円が強いとは思わないけど

あっという間に70円を切りそうなNZドル。
2年前の水準だ。

オセアニア圏だけじゃなくて、ユーロも歩調を合わせている。
そんなに円が強いとは思わないけど、からくりが良く分からないなぁ。

一時期、株も含めて相当値動きには敏感になっていたけど、最近じゃさっぱり。

あまり無関心なのもいかんなと、塩漬け状態の現状を反省。

円安

円安が加速している。

ニュージーランドドルなど、90円を超えたと思ったら、あっという間に93円だ。
定期金利も5%だし、この流れはしばらく変わらないかもしれない。

2年くらい前に入れたNZドルでの預金も、為替の影響もあり1.5倍程度に増えている。

こうなってくると、どこで円に戻すかが悩みどころ。
株式運用の方が、売り時をハズしてほとんど塩漬け状態なので、同じ過ちはしたくないのだが。

責任者出てこい

なぜか、利益を180億水増しした日興コーディアルは上場維持が決定され、50億円水増ししたライブドアは上場廃止。
額が問題ではないのはわかるが、こんなダブルスタンダードな市場では、それ自体信頼が置けない。

あほらしいから、おとなしく銀行にでも預けておくか?


と思ったら、郵貯・年金積立金をライブドア株で運用する不見識
なるほど、確かにこんなリリースを出している。

聞いてびっくり40億を超える損失。

以前にも年金運用に失敗して、かなりの損失を出したというニュースを聞いた覚えがある。
「そんなの、運用なんかしないで、大事に取っておけば良いのに」
と、父親がもっとな感想を言ってたなぁ。

そういえば、父親もライブドア株で損をしてたっけ。

個人で損をするのは勝手だが、それが年金運用だと言うのだからふざけた話。

自分で年金運用するから、今金くれ。


こういった話で浮かんでくるイメージと言えば、死んだような目をしている老人の姿。

なにしろ、自分の進退も判断出来ないのが、責任者なんだから、ある意味当然の結果かな。

忘れたころの株主優待

赤字続きの株式運用であるが、株主優待が送られてくる時期となった。

で、その中でも豪華だったのがバンダイナムコホールディングス

1株12円の配当のほか、こども商品券1,000円分、さらには今日キャラクターフォトスタンドが届いた。
フォトスタンドは統合記念のようだが、それにしても大盤振る舞いで、逆に大丈夫かと心配になる。

早速こども商品券とフォトスタンドは、友人の出産祝いとして贈らせてもらったが、こうやってインカムゲインを楽しむのも、株式運用の醍醐味だなあと思ってみたり。

祭りの後

あっさりと認めちゃったんで、ちょっと驚いた。

勝率を上げるのが商売なわけだから、情報が手に入れば、それを利用したいと思うのは当然のことで、まぁ皆さん似たようなことをやっているのだろう。

それにしても、堀さんとか村さんとか、ここ2年くらいの大騒ぎは、なんだったのだろう?

個人投資家を増やした功績はあると言うが、会員を増やして最後はドロンする詐欺と変わらない。
てっぺんに近い方から儲かるんだから、まさにそんな感じ。

功績と言えば、投資にはこういった危険があるんですよ、と身を以て示したところか。

私自身も、株などに手を出していなければ、一連のニュースも「ふーん」で流していたのかも知れない。

そう思えば、すっかり赤字の私のポートフォリオにも納得が行くと言う物だ。
(いかねーよ)

真っ赤っか

いやー、もう私のポートフォリオは真っ赤っかです。

ライブドアショック以降、そこそこ持ち直していたのだが、ここ数日ぼーっとしているうちに、あっという間に大赤字。

すっかり塩漬け状態です。

どれか一つでもプラスならまだ救われるけど、全部だもんなぁ。

ま、こういう時はじっと我慢の子。

決算付近になれば、また動きがあるだろうと思って、普通に仕事をがんばります。

流れに乗って

「ライブドアショック」の波にきちんとのってしまった私の株式運用。
投資額の振り出しに戻って「あ〜あ」という感じ。

それでも信用取り引き等行っていない為、比較的のんびりしたもの。
そりゃ下がるのは面白くないけど、こんな状況じゃ仕方が無い。

それにしてもほりえもん一人(ではないけど)に、振り回されるのもどうかと思う。
「国民は馬鹿だから」と、それを言っちゃおしまいよという人間に信者が集まるというのも、どこかでみたような光景だ。

ま、トップに立つ人間(人が集まる)は、なにかしら宗教がかっているところがあるからね。

ともあれ、これでコツコツ物作りをしている所が見直されるんじゃないかな?
ソフトでもハードでもね。

不器用な生き方しか出来ないソフト屋さんには、ちょうどいいのかも知れない(自分で言うな)。

今年の収支は?

今年も間もなく終わりを告げるが、資産運用的にはどんな年だったのだろうか?

株式運用については、25%ほどの利益を確定することが出来た。
日経平均の上げ幅よりちょっと少ないかなといったところ。

ギャンブル的な要素がある、ジャスダックやマザーズなどの株に手をだして、喜んだり悲しんだりしていたので、こんなもんだろうという感じ。

それでも日本経済の雰囲気を感じて、投資額を増やしたのは、我ながら先を見る目があったなと自画自賛。

外貨預金に関しては、急激な円安のおかげで差益が出たが、もともと金利目当てに入れているので、ちょっとは嬉しいが一喜一憂はしない。

いずれにせよ、普通に銀行預金するよりは、動きがあって楽しい一年だった。
これも生活資金とは別に運用しているからだろう。

資産運用で出来たあぶく銭。何に使おうかな?

ようやくプラスだよ

さてさて、私の出来の悪い資産運用であるが、ついにビッグサプライズ登場!!
会社の名は「東理ホールディングス」。はっきり言って何をやっている会社なのか分からないが、何しろ購入当時30円というバーゲンプライス。たとえ倒産しても30円x?の損となるだけで、プラスになったら5円程度で売り抜けようと思っていたら、あれよあれよという間に100円だ。

大幅上方修正や配当等、グッドなニュースがたくさん出たのが要因だろうが、購入時の3倍は驚き。
これに全財産を突っ込んでいれば、住宅ローンも完済していたのだが(すみません、うそです)、とてもそんな勇気はなく、ちょっと豪華なランチを食べに行こうかという感じだ。

とりあえずこれで、評価損だった私のポートフェリオも一気にプラスに転じた。
しかしこうでもならないとプラスにならない、私の投資能力ってどうなんだろう?

ま、株は巡り巡ってくるってことで・・・

株主総会

この時期になると、株主総会のお知らせがやってくる。
株式運用を始めて、まだ2年しか経っていないため、未だに株主総会に出席したことがない。もっとも、平日に開催するので、仕事が忙しいときは、当然出席できなかった。

今年は丁度暇があるので、冷やかしに行こうかとも思っているが、6月30日付近は、別の展示会があるので、結局行かないだろうと、自分の中で完結させてしまっている。

話によると、株主様として丁重に扱われるらしいので、一度は経験してみたい。あまり丁重に扱われると、「すみません1株しか持ってないんで」と、こちらが恐縮してしまいそうだ。
何を1株しか持ってないかは内緒だが、ライブドアでないことだけは確かだ(笑)。

ちなみに、今持っている株式は、全て評価損である。わはは・・・。
全部ですよ、全部!。
我ながら凄いものだと感心する。

そろそろ、損切りもしないといけないなぁと感じている、今日この頃である。

より以前の記事一覧

Ad


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ