« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

30年前から言われてる

子供が外で遊ばなくなった。

そんな言葉、自分が子供のころから言われてる。

そして、テレビやゲームの影響がある。とも。

影響は否定しないが、遊ぶ場所がないから遊ばないだけでは?

自由に遊べる野山、野っぱらがあるわけでもなく、公園が整備されてるといっても、いろんなことが禁止され、やりたい遊びができなかったり、そこに行くまでが遠くて、親同伴の必要があったり。

だいいち、そんな風にしたのは大人たちなんだから、それが問題だと思えば、愚痴る前に行動すれば良いのに。

そんな事を、新聞を見ながら思った朝でした。

東京圏増大

人口減や高齢化のため、日本経済は縮小すると言うが、東京を中心とした東京圏のコミュニティは増大しており、そこで商売する分にはとても「縮小」しているようには見えない。

まぁ実際に人口は増加してるわけだし、ちょっとしたイベントがあればとにかく人の山。
飲食店は日々数十点もオープンするし、売れなくなったと言いつつマンション建設ラッシュ。

単に東京へのあこがれ、生活の便利さ、物の多さに引かれるケースの他、地方での暮らしが厳しいので、東京に行く。業務の効率化を図るために、地方の営業所を閉鎖し東京に集中。

そうやって、好むと好まざると田舎から都会へ出てくれば、多くの人はそこに居着くわけで、そこから東京2世、3世が生まれる。
となると実家が東京になるわけで、帰省という概念が無くなるし、田舎を知らないので、どうやっても地方の人口減少は止まらない。

そうなった場合にどうなるか?
そんな近未来予測を書いた本なんか、どこかにないですかね?

「関西花火ウォーカー」リリース

Soft-Studio Picture Viewer を利用したアプリ、「関西花火ウォーカー」がリリースされました。
000

「関西ウォーカー」の情報をぎゅーーーっと凝縮したアプリ。
関西地区限定で、しかも花火シーズンしか利用出来ないアプリですが、システムをうまく利用して、情報を分かりやすく掲載してます。

お近くの方、またこの夏関西へ行く予定のあるかたには、ちょうど良いアプリだと思いますので、よろしければご購入ください。

そんな人は独立してる

「エンジニア募集。やる気があって、自分から提案できる人。言語はなんでも良し。」
という会社があったら、そこに入りたいと思うだろうか?

そこまでスキルがあるんなら、会社員にならずに自分で独立するような気がするのだが、どうなんだろう?
でもまぁ、独立すると経営者になっちゃうから、エンジニアリングを極めたいと考えると、社員の方が良いかもしれないね。

・・・あ、そんな人を募集すれば良いのか(笑)。

「エンジニア募集。やる気があって、自分から提案できる人。言語はなんでも良し。経営には興味がない人。マネージメントをやりたくない人。」
こんなとんがった人材が面白いかも。

たれぱんだが・・・

なんか気がついたら、このブログのデザインが変わってるんですけど。
たれぱんだがいなくなってしまいました。

そんな連絡来てたっけ?

まぁキャラクター物なので、使用料とかあるんだろうけど、いきなり殺風景に。

でもホントに連絡あったかなぁ・・・。

テレビが見た方が良いと思う

「テレビなんか見ない」という方に出会うことがある。
よくよく聞けば、「ニュース以外は見ない」だったり「ニコニコ動画は見る」だったり、完全にテレビを見ない人はそういないわけだが、昔中学校の先生はテレビがなく、本当に見てないようだった。

インターネットも無い時代。生徒がどんなものを見てどう感じてるかを、知ろうとしないなんて、先生じゃないだろうと思っていたのだが、今でもその思いは変わらない。


現在ではネットで十分ということだが、テキストなら自分で読まなきゃ行けないし、なんらかの操作をしなければ、情報が更新されない。
動画ニュースならテレビと同じ。録画したものを、低画質で見てるだけだ。
それならレコーダに録画して、まとめてみれば良い。

「くだんねぇ」と感じるテレビ番組の、どんなところがくだらなくて、そんなものがなぜ人気なのか。
時代とともに、どのように内容が変わったか。そしてなぜ変わるのか。
そういったところから「マス」の行動、流れなどが理解でき、次の展開を予想することが可能なのではないだろうか?

「マスマーケティングの限界」「マスマーケティングは死んだ」などの声も聞くが、そう煽るのは、何か新しいことを提案し、でも結果には責任を負わない方々。
参考にするのは良いが、判断は自分でしなければいけないのだから、判断材料や質問として、知識はあった方が良い。

自称ビジネス専門番組でさえ、とんちんかんなことを言ってるわけで、「なんだかなぁ」と思う反面、「多くの経営者はこれを見て知識を深めてるのか」と理解する。
それが、翌日の会話のネタにはなり、「昨日の番組で・・・」といった感じで、お互いの意見を交わし合うことも可能だ。


少なくとも、未だにテレビ(地上波放送)は、多くの方に情報を伝える手段としては強い力を持っている。
それをバッサリ切り捨ててるのは、ちょっともったいないんじゃないかと思うのだ。

ド素人がサッカーを語る

いや、面白いね。サッカーワールドカップ。

まったくのド素人と言うわけでもないけど、敵味方が別れてないスポーツが苦手な自分としては、あまり真剣に見ることが無かったサッカー。
いい時間に試合をやってるので、毎日見ているうちに、すっかり面白くなってしまった。

それにしても日本代表の面白いこと。
あれだけ低評価だったのが、終わってみればベスト16。PK次第ではベスト8に進出したかもしれないなんて、勝負はやってみないと分からない。

そしてやっぱり岡田監督。
出国時と入国時で、これだけ評価が変わった人物もいないだろう。

戦術や指導方法など、正直良く分かってないのだが、日本代表監督なんてのを2度もやっちゃう人物なのだから、相当な変人か腹の据わった人物か。
と興味を持ってたらこんな記事が。

面白い。
これが昨年の12月と言うことも加味すると、ますます面白くなる。
人間、考えることもやってみることも大事だし、自分の感覚を信じることも大事だなと、再認識させられる。

サッカーってのも、色々深いもんなんだねぇ。

新サイトです

ちょっと宣伝。

生活安全のための新しいサイト「クロネコヤマトのリコールドットjp」ができました。

皆さんご存知の「クロネコヤマト」のヤマトグループが運営する、あらゆる製品のリコール・自主回収情報を日々更新しているサイトです。

見て頂ければ、あのサイトに似ているような感じが(笑)。

クロネコヤマトのリコールドットjp」。
注目ですよ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ