« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

Androidでも削除されるのか?

ちょうど去年の今頃なんだよね、iPhoneでグラビアアプリが削除されまくったの。
ずいぶん遠い昔の気がするけど、それだけ流れが速いと言うことか。

一年前はiOS4も出てないし、AndroidだってHT-03Aくらい?
それが今じゃ、嵐が宣伝してるくらいだもんなぁ。

さて・・・。
Jobsに「ポルノが欲しければ Androidを買えばいい」と言われて、自由度があると言われているAndroid Marketだけど、事前審査は無いけど、事後審査のようなものはあるらしい。

こちらのエントリにあるように、グラビアが原因なのか、返品が多いからなのか、アカウントごと削除されるらしい。

実際にアカウントが停止された方に聞いたのだが、
・同じフレームワークで大量にアプリを出している(写真集のようなもの)。
・返品率が多い。
アカウントだと、削除される可能性が出て来るとのこと。

おっかない話だねぇ。


そんな中、コスコスもこれからどうなるかわからないけど、今は販売チャンネルを増やすために対応中。
さらに嬉しいお知らせもあったりするが、しばらくないしょ(笑)。

まぁ一作目がそこそこヒットしたのなら、考えることは一緒だろうな。

ガラパゴスと呼ばれるのは嫌みたいです

今朝の朝日新聞に、ガラパゴスの人にガラパゴス携帯と呼ばれていることについて、どう思うか聞いてみたと言う記事があった。
結果、ほぼ全ての方が、不快感を表したそうだ。

それはそうかもね。
決して褒めている、尊敬しているニュアンスではないのだから。

シャープの端末「ガラパゴス」についても、「勝手に名前を使うな」とか「日本製なら『ハポネス』と付ければ良いだろう」などと、これまた不快感。
某国で、商品に日本の地名を使って物議を醸し出しているが、それと同じことだなぁ。

アメリカに「経済の日本化を防ぐ」と言われて、良い気がしないのと同じだ。


いつの間に、そんな例えを当たり前に使うようになったのだろうか?
相手がどう感じるか、思いが至らない人になっのだろうか?

我々が「ガラパゴスなんとか」と呼んでいる物は、全て「日本のなんとか」だ。
良いも悪いも、日本で起きていることを、真正面から見ようじゃないか。

IS04を購入

2月10日。
事前予約なしに立ち寄ったauショップで、IS04を購入した。
そう、REGZAフォン。

人生初au。
人生初ワンセグ。
人生初おサイフケータイ。

など、初物だらけ(笑)。

これで3キャリア制覇したわけだが、イーモバも使ってるから4キャリアか。
開発機でもあり通信機でもあるので、全額経費にしないと。元取らないと。

しかしIS03もそうだったけど、買ってすぐ使えると言う意味では、今までガラケーを使ってたユーザにも優しいね。

HT-03Aの時は、純粋に開発機として用意しただけで、すぐにSIM抜いて通話もしてないけど、IS04はちょっと持ち歩いてみるかと言う感じ。

Felicaの開発用途もあるし、Android2.1以上の案件もあるし、iPhoneとAndroid両対応を効率よく開発出来るようにしないとね。

何やってんの

いや、それを言っちゃおしまいなんだけどさ。
ちょっと言いたくなるよね。ロバートよぅ。

シューマッハ兄の引退発表表彰台に、主役を食うインパクトで現れて、以降、顔と一致しない走りで常に我々を驚かせてたのに。
ワールチャンピオンを争うようになったらどうしようと考えてたのに。

命あってのことだし、普通に生活していても色々なリスクがあるのは分かってる。
運命ですかとも思うが・・・。

まぁ実際、彼に遭遇する確立は少ないだろうが(それでも普通に白子駅で遭遇したという情報もあるが)、元気になったら言ってやりたい。
「何やってんの!」(とポーランド語でどう言うの?)

3年様子見るのは先輩の方かもしれない

田舎から都会に出てきて、ビックリと言うか違和感を感じることが多々あるが、自分が一番違和感を感じたのが「名字で呼ばれる」ことだ。

まぁ冷静に考えれば、会社の中で名字で呼ばれるなんて普通なのだが、18年間名前(若しくはあだ名)で呼ばれたので、「これが都会の冷たさか!」とわけのわかんないギャップを感じたものだ(笑)。

そもそも田舎では同じ名字が多い。
佐藤さんが10人くらいいたりするわけで、そりゃ名字で呼ばれないわな。

それから、人を「オマエ」で呼んじゃいけない。
会って間もない同期を「オマエ」呼ばわりしたらはり倒された(笑)。

とまぁ、上記のエピソードは、全て自分の常識の無さから来てるのだが、「常識ってなんだ?。そんなんに縛られるオレじゃないぜ!」てな考え方だから、まぁ若いよね(笑)。


今の時代は、地方の高校生が即就職で都会に来る、なんてことは少ないのかもしれなく、大学が良い緩衝剤になっているのだろう。
田舎でほわほわと暮らしてたのが、いきなり都会の社会人になるのはギャップが激しすぎるからね。

でも、もしそんなヤツが新人として入ってきたら、
「なんだアイツ、使えねー」
「ムカつくヤツだ」
「遊びに誘っても付いてこねぇ」
など、先輩方としてはご立腹な場面も多々あるだろうが、3年くらいは我慢してみてやってください。

自分もそうします。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ