« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

流生命祭り

先週リリースした流生命
Icon80
が、あれよあれよと言う間に無料総合2位。
カテゴリ1位は争えると思っていたけど、ここまで来るとは。

無料総合1位になれば、有料総合1位を取ったコスコス騒ぎ(笑)に次いで今年2度目なので、ぜひ頑張ってもらいたい。が、キョロちゃんは無理かなぁ(笑)。


で、ダウンロード数が増えれば、比例してレビューも増えて来る。
予想された通り、「当たらん」というものが多いね。

中には「アイコンをなんとかしろ」というのもあったけど、そんなに変ですか?あれ。

Icon80Icon80Icon80Icon80Icon80
・・・そうかもしれんね。
なんかイロモノアプリばっかり作ってるイメージが付いちゃいそうだけど、業務システムやポータルサイト、組み込み系もやってますよ。


で、そろそろこれの2011年版を作んなくちゃいけないんだけど、色々あって大変。
どなたか、一緒に開発しますか?

iPhoneアプリ宣伝

実業之日本社様より、iPhoneアプリ「下ヨシ子の「2010年 あなたの流生命」」が出ました。
Icon80
無料なんでダウンロードしてみてください。

さて、なぜここで宣伝してるかと言うと、ウチが作ったから(笑)。

考えてみれば、受託でのiPhoneアプリは初めてかなぁ。
Soft-Studio Picture Viewerものはあったけど、オリジナル作品を・・・ってのはね。

書籍のiPhone版だけど、単なる電子書籍ではなく(そもそも「電子書籍」という言葉が嫌い)、UIWebViewを使って、見せ方も工夫してます。

占い好き方、電子書籍に興味のある方、UIWebViewの使い方に興味のあるエンジニアの方。
ダウンロードしてみてくだいっっ。


ちなみに、一発審査OKが自慢です(笑)。

Android NDK 備忘録

おっそいjavaを救うために、Android NDKを使ってるわけだが、設定方法など忘れない用に備忘録。

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/android15/android15_1.htmlを参考にしたが、なかなかMac向けの解説が無く、しかも最新のNDKはr4b。

http://developer.android.com/intl/ja/sdk/ndk/index.htmlからダウンロードしてみたものの、r3までとは使い方が違う?ようなので、ちょっと手こずってしまった。

今までだと、
./build/host-setup.sh
をやってインストールする必要があったみたいだが、今回は不要らしい。
なので、自分のディレクトリに展開するだけでOKのようだ。
Androdndk4_2

それから、NDKへのパスを追加する。
既にAndroidSDKをインストールしているのであれば、
~/.bash_profile
があるはずので、
ANDROIDNDK_HOME=/Developer/android-ndk-mac
PATH=$PATH:${ANDROIDNDK_HOME}
こんな感じでパスを追加するわけだ。

その後に jniフォルダを作って、Cファイルとmakeファイルを置き、そのディレクトリndk-buildをすればOK。soファイルの出来上がり。
Androdndk4_1

Cの関数名はクラス名と合わせなきゃいけないとか、引数の受け渡し方法とか、ルールが多くてホントに大変。
しかもデバッグ出来ないでしょ・・・・(方法があるんだろうけど)。
プロジェクトを一旦「クリーン」しないと反映されないし・・・。

iPhoneに比べ情報が少ないのは、自由にやってる開発者が少ないのかも知れないねぇ。
個人で儲かるものでもないし・・・。

始めからCの方が・・・

某社に納品ししたシステムが本稼働し、とりあえず安定して動いてそうで一安心。
今後、色々展開出来るシステムなので、色々な要求に応えていければと思ってる。

そのほかにも仕事があって、今受けている物から企画書作んなきゃいけないもの、独自プロダクトなど、「こんなにやってんのに、お金これだけ?」みたいな状況だ。

そんななか、久しぶりにAndroidに手を出してる。

「JAVAで簡単にプログラムが組める」
というふれこみだが、結局はAPIを知らなきゃ何もできないので、リファレンス(とネット)とにらめっこだ。

そして実感したのがその遅さ。
画像効果のためARGB値を変えるプログラムを作ったが、遅くて話にならない。
ログを見ても500msくらいかかってるし。

まぁ自分の作りが悪いのかもしれないが、それを補うための手段が「Android NDK」。
「遅い所はCで組めよ」
ということである。

そしたらねー、早くなったんですよ。80msくらいに(笑)。
もう始めからCで良いんじゃないの?
なんでJAVAなんだろう・・・。

心拍数200

以前紹介した、産地直送情報サイト「Racing Views」だが、忙しいスケジュールの中、イベントごとマメに更新されている。

無償でも何かオモテに出さなければと、私も同じ思いを感じているので、興味深く見ているところだ。

さて企画記事の中で、「心拍が語るフォーミュラドライバーの運動負荷」記事が面白い。
自分としてはあまり評価していない(余計なお世話)井出有治に、心拍計測器を付けたというもの。
心拍数200とか、これ見たらモータースポーツを「ぐるぐる回ってるだけ」なんて言えなくなるぞ。

まぁ「スポーツ」の基準なんて無いんだから、減らず口を叩くヤツは置いておくとして、それにしても尋常じゃない。
しかも気圧の差も見えて、あらたな仮説が生まれたりして非常に面白いんだな。


そういえば遥か昔。
リジェに乗るエリックコマス(だったかな?)の呼吸音を聞いたことあるけど、もう死にそうな感じだった(笑)。
そのころに比べると、今のF1はパワステも付いてるし、トレーニングも充実してるせいか、無線を聞いていてもあまり辛そうに聞こえなく、むしろFポンの方が大変そうだ。

そこで思ったのだが、Fポンドライバー全員にマイクを付けて、呼吸音や声を流すと言うのはどうだろうか?
熱くなって放送禁止用語をぶちまけられる危険性はあるが、一番頑張っている時の姿を見てもらえないなら、せめて声だけでもという気がする。

どうでしょうか?
JRP会長の中嶋さん。

横浜線改善提案

相模原に住んでるので、使う電車と言えば横浜線。
だけじゃなくて、都心に出るときは京王線の方が多いんだけどね。

それ以外にも色々な電車に乗るわけだが、その中でも横浜線は、ちょっとひどいんじゃないかの部類に入ると思う。

・混雑する
どの路線でもラッシュ時には混雑するが、運行本数や車両数の影響で、時には山手線より激しい混雑になる。
また、都内<->郊外 ではないため、乗り換えのある橋本、町田、長津田、中山、新横浜、菊名など、人の出入りがあり、常に混雑している。

・狭い
拡幅車両では無いため、単純に狭い。

・冷房が効かない
むしろ屋根の上に乗っかってるコンプレッサーの熱が届く。
そうかと思えば、冬に冷房が稼働してたこともあったっけ。

・遅延情報に載りにくい
なぜかJRが提供する遅延情報に載りにくい。駅に行って遅れを知ることが度々。

そんなわけで、乗ってて楽しくない電車と言うわけ。
運行本数や車両を増やすのは難しいかもしれないが、せめて車両の変更は欲しいよなぁ。

この暑いのに冷房が効かないんじゃ、イライラもしてトラブルも発生しますよ。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ