせるか、非常にチャレンジングだからだ。

ところが、そう考えない人も多いようで、豊富な知識を使い「できない」理由を考える人もいる。

そんな暇があれば、限られたリソースでやれる方法を考えれば、飯のネタにでもなると思うのだが、そんな考えは無いようで・・・。

私の考えが特殊なのかな。

サルベージ

壊れたハードディスクから、データをサルベージできないもんかと調べていたら、Data Rescue IIというのが良さそうという話。

う〜ん。高いな。
と思ったら、デモ版を発見。

早速ダウンロードして、壊れたハードディスクをスキャンしてみる。
簡易ではダメだったんで、フルスキャンをかけてしばし待つ・・・、が待ちくたびれたので途中でキャンセルしてしまった(笑)。

キャンセルしても途中までの結果で表示してくれるのが親切だ。

・・・おおーーー。
見える見える、なつかしの(大げさな)ディレクトリ構成。
デモ版では1ファイルしか復旧できないので、どれを復旧しようかと悩むことしばし。

・・・けっこうバックアップされてんな(笑)。

というわけで、テキトーにファイルを選んだがキチンと復旧されて感動した。

デモ版でもディレクトリ構成は見えるので、その後復旧したいファイルがある方は購入するという流れが良いだろう。
案外、必要なファイルなんてそう多くないのかも知れない。

またハードディスクだ

3年前にハードディスクが壊れたPowerBookG4が、再び飛んだ。

やっぱりハードディスクトラブルで、なんだか精密機器とは思えない音がしてる(笑)。
CRC556でもふっかけてみたい衝動に駆られるが、ターゲットディスクモードでつなげてみると、ディスク自体は認識しているようであり、どうやらカタログBツリーが壊れているようだ。

こちらに同じ症状の方が質問をなげており、データレスキュー系のソフトでサルベージは出来るかもしれない。

2月にMacBook黒の方が壊れたばかりなのに、またハードディスクを買わなきゃいかんとは、なかなか泣ける。
(ばかりっつても関連性は無いが)

しかし、我が家で唯一稼働中のPowerPCマシン。
自作アプリに動作確認にも必要だし、オークションで売るにも修理が必要。

しっかし、先週の寝込んだと思ったら今週末はマシントラブル。
休日に緊急の予定が入りまくりだな。

炎症ってヤツは

寝込んでいた4連休だが、後半は熱も下がって少しは楽になった。
・・・ハズなのだが、すっかり腹の調子を悪くしてしまい、まぁピーゴロゴロなお腹なのだ。

張ってる感じがするので、多分炎症をおこしてるんだろう。
ずっと前に経験がある、腸炎ってヤツかな。

脱水対策用のポカリを少しでも飲めば、それに反応して腸が動いてしまい、トイレに行くが出ない。
これは結構苦しいものだ。

以前膀胱炎になったときも、頻繁に尿意をもよおすのがつらかったなぁ。

排泄に近い器官が炎症を起こすと、非常にトイレタイミングの気を使うので疲れる。

今は正露丸のおかげかずいぶん楽になっているが・・・。
まったくゴールデンな休日になったものだ。

ありがとう

「6日に記者会見する」
その時点で、既にコトは決定されていたわけだ。

クソッ。
オレに金があったら。

資源もアイデアも無い国の人間は、夢を見ることも出来ないということか。

それでもチャレンジしたことには、ただただ脱帽。
世界中探したって、F1チーム作って潰したヤツはそう多くない。
莫大な借金と言ったって、個人で返せるわけが無いのを知って貸してるんだから、借金取りに追われることもないだろう。
安全な所で横になって、失敗を冷笑する奴らには永遠に経験できないことだ。

スゲーことをやったもんだと、心底尊敬する。
(と言いつつ、自分ならもっとうまくやれると中二病)

今後どうなるかわからないが、今は
「面白かった、ありがとう」
と伝えたい。

寝込んでました

「わーい、4連休だー」と喜んでいたら、初日から38度の熱を出して寝込んでしまった。

毎年この時期は熱が出るのだが、今年のはちょっと酷く、ようやく熱が下がって少し固形物が食べられるようになった。

それにしても、きちんと連休を待って熱を出したなんて、さすがプロですな(笑)。

やはりフリーランスは体調を崩したとき不安になるね。

1日2日で良くなればいいけど、入院になったら収入がなくなるもんなぁ。
そのために保険には入ってるけど、それだけじゃね。

個人では大きな仕事も受注できないし、いろいろと限界や不安があるものですね。

だってLeopardが

すっかり放置状態の「docxビューワへの道」。
だって、やろうとしてたことがLeopardで出来てるんだもの・・・。

Leopardとdocxファイルをお持ちの方、docxをダブルクリックしてみてください。
・・・テキストエディットで開くでしょ?
xlsxだってスペースキーでのプレビューには対応しているし、iWork'08なら両方対応している。

それにしてもWindwosでは標準対応していないものが、Macなら見ることができるってのは、面白いというか不思議というか・・・。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ