« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

また仕様が変わった

昨日 書いたIn-App Billing Version 3の話だけど、「一旦ダミーのアプリを登録し、そこで発行されるキーを埋め込み、バージョンを上げたアプリを再度登録するという手順は妙。」が変更されて、ダミーアプリを登録しなくとも、先にキーを取得出来るように変わってた。

いつ変わったかは知らない(笑)。

フリーダムだね。Google。

In-App Billing Version 3?

先週末、新しいAndroidアプリ(アプリ内課金付き)をリリースしようとして登録したのだが、アプリ内課金テストがうまくいかない。
課金処理は成功するのだが、RESULT_DEVELOPER_ERRORが返って来てしまい、先に進まないのだ。

この現象、どうやら12月10日にリリースされた、In-App Billing Version 3なるものの影響らしい。
http://android-developers.blogspot.jp/2012/12/in-app-billing-version-3.html

今までの処理を捨て、これに対応しなければならないのかと愕然としたが、今までデベロッパ単位だったライセンスキーを、アプリごとに発行されるものに変えるだけで良いらしい。

In-App Billing Version 3リリース前に登録しておいたアプリのキーは今まで通りだったので、10日以降に登録するアプリから対応されたようだ。

こんなの通知あったかな?

しかしこれでセキュリティが上がるとは言え、一旦ダミーのアプリを登録し、そこで発行されるキーを埋め込み、バージョンを上げたアプリを再度登録するという手順は妙。VersionCode1のアプリは出せないんですねぇ。

分かってしまえば対応するだけなんだけど、ホントにGoogleはアバウト。
それから、勉強のためにこないだ買ったばかりの「 iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド」がもう時代遅れになったのはちょっと悔しい(笑)。
専門書に書籍スタイルは厳しいね。

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ