Androidゲームリリース

久しぶりのオリジナル?アプリをAndroidでリリース。

酒をくれ 〜get a drink〜
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softsutdio.chidoriball

初Unityの習作アプリ。

「男」を道から落とさず、画面をタップして右往左往させてください。
道に落ちているシャンペンボトルに体当たりするとスコアアップ。

遊んでみてね。

「お客様はこの購入を行えません。」

AndroidのIn-App Billing。V3になった頃から、テストアカウントで購入しようとすると
「お客様はこの購入を行えません。」 

とエラーが出て購入出来ないことがある。

これが出てしまうと、数日待つしか無い・・・と思っていたのだが、どうやら以下の手順で直るようだ。
「テスト用のアクセス権がある Gmail アカウント」の項目を、
・一旦削除して保存。
・再度テストアカウントを記載して保存。
・そしてしばらく待つ
https://groups.google.com/forum/?hl=ja&fromgroups=#!topic/android-sdk-japan/NkmpTlIhzMg

困っている方を実験台にして申し訳ないのだが、自分もそれで復旧したのでアドバイスしてみた次第。 
同じような現象に遭遇した方はお試しあれ。

また仕様が変わった

昨日 書いたIn-App Billing Version 3の話だけど、「一旦ダミーのアプリを登録し、そこで発行されるキーを埋め込み、バージョンを上げたアプリを再度登録するという手順は妙。」が変更されて、ダミーアプリを登録しなくとも、先にキーを取得出来るように変わってた。

いつ変わったかは知らない(笑)。

フリーダムだね。Google。

In-App Billing Version 3?

先週末、新しいAndroidアプリ(アプリ内課金付き)をリリースしようとして登録したのだが、アプリ内課金テストがうまくいかない。
課金処理は成功するのだが、RESULT_DEVELOPER_ERRORが返って来てしまい、先に進まないのだ。

この現象、どうやら12月10日にリリースされた、In-App Billing Version 3なるものの影響らしい。
http://android-developers.blogspot.jp/2012/12/in-app-billing-version-3.html

今までの処理を捨て、これに対応しなければならないのかと愕然としたが、今までデベロッパ単位だったライセンスキーを、アプリごとに発行されるものに変えるだけで良いらしい。

In-App Billing Version 3リリース前に登録しておいたアプリのキーは今まで通りだったので、10日以降に登録するアプリから対応されたようだ。

こんなの通知あったかな?

しかしこれでセキュリティが上がるとは言え、一旦ダミーのアプリを登録し、そこで発行されるキーを埋め込み、バージョンを上げたアプリを再度登録するという手順は妙。VersionCode1のアプリは出せないんですねぇ。

分かってしまえば対応するだけなんだけど、ホントにGoogleはアバウト。
それから、勉強のためにこないだ買ったばかりの「 iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド」がもう時代遅れになったのはちょっと悔しい(笑)。
専門書に書籍スタイルは厳しいね。

IC運転免許証リーダーアップデート Ver1.2

またまたIC運転免許証リーダーアップデートしました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softstudio.DriversLicenseReader

・暗証番号2をオプション対応にしました

「暗証番号2を忘れちゃった・・・」という方でも、お試しいただけます。

それから、どうしても読み込みがうまくいかない・・・という場合には、
Shot1
SC-04Dの場合ですが、端末に対して90度の向きが、比較的読みやすいようです。

ただ、やはり端末の出力が大きくないのと、免許証の特性からか、読み込みエラーが多くなってしまうことは確かです。

もう少し出力が強くなればなぁ。
アンテナ代わりにアルミでも使ってみる?

IC運転免許証リーダーアップデート

NFC搭載Android端末用、IC運転免許証リーダーアップデートしました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softstudio.DriversLicenseReader

・暗証番号入力可能文字を数字のみに制限
・正しく読み込めない現象を修正

特に、読み込み開始一発目のエラーを改善しました。
そりゃ、スレッドを起動してから、必要なオブジェクトを設定してたらエラーにもなるわな・・・。

と言うわけで、またまたお試し頂ければ。

NFC対応IC運転免許証リーダー

NFC搭載Android端末用、IC運転免許証リーダー が出来た。

スクショに自分の顔写真入りで公開中(笑)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softstudio.DriversLicenseReader

なにぶん、テスト用の運転免許証なんてないので、甚だテスト不足。
だれかテストしてください(笑)。

それにしても、端末によるんだろうけど、レスポンスが悪い。
「おサイフケータイ」として使う場合には、端末が単なるカードになるため、電力はいらないのだが、カード読み込みの場合にはちょっとパワーが足りないかな。

それとも、IC免許証の方が反応悪く出来てるのか・・・。

専用のカードリーダが無くても遊べるのは良いけどね。

AndroidでNFCやってる

最近、AndroidでNFC関連のアプリを作ることが増えた。
TypeA,BのICタグ読み込んだり、運転免許証を読み込んだり。

モバイル機器のためか電力が弱く、端末にカードをビターっと接触させないと反応してくれないのが難点だが、専用のカードリーダとPCが無くても使えるのは便利。

ただ、NFC搭載端末が少なくてね。

国内ではFeliCaのサービスが広まってるから、それ以外の機器を、新たに乗せる意味があまりないのだろう。
キャリアやメーカーが、自分たちのコントロールできる範囲を越えるくらい自由度も上がっちゃうしね。


ただ、もし次期iPhoneにでも搭載されたら、とたんに広まるだろう。

現時点では、NFCはちょっとしておもちゃの1つ。
でも、広まる時は急速に広まる気がするな。

台風の記録

先日、もう台風が今年初上陸した。
最近の雨の降り方といい、日本は熱帯になってきたのかな?

そんな台風が接近した日であるが、ふとした情報で、AndroidのGalaxyシリーズには気圧センサーがついていることを知った。
台風と言えば、中心気圧。
早速アプリをインストールし、計ってみる。

Photo15:00

Photo_216:00

Photo_417:00

720:00


1021:00


1222:00


1523:00

台風が関東に接近した23:00付近がピーク。
この時の中心気圧は970hPaと報道があったので、それに近い値が計測された。


こうやってみると、気圧を測定するのも面白いなと思う。
サーバを用意して、日本全国みんなで気圧を計ると、新しい何かが見えて来るかもしれない。

やっぱり、いろんなセンサーが付いてるのは楽しいね。

cocos2d-xメモ

iPhoneの画像リソースを使うことが多いと思われるcocos2d-x。

320x480、もしくは640x960のベースに、Androidに移植するには、
COCOS2DX_ROOT/任意のプロジェクト/android/jni/helloworld/main.cpp

view->create(480, 320);
を、有効にすれば良い。

縦画面の場合は
view->create(320, 480);
だ。

これで、画面を自動調整してくれるようだ。

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ