« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フジテレビF1中継の継続

フジテレビF1中継の継続が決まった。
これが別な方にとっては、「放送打ち切りになった」となる今回の決定。

地上波放送は中止、BSフジに移動。フジテレビNEXTは今まで通り。

虎之介がティレルで走ってた時から、スカパー経由で見てた私にとっては、今までどおりの視聴環境になるので一安心。
一度、JCOMのおかげで危機になったが、フレッツテレビに移行してことなきを得た。(そのときの顛末はこちら

パラボラアンテナを立ててスカパー → JCOM → フレッツテレビ という視聴遍歴ですね。


さてここで問題となるのが、今まで地上波で見て来た方々。
BSフジなら無料ですよと言っても、そこはBS。アンテナが無ければ見ることはできない。
アンテナを立てることができなければ、CATVやそれこそフレッツテレビを契約しなければならないのだから、今まで通り完全無料にはならなし、環境によってはどうしても無理なところがあるだろう。

当ブログにも、「光テレビ F1」のようなキーワードで迷い込んでくる方が急増したが、現状では光テレビはBSフジもフジテレビNEXTもやってない。
確かに厳しい。

気がつけば地上波でのスポーツイベントは、そのテレビ局がタイアップしたような番組しかない状況だ。プロスポーツイベント、野球やサッカーだって、国際大会や日本一決定戦のようなものしか放送しない。
かと思うと、学校の部活である高校野球や高校サッカー、箱根駅伝はバリバリフル中継したりして、なんだか妙なことになっている。

チャンネル数が増えて、結構マニアックなモノが放送されるようになったと面白く思うこともあるが、結局は放送局の都合で、文化が左右されるんだなと思うと、ちょっとさめた感じにはなるね。

Androidで画像をモノクロやセピアにしてみる

Androidで画像をモノクロやセピアにしてみる。

最初は、ピクセル単位で変更しなきゃいけないと思い、速度的にJavaでは無理で、NDKの出番かよと思ってたのだが、「ColorMatrix」というのが使えるらしくやってみた。

ColorMatrix cm = new ColorMatrix();          
                cm.set(new float[] {
                        1,0,0,値,000,    //明るさ変更
                        0,1,0,値,000,
                        0,0,1,値,000,
                        0,0,0,1,000});
                cm.set(new float[] {
                        -1,0,0,0,255,    //ネガポジ反転
                        0,-1,0,0,255,
                        0,0,-1,0,255,
                        0,0,0,1,000});
                cm.set(new float[] {
                        0.9f,0,0,0,000,    //セピア
                        0,0.7f,0,0,000,
                        0,0,0,0.4f,000,
                        0,0,0,1,000});
                cm.set(new float[] {
                        0.298912f, 0.586611f, 0.114478f,0,000,    //グレースケール
                        0.298912f, 0.586611f, 0.114478f,0,000,
                        0.298912f, 0.586611f, 0.114478f,0,000,
                        0,0,0,1,000});
  ColorMatrixColorFilter cmcf = new ColorMatrixColorFilter(cm);
   paint.setColorFilter(cmcf);
   canvas.drawBitmap(bitmap, matrix, paint);

これだけ。
もちろん、cm.setは変化させたいものを指定して、bitmapやmatrix,、もちろんcanvasはご自分のを。

これくらいなら、NDK無しでもいけるんだな。

iOS5でTwitterへ

2012年の初ブログであるが、全く関係なくiOSの話。

iOS5からTwitterフレームワークが追加され、とっても簡単にTwitterへ投稿出来るようになった。
画像も一緒に投稿出来るから、とてもらくちん。

さてそのTwitterAPI。単にAPIをコールするだけでも良いのだが、ちょっと別画面を用意して、そこから呼び出してみることにする。

Twhieet


こんな画面を用意してみた。
・テキストエリア
・URL入力エリア
・画像選択ボタン
・ツイートボタン
をViewController.xibとして用意する。

【ViewController.h】
#import <UIKit/UIKit.h>
#import <Twitter/TWTweetComposeViewController.h>
#import <MobileCoreServices/MobileCoreServices.h>

@interface ViewController : UIViewController
<UIImagePickerControllerDelegate, UINavigationControllerDelegate>

@property (strong, nonatomic) IBOutlet UITextView *textView;
@property (strong, nonatomic) IBOutlet UITextField *tweetURL;
@property (strong, nonatomic) IBOutlet UIImageView *imageView;
@property (strong, nonatomic) TWTweetComposeViewController *tweetView;
-(IBAction)previewTweet;
-(IBAction)selectImage;
- (IBAction)backgroundTouched:(id)sender;

【ViewController.m】(必要な所のみ抜粋)

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
    // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    tweetView = [[TWTweetComposeViewController alloc] init];
   
    TWTweetComposeViewControllerCompletionHandler
    completionHandler =
    ^(TWTweetComposeViewControllerResult result) {
        switch (result)
        {
            case TWTweetComposeViewControllerResultCancelled:
                NSLog(@"Twitter Result: canceled");
                break;
            case TWTweetComposeViewControllerResultDone:
                NSLog(@"Twitter Result: sent");
                break;
            default:
                NSLog(@"Twitter Result: default");
                break;
        }
        [self dismissModalViewControllerAnimated:YES];
    };
    [tweetView setCompletionHandler:completionHandler];
}

- (void)viewDidUnload
{
    [super viewDidUnload];
    // Release any retained subviews of the main view.
    // e.g. self.myOutlet = nil;
    self.tweetView=nil;
    self.textView=nil;
    self.tweetURL=nil;
    self.imageView=nil;
}
- (void) selectImage
{
    if ([UIImagePickerController isSourceTypeAvailable:
         UIImagePickerControllerSourceTypeSavedPhotosAlbum])
    {
        UIImagePickerController *imagePicker =
        [[UIImagePickerController alloc] init];
        imagePicker.delegate = self;
        imagePicker.sourceType =
        UIImagePickerControllerSourceTypePhotoLibrary;
        imagePicker.mediaTypes = [NSArray arrayWithObjects:
                                  (NSString *) kUTTypeImage,
                                  nil];
        imagePicker.allowsEditing = NO;
        [self presentModalViewController:imagePicker animated:YES];
    }
}

-(void)imagePickerController:(UIImagePickerController *)picker
didFinishPickingMediaWithInfo:(NSDictionary *)info
{
    NSString *mediaType = [info
                           objectForKey:UIImagePickerControllerMediaType];
    [self dismissModalViewControllerAnimated:YES];
    if ([mediaType isEqualToString:(NSString *)kUTTypeImage]) {
        UIImage *image = [info
                          objectForKey:UIImagePickerControllerOriginalImage];
        imageView.image = image;
    }
}

-(void)imagePickerControllerDidCancel:(UIImagePickerController *)picker
{
    [self dismissModalViewControllerAnimated:YES];
}

-(IBAction)backgroundTouched:(id)sender
{
    [textView resignFirstResponder];
    [tweetURL resignFirstResponder];
}

- (void) previewTweet
{
    NSURL *url = [[NSURL alloc] initWithString:tweetURL.text];
   
    [tweetView setInitialText:textView.text];
    [tweetView addImage:imageView.image];
    [tweetView addURL:url];
    [self presentModalViewController:tweetView animated:YES];
}

こんな感じで、自分のViewで入力&選択したテキストや画像を、TwitterAPIへ渡すことができる。

 

いろんなブログを参考にした。 (忘れてしまった・・・)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ