IS04を購入

2月10日。
事前予約なしに立ち寄ったauショップで、IS04を購入した。
そう、REGZAフォン。

人生初au。
人生初ワンセグ。
人生初おサイフケータイ。

など、初物だらけ(笑)。

これで3キャリア制覇したわけだが、イーモバも使ってるから4キャリアか。
開発機でもあり通信機でもあるので、全額経費にしないと。元取らないと。

しかしIS03もそうだったけど、買ってすぐ使えると言う意味では、今までガラケーを使ってたユーザにも優しいね。

HT-03Aの時は、純粋に開発機として用意しただけで、すぐにSIM抜いて通話もしてないけど、IS04はちょっと持ち歩いてみるかと言う感じ。

Felicaの開発用途もあるし、Android2.1以上の案件もあるし、iPhoneとAndroid両対応を効率よく開発出来るようにしないとね。

これからのモバイル

いよいよモバイルプラットフォーム競争が本格化してきた。

iPhoneは言わずもがな、ドコモがAndroid機を出すし、Palm preにも魅力を感じる。

一応Windows Mobileも入れとくか(笑)。

いよいよ人生初ドコモかと考えるが、まだシミュレータで遊んでれば良いかとも。

Palm preは、元CLIEユーザでSDKまで持っていたTKとしては気になる存在。
iPhoneも、まだPalmの操作感に劣る所があると思っているので(MacOSXとOS9のようなものか?)、是非使ってみたい。
そしてACCESSは、どのあたりまで絡んでるのだろうか?


もともとスマートフォンは、母艦(PC/Mac)との連携が必要だ。
だからパソコン使えない人には、同じく使えない端末となる。
日本のケータイは、なるべくユーザに考えさせないように、かつそれだけで完結するように作っているので、自由度が高いスマートフォンは、あまり受け入れられない。
せめてドコモなど通信事業者が、ケータイとスマートフォン2台持ち割引を積極的に展開すれば、少しは広がるだろうが。


しかしくやしいのは、何もかも海外製品じゃないか。
それもソフトからハードまでだなんて。

3年前に、地獄の共通プラットフォームのような付け焼き刃の開発ではなく、大きな絵を書いて進んでいればと思うが、今からでも色々できる。

うーん。
絵を書いて資金集めするかと、とりあえず大言壮語。


しかし「エンジニアのつぶやき」カテゴリ。
今読み返してみると面白いね。

「ガラパゴス」で悪いですか?

そんなに日本のケータイ業界が「ガラパゴス」ですかね?


課金システムだってしっかりしてるし、アプリ開発のためのAPIだって結構充実している。
品質だって安定してるし、何かあればソフトウェア更新だって出来る。

コンテンツプロバイダを巻き込んで見やすいサイトを提供してもらったり、そもそもケータイを中心とした産業によって、もの凄い雇用を生んでるわけですよ。


そりゃいずれ飽和状態になるのは目に見えていたわけで、その後どうするかを考える必要はあるけれど、少なくとも今までやってきたことを否定する必要は無いと思うのね。

なのに
「PDCを選んでしまった」
「販売奨励金が」
「アップルやグーグルによる新しい風」
「星野ジャパンとガラパゴスケータイ」
なんて、いい加減にしてくれませんかと言いたい。

日本という、世界から見たらマイノリティな地域で(シェアで言うとMac以下だな(笑))、その世界に合わせたやりかたをするのは、ごく当然のことだと思う。

なので、世界をターゲットにするとしても、今までの良い面はどんどん輸出すればいい。
不足しているのはブランド力・デザイン力、それと交渉力だと思うので、その面の強化は必要だと思うけど、不必要に萎縮する必要はない。


「岐路に立つ、日本のケータイ」
この場合の「岐路」って、単なる分かれ道でしょ?

電話ですよ

発売日も決まったので、早速(きっと無駄だろうと思いながら)ソフトバンクショップへ行ってみた。

私:「iPhone予約できますか?」
店員A:「はぁ?」

・・・
まぁ、予想通りの反応である。

さてどうしたものかと思っていたら、別の店員さんが助け舟を。
店員B「iPhone。電話よ、電話。」
確かに電話だな。


その店員さんと話したが、
・まだ何も決まってない
・ソフトバンクショップで売るかもわからない
・だから予約は出来ない
とのこと。

確かに、ソフトバンクショップで売るとは決まってないんだよね。
どうなるのかなぁ。

年内

iPhoneはソフトバンクから年内に発売とのことだが、どの程度まで日本向けにアレンジされるのか?

日本語リソース対応はアップルがやるだろうが、通信に関する所と固有サービスに関しては、ソフトバンク自身がやることになるだろう。

「Y!」のアイコンを並ばせるくらいなら造作も無いだろうが、メールサービスをどうするか?
まさか使えないSMSを、そのままにしておくことはないだろう。

確かソフトバンクになってから、MMSではなくてIMAPベースのメールシステムになったので、標準のメールアプリで賄えるのかもしれない。
イチから専用アプリを今から作ったのでは、とても年内には間に合わないだろうから、SMSを外して「Y!」を置くか。

それくらいのカスタマイズなら、年内の、しかも涼しくなる前に発売できるかもしれない。


いずれにせよ、ソフトバンク内(もしかしたらドコモ内にも)には専用チームが設けられ、ポツポツとなんらかのアプリが開発されていることだろう。

外野はそのスキに、独自アプリの準備を進めておくとしよう。

ドコモかと思ったら・・・

やっぱりソフトバンクじゃねえの?

・・・。


日本でサービスしてくれるなら、どこでも良いです。
ドコモとソフトバンク両方で出してくれても良いです。

料金が安い方で買います(笑)。

料金プランが心配

いつもなら完全にスルーするドコモの新機種発表だが、今回はこの件もあったので、密かに注目していた。

当然ながら、「apple」も「iPhone」もなかったのだが、無線LANからiモード・IP電話が利用できる「ホームU」やその対応機種なども発表され、さすがに機種が豊富だと感心する。

しかし気になっていた「ホームU」に関しては、対応機器でのみのサポートになるし、月額1,029円+パケ・ホーダイが必要ということですっかり興醒め。
そもそもimode使わないし音声通話しないし・・・。

というわけで、ホントにiPhoneが出たとしてもその料金プランがどうなるのか、今から余計な心配をしている。

やはりwindowsマシン

em one経由でiPod touchをネットに繋げようとしたが、失敗したというエントリを書いたが、いろいろいじくっているうちに繋がるようになった。

ソースでも追っかけてみるかと思ったのだが、C#で書かれているので、さて困ったと思った矢先。

自分でやったのは、.NET Compact Framework 2.0 Service Pack 1 から、NET Compact Framework 2.0 Service Pack 2にアップしただけであるが・・・。

いかにもWindowsマシンという感じだ。

イーモバイルに加入した話

実は昨年末に、イーモバイルに加入した。
2年縛りではあるが、通信速度も速そうだし、なによりem-oneが安く買えるので、1週間考えて購入した。

なぜ1週間かというと、客先への往復時間の無駄や、現地で情報が手に入らないストレスを体験したから。

willcomでは遅いからイラツクのよね。


Emone
というわけでem-one。

やっぱりwindows-mobileらしく、バグだらけの端末であるが、確かに通信速度は速いし、内蔵のOperaもなんとか実用に耐えるスピードで動く。
Mac用のドライバもダウンロードし、USB接続ならそれなりに快適な通信環境が整うので、まずは満足である。




ちなみに、無線LANをアドホック設定し、iPod touchを接続するなんていう方法をよく見かけるのだが、そのとおりやってみてもダメだった。

ファームをアップデートしたからなのか、設定ミスなのかわからないが、これは残念。
ソースコードも付属されているので、いろいろ調べたいところなのだが・・・。

気になる・・・

イーモバイル・・・。
ちょっといいかも・・・。

より以前の記事一覧

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ