« マルチタスクって? | トップページ | ファンカーキター »

マルチタスク考察

さらっと書いたiPhoneはマルチタスクか?が、http://www.iphooone.com/さんからリンクを貼られたり、コメントをいただいたりしたので、自分なりに納得するため色々調べてみる。


「マルチタスク」ってのは「タスク」が「マルチ」なわけだから、まず「タスク」の意味を調べてみることにする。

MacOSX付属の辞書。
・英和辞典"task"
1 (一定期間内にやるべき)仕事, 課業, 学業;自発的に請け負った作業;職務. ⇒DUTY[類語].
2 骨の折れる[つらい]仕事[事業].
3〘コンピュータ〙タスク, 仕事の単位.

・国語辞典「タスク」
1 課せられた仕事。職務。
2 コンピューターで処理される仕事の単位。ふつう一つのアプリケーションプログラムをさす。

あ、辞書が「タスク」=「アプリケーション」と言っちゃってるのか。
しかも「ふつう」と言われちゃってるし(笑)


でも、コンピュータ系となると、
・Wikipediaの「タスク」
プロセスと同義。
スレッド (コンピュータ)と同義。

「タスク」=「プロセス」=「スレッド」ですか?

ちなみに私のようなITORN野郎だと「タスク」の方がなじみがある。
こちらの説明を見て、思わず懐かしいなぁと。


MacやWindowsはどう表記しているのだろうか?

まず、MacOSXのアクティビティモニタを見てみる。
Photo

プロセス名とスレッド数が表示され、「タスク」という言葉は出てこない。
プロセス=アプリケーションということだろう。


次にWindowsのタスクマネージャー
Photo_2
やはりプロセスが.exeでその中にスレッド。

しかし、ややこしくしてるのが、アプリケーションタグには「タスク」という文字があること。
Photo_3

アプリケーションの中でも、オモテに出るようなものが「タスク」ということなのだろうか?

素直にアプリケーションとした方が混乱しないと思うのだが、マイクロソフトは「タスク」という言葉を「ウインドウアプリケーション」に使っているのかな?

ちなみに「タスクの切り替え」は、選択したアプリケーションウインドウが最前面に来る。
タスク切り替え画面を出して、アプリケーションを選択できることが「マルチタスク」ということだろうか?

とすると、確かにiPhoneはマルチタスクではないと言える。
携帯電話で言えば、JAVA中のJAVAが出来ないようなものだろうか?


でもこれで、iPhoneアプリ開発が楽になっていることは確かだ。

もしアプリケーション切り替えが出来るとなれば、それを考慮した設計にする必要があり、状態管理が面倒になる。

"SUSPEND""RESUME"のイベントだけでも漏れがあると大変なのに、ウインドウのオーバーラップまで出来たら"VISIBLE""HIDDEN"まで処理しなければならず、アプリの基本的な制御を組むだけで大変だ。

今のAppStoreの盛況ぶりは、アプリケーション切り替えができないことの裏返しなのかもしれない。


でも本当に「マルチタスク」=「アプリケーション切り替え」なのだろうか?


・「マルチタスク」はNECの登録商標。
・「マルチタスク」を検索
はてなキーワード > マルチタスク

・「マルチタスクとは」
マルチタスクとは?

う〜ん、はっきりしないなぁ。

つまるところ、
・ブラウジング中にメールが来たら、メールを見て元のブラウジングに戻る。
・ワンセグを見ながらブラウザで調べもの。
・音楽を聴きながらいろんなことが出来る。
・起動中アプリ一覧が出て来て、自由に切り替えられる。
ってのが「マルチタスク」のようだが、人により「マルチタスク」の意味合いが違うことは確かだ。

なので、相手が「マルチタスクうんぬん」てことを言って来たら、「どのマルチタスクのことだ?」と聞くことにしよう(笑)。


ま、Windowsが「プロセス」を「アプリケーション」とし、「アプリケーション」を「タスク」と読んでいるので、複数のアプリケーションを制御することを、「マルチタスク」と呼ぶようになったのだと勝手に結論づける。

結局マイクロソフトが悪いということだ(笑)。

« マルチタスクって? | トップページ | ファンカーキター »

iPhone,iPod touch」カテゴリの記事

エンジニアのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

マルチタスクですが
プログラム的に同時進行することではなく

UIの操作性として、
人間から見た処理単位が
同時進行している(いるように見える)
ことをマルチタスクと呼ぶのだと思います

人間が処理を終了・中断する必要のあったり、
自動的に終了してしまったりする操作性は
マルチタスクと呼ばれない傾向があると思います

プログラム的に同時進行はマルチスレッドて感じでしょうか
(プログラマから見ればそれも誤用かも知れませけど)

例として
webを見ていて、メールが着たらメールを見て
メールの内容が連絡先変更だったので連絡先を更新して、メールを削除して、元のwebへ戻る
これでweb、メール、連絡先の3タスクを同時に展開してるので、あたかも3つが同時進行してるように見える操作性をマルチタスクという

でも、これって、プログラム的にはマルチタスクでなくても、そう見せかけることができると思います、だから、操作性と人間主体の考え方なのだと思います

コメントありがとうございます。

私も色々調べて行くうちに、「マルチタスク」とはユーザー目線の捉え方だと思うようになりました。

「iPhoneはマルチタスクじゃない」と言われ、ムキになってしまいましたが(笑)、ユーザー目線で言えば使いづらいところでもあるわけで、良い解決案が出ることを期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99166/42825930

この記事へのトラックバック一覧です: マルチタスク考察:

« マルチタスクって? | トップページ | ファンカーキター »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ