« 行かなきゃ良いという話ではない | トップページ | 買えるのか? »

0.01秒を削る

100分の1秒の争い・・・。
と言ってもF1の話ではなく、プログラムのお話。

VBで作った案件のパフォーマンスについて、客先から「遅い」との指摘。
RFIDへのアクセスなんだけど、確かに読み書き500msくらいかかっている。

コンシューマー?向けだからと、この程度でいいやとチューニングしなかったのが失敗だが、事前に要求するパフォーマンスを確認しなかったのもダメだね。


というわけで、ログを仕込んでパフォーマンスチューニング。
ログもファイル出力ではなくメモリへバッファリングだ(ファイル出力が遅いから)。

ここのシーケンスで30ms。
あそこのループが無駄。
RFIDの原文資料を見つけ出し、不必要なシーケンスを削除・・・。

そんなこんなで400msくらい短縮に成功。
これで文句ないだろう。

それにしても、甘い考えだったと反省。
プロなんだから、もっと突っ込まないとダメだよ、自分。

« 行かなきゃ良いという話ではない | トップページ | 買えるのか? »

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/41567658

この記事へのトラックバック一覧です: 0.01秒を削る:

« 行かなきゃ良いという話ではない | トップページ | 買えるのか? »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ