« 慣れない | トップページ | 実りつつある »

Google ストリートビューに違和感

鳴り物入りで登場したGoogle ストリートビュー。
ネットの世界では話題沸騰のようであるが、個人的にはGoogleらしくない違和感のあるサービスだと思っている。

まず技術的にはQuickTime VRを見ているようで、全く驚きはない。
10年以上前に見た技術である。

もともとGoogleは、昔の技術を焼き直してサービスするのが得意なのだが、今回はまさにそのまんまという感じだ。
これが現実の画像をベースにした3Dとなれば、さすがGoogleと思っただろう。


それよりも私が違和感(はっきり言えば気持ちが悪い)を感じたのは、サービスを提供する側の人間の存在を、ハッキリ感じさせてしまうことだ。

今までのサービスは、よくも悪くも出来るだけ人間を介入させず、アルゴリズムで対応しようというのがポリシーだったはず。
それが今回は、撮影者の存在を意識せずにはいられない。
撮影者はロボットではないわけで、どんな気持ちで徘徊していたのかとか、余計なことを考えてしまう。

そもそも撮影者が信頼できる人間と、だれが言い切れるのか?

それを意思しちゃうと、Gmailをのぞき見てるんじゃないかとか、検索キーワードで笑ってるんじゃないかとか、Google自体を信用できなくなる。


「公道からの撮影だから問題ない」
Googleは言うが、撮影してDB化してそれを公開するという、すべてのプロセスはどうなんだと問いたい。
しかもネットをしない方は、自分の周辺がさらされていることをしらないわけだし。


なんだかGoogleのサービスを使うのが嫌になって来た。
人に使用許諾を求めておいて、自分たちは勝手にやるってことだもんな。

とりあえずAdsenseは止めておくよ。

« 慣れない | トップページ | 実りつつある »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/42093389

この記事へのトラックバック一覧です: Google ストリートビューに違和感:

« 慣れない | トップページ | 実りつつある »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ